川崎vs札幌はJ1史上2位の記録達成!エウソン、悠様、福森→都倉と川崎祭り!余計な失点グセは直らずもリーグ3連勝!

久しぶりに見る川崎フロンターレのサッカーはやっぱり楽しいですね。

水戸ホーリーホック戦ほど決まらない…うぅ…ともならずに、圧倒的に中盤を支配して試合内容的には完勝。まじで三好康児にレンタル中は対戦禁止つけたのは大きかったと思います。あそこに三好康児いたらゲームの流れ変わりそうでした。

試合を振り返ります。

川崎フロンターレvsコンサドーレ札幌マッチプレビュー。J1リーグ再開も厚別・水曜はきつい!

川崎フロンターレvsコンサドーレ札幌 上位対決!

5位コンサドーレ札幌vs3位川崎フロンターレという上位対決。

この試合を水曜日厚別っていうのはもったいない気がしますが、1万人以上入場者が入ったみたいだし、今日まで札幌で遊んでる川崎フロンターレサポーターの友だちも多いみたいだから、良い夏休みのレジャーになったんじゃないかなー。興行的にもまぁ、成功でしょう。

ともに直近の天皇杯3回戦は勝利していましたが、内容が圧倒的に違いました。コンサドーレ札幌は川崎からレンタル中の三好康児などが得点を挙げて4-0と快勝。方や、川崎フロンターレはJ2の水戸ホーリーホックを相手にPK戦までもつれ込み辛勝。

その印象がありつつのキックオフだったので…本当に三好康児に出場禁止条項つけといてよかった。

三好康児が、コンサドーレ札幌へレンタル移籍。三好&板倉が昇格したときの記事読み返してる…

大島僚太と守田英正のボール奪取、ターンはお金取れる。

昨日の試合で一番すごいと思ったのは、守田英正ですね。あれ?大島僚太?あ、守田英正じゃん…っていうボール奪取と、相手を背負ってのターン。

エドゥアルド・ネットを放出して、ボランチどうするんだよ!って心配していた人も多そうですが…守田英正が育ってるのがわかるから、エドゥアルド・ネットを放出しても追加の選手獲得がないんだと思います。

それを証明するぐらい圧倒的なプレーでした。守田英正の何がすごいって、ルーキーらしからぬ落ち着き払ったプレーだよなー。パスも、カットも、ドリブルも、全部大卒1年目とは思えない。

ミスがないわけではないけど、ミスが目立たないぐらいいいところ光りまくってるし、豊富な運動量に加えて、技術や相手を外す技術も超一流。海外移籍の声がかかってもおかしくない。

大島僚太と、守田英正というダブルボランチを生で見れるフロンターレサポーターはこの素晴らしい現実をもっとありがたがるべきだと思いますよ。

カタールW杯の主役は川崎フロンターレ。日本代表”主力”に大島僚太、守田英正、三好康児、板倉滉、三笘薫、旗手怜央、知念慶を!

川崎フロンターレ守田英正のプレースタイル最高。練習試合で2試合連続ゴール!ゼロックスでデビューも?

水戸戦のミスを修正してくるストライカー(笑)、エウソン

やっぱりエウソンってストライカーだと思う。

試合は川崎フロンターレがボールと主導権を握っていくスタイルなのは変わらずでしたが…水戸戦に続いて精度はまだまだ。

前半25分の大島僚太のパスを敵陣中央で受けた中村憲剛が反転スルーパスを小林悠!っていうのが、決まらなかったのがそのまだまだっぷりを表している気がします。去年の終盤なら決まっていたやつだと思います。

まぁ、前半は両チームともフィニッシュの精度に欠いているから、スコア動かないかなーって思っていたんですが、水戸ホーリーホック戦でたくさんミスしたストライカー(右サイドバック)のエウシーニョはしっかりと振り切りましたね!!

右サイドからのドリブルで中央へ切れ込んでくると、左足でしっかりと振り切るシュート。シュートのバウンドさせるポイントが素晴らしいから、ボールはGK正面に飛びつつも、キャッチしにくいボールになっていて、後ろにこぼれて、そのままゴール。

さすが川崎フロンターレのエースストライカー争いを小林悠、知念慶としているエウソンですよw

そこにエウソン!?エウシーニョのプレースタイルは面白いよねぇ。類まれな攻撃力!

調子悪くても決めるエース小林悠

ロシアワールドカップに怪我で行けなかった去年の得点王は、言葉では「ワールドカップは過去のこと」って言いつつも、やっぱり悔しいし、苦しんだと思うんですよね。

そして、この試合でもまだまだ完璧ではありませんでした。それでも点を獲るのがエースストライカー。知念慶や、エウソンにエースストライカーの座は譲りません(笑)

狭いスペースで車屋紳太郎→阿部浩之→守田英正とつないでPA左でパスを受けた小林悠がペナルティエリア左でボールを受けると、DFが固まっているにもかかわらず、キックフェイントをしつつ、切り返して2人を外して右足一閃。ゴール右隅へ収まって貴重な追加点となりました。

これは美しいゴール!!あの遊び心満載のパス回しも興奮しましたよねー。悠様のゴールって実は、4月28日の第11節・ヴィッセル神戸戦以来なんですよね。体調悪くても、怪我明けでも、さすが7月に強い小林悠です!!

小林悠のプレースタイル。ケガと日本代表辞退の歴史も昔の話!得点王&MVPのスタープレイヤー!

余計な失点グセは直らず。福森晃斗→都倉賢の恩返し失点

まぁ、これはFKを蹴った福森晃斗と、こぼれたボールに一番に反応した都倉賢を褒めるべきかもしれませんが…余計なFKを最後の最後に与えて、失点するのはいただけません。

水戸ホーリーホック戦も最後の最後でしたが、このコンサドーレ札幌のFKも後半アディショナルタイム5分でしたからね。反撃はここまででしたが、悔しい失点となりました。クリーンシートで終わりたかったよね。

小林悠も

「チャンスだったのでしっかりコースを見て、うまく決めることができた。キャンプで準備したことだったり、球際で戦うところはしっかりできた。だが、最後の失点はいらなかった。しっかり、2-0、3-0で勝ち切ることが大事だった」

と語っていて、勝利したものの笑顔はなかったですからね。そういう厳しさをどんどん追求していかないと、勝ち点10離れたサンフレッチェ広島には届かないですからね。

水戸ホーリーホック戦と同じような時間帯の失点が悔しいです。

ふわっと天皇杯、川崎vs水戸はPK戦で辛勝…。終電なくなるケーズデンキスタジアム。

川崎フロンターレはアウェイに強い!J1史上2位!

そしてこの日の勝利で実はアウェイは17戦連続負けなし(11勝6分け)となりました。

これは2006~07年の浦和、2015~16年の広島と並び、J1史上2位。

まぁ、ちなみに1位は、2001~03年の磐田で26なのでだいぶあいだは開いていますが…アウェイで17試合って1シーズン分全部負けてないってことですもんね。素晴らしいことです。

鬼木達監督も

「自分たちのサッカーもそうだけど、相手を見て逆を着くというかウィーク(弱点)の部分をしっかり狙ってくれた」

って言っていました。

2017年6月25日のG大阪戦(1△1)からずっと、負けてない。これは大きいですよね。アウェイで負けないってことは、あとはホームで勝てばいいだけですから。今年ホームが少し弱いけど…そこを修正していければ、負けないチームが出来上がりますね。

やっぱり応援しているチームが試合あるのたのしいなぁ。すぐ長崎戦ですね!連勝していきましょう!!