高橋峻希問題に決着。イニエスタ不出場に関する情報漏えい問題。

高橋峻希の情報漏えい問題ですが、ヴィッセル神戸とJリーグから報告がありましたね。

ヴィッセル神戸のホームページに掲載されたこの記事が全てですが…概要も流れも全て書いてあります。

高橋峻希の情報漏えい問題は結局どういうことだったのか?

【概要】

9月23日(日・祝)に埼玉スタジアム2002で行われた2018明治安田生命J1リーグ 第27節vs.浦和レッズのメンバー発表前に、高橋選手が部外者へ出場予定メンバー情報を漏洩していたとの報道があり、本人への聞き取り調査等、外部弁護士による調査を依頼し、実施しました。

浦和レッズ戦での情報漏えいについて大きな問題に成りました。

漏洩発覚の経緯もこの記事にしっかりと掲載されています。

【漏洩発覚の経緯】

9月23日(日・祝)14時25分頃、高橋選手の知人が、自身のTwitterアカウントで、ヴィッセル神戸所属MFアンドレス イニエスタ選手が同日の試合に出場しないことを高橋選手から聞いた旨の情報を公開しました。

投稿後、知人は速やかにこれを削除しましたが、投稿内容は削除時点で既にTwitter等のSNS上で拡散されており、高橋選手が部外者へ出場予定メンバー情報を漏洩したことが疑われました。

結局、LINEで伝えていたみたいですね。

高橋峻希(たかはししゅんき)の情報漏えいが本当ならJリーグ規約第89条違反の可能性が…

高橋峻希選手の情報漏えいに対する調査結果

【調査結果】

外部弁護士による調査により、高橋選手が、当日の試合を観戦することを予定していた高橋選手の知人から、LINEを経由して、9月23日(日・祝)14時04分頃にイニエスタ選手の出場の有無につき問われたところ、高橋選手は、これに対して同日14時16分頃に「出ないよ!」とイニエスタ選手が出場しない旨、同じくLINEを経由して返答していた事実が認められました。

もっとも、高橋選手において、当該情報を漏洩することにより何らかの利益を享受する、又は対戦相手を利する等の不正な意図があったものとは認められませんでした。

この度の情報漏洩はJ1リーグ 第27節を対象とするtotoの販売期間終了後に発生したものですが、ヴィッセル神戸として今回の事態を大変重く受け止めています。

時系列的には、14時4分にLINEで聞かれて、14時16分頃に返信しているんですね・・・。

そこまではっきりと明らかになるというのは、今回の問題がいかにサッカーくじtotoとの問題で大きな不正等の温床に成り得る話かというのをJリーグが危惧しているかがわかります。

この問題を単なる友人とLINEしただけでここまで叩かれて可愛そう…ってなってしまうと、totoを売っている側からしたら、売上の減少や、八百長問題に繋がりかねないという大きなポイントでしょうし、ここを見過ごして、第2、第3の情報漏えいがあってはいけないという判断でしょう。

高橋峻希選手への処分は1ヶ月の謹慎

【処分】

本件は、日本サッカー協会選手契約書第3条〔禁止事項〕の、(1)「クラブ、協会およびリーグ等の内部事情の部外者への開示」、(2)「試合、トレーニングに関する事項(試合の戦略・戦術・選手の起用・トレーニングの内容等)の部外者への開示」、(7)「試合の結果に影響を与える不正行為への関与」、および(8)「その他クラブにとって不利益となる行為」、に抵触する違反行為に該当すると判断し、高橋選手を1ヶ月間(9月24日から10月23日まで)の謹慎処分とする決定に至りました。 

そこまで重くなくてよかったです。

高橋峻希は自宅謹慎、イニエスタにはSNS注意。ヴィッセル神戸の情報漏洩問題。

 

すでに自宅謹慎していますし、謹慎スタートの日は、情報漏えいがあった翌日からということですね。なので、23日までの謹慎となっています。

その間にトレーニング等はできませんが、残り5試合のうち、1試合だけの欠場になりそうなのはヴィッセル神戸的にはよかったんじゃないでしょうか。

情報漏えいするまでもなく、期間中に行われる予定の川崎フロンターレ戦だけは、高橋峻希選手「出ない」のが決定となりました。

川崎vsカワサキ(神戸スポンサー)のカワサキダービーマッチプレビュー!

高橋峻希選手のコメント

この度の私の軽率な行為により、Jリーグ、ヴィッセル神戸をはじめとする関係者の皆様、ならびにファン・サポーターの皆様に多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心より深くお詫び申しあげます。選手として、社会人としての自覚の甘さが招いた行為であり、弁解の余地はありません。

 今後は、二度と同様の行為を繰り返さないよう選手として、一人の社会人として自覚を持ち、気を引き締めて日々過ごしてまいります。失った信頼を回復できるよう日々務めていきますので、これからもよろしくお願いいたします。

 改めまして、この度は、誠に申し訳ございませんでした。

 2018年10月12日 高橋峻希

しっかりと反省してもらって、出場可能な残り4試合戦ってもらって…ヴィッセル神戸の残留に貢献してもらいたいですね。

決して対岸の火事ではない

川崎フロンターレサポーターだから、いいや、とか、高橋峻希選手だけを責めるのもおかしいと思っているんですよね。

こういうのって、友人が「今日○○選手出るの?」っていう質問のLINE送っちゃうのも、それに応えちゃうのも人間だから仕方ないというか…

競馬みたいにしっかりと携帯電話禁止とか、外部との連絡禁止とかになっていればいいんでしょうけど、SNSが発達していて、そこまで禁止されていない現状で、LINE返すな、っていうのはここまでルールがはっきりしていなかったせいでもあると思います。

問題はこれからどうなるか、だと思うので…高橋峻希選手だけをスケープゴートにして、一人を槍玉に挙げるのは可愛そうだし、どんなチーム、どんな選手にも起こり得る話として、対岸の火事とせずに、それぞれのクラブが、チームとして「どうやってSNSを使うか」『情報漏えいさせないためにどうするか」というのを今一度考える必要があるんだと思います。

川崎フロンターレだって試合後すぐにつぶやく14番がいるし、ロッカーに携帯電話を持ち込んでいるのは確実な訳で…あれが試合前に今日はこの選手出ません、というようなものだった場合、大きな問題にならないとも限りません。あとは戦術をバラしちゃうようなやつもね。

この件をこれからしっかりと各チームが話し合って、よりよいJリーグになることを願っています。