鹿島アントラーズとサンフレッチェ広島がACL決勝トーナメントで直接対決確定…。しかも川崎vs浦和と同じ3連戦。

鹿島アントラーズがACLグループリーグ突破を決めて、1位通過のサンフレッチェ広島と対戦することが決まりました。

川崎フロンターレが出れなくなって悔しいけど、Jリーグチームに頑張ってもらいたいなーと思っているぬるいサポターなので、Jリーグチーム同士がつぶしあうのは哀しいなぁ。

鹿島アントラーズはホームで逆転勝利!伊藤翔が2ゴール!

前半に先制されて、後半2ゴールで逆転勝利とか…さすが鹿島アントラーズだよなー。

そして伊藤翔はすごい。グルノーブル時代は言われるほど…って感じの活躍になってしまって悔しかっただろうし、清水エスパルス時代はそこまで活躍したのか?っていうと…2013年以外は微妙でしたが…マリノスに入ってからはいい選手になりましたよねー。

そして、鹿島アントラーズに移籍してからはしっかりと大事な試合でゴールを決めれる選手になりました。

Jリーグだろうが、ルヴァンだろうが、天皇杯だろうが、ACLだろうが、どんな相手でも点を取れる精神力が素晴らしいよなー。

サンフレッチェ広島は最後も勝って1位通過

本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーとの試合も、1時同点に追いつかれつつも、しっかりと突き放して、1位通過をすでに決めていたにもかかわらず、最終節もしっかりと勝利。

リーグ戦で連敗が続いてたから、ACLはしっかりと勝ちに来ましたね。城福さん。

シドニーFCも、メルボルン・ビクトリーも日本のチームに敗戦したのはオーストラリアのサッカーファンは悔しいだろうなー。

この2チームはプレーオフから上がってきた両チームなんだよなー。そう考えると、本選から出場していた川崎フロンターレだけが落ちたのが、本当に悔しい。

サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズ3連戦が確定

川崎フロンターレサポーターが全員消したであろう、ACLのスケジュールを再度確認すると…

1stレグが6月18日、そして2ndレグが6月25日。その間はJリーグでの試合はありません。

中断明けに行われる6月29日(or30日)のJリーグが、なんと鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島なんですよねー。

 

つまり…

6月18日 鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島(ACL)

6月25日 サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ(ACL)

6月29日 鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島(リーグ戦)

という11日間で3連戦を行う形になりました。

鹿島アントラーズとサンフレッチェ広島の対戦成績で見ると…

通算で鹿島側から見て24勝6分15敗(ホームで13勝4分7敗、アウェイで11勝2分8敗)という感じで鹿島のほうに分がありますかね。

とはいえ、2018年のリーグ戦では鹿島が広島に2連敗しているのでわかりませんけどね…。

川崎フロンターレも記憶に新しい3連戦といえば、ルヴァンカップでの川崎フロンターレvsベガルタ仙台だよなー。

川崎フロンターレvsベガルタ仙台マッチプレビュー。ルヴァンルヴァンリーグの3連戦はどういう結果に?