ルヴァンカップ決勝、史上初の神奈川ダービーで、出場回数が静岡県に並びます!横浜Fマリノスvs湘南ベルマーレを埼玉で!

ルヴァンカップの決勝戦のカードが決定。

ベスト4決まったぐらいからもしかしたら?って思っていて、1stレグ終わった後も思っていましたが…2ndレグ終わって史上初の神奈川ダービーでの決勝が決まりました!!

面白い!!

ルヴァンカップ決勝戦史上初の神奈川ダービー!

ナビスコカップ時代から含めて、Jリーグカップ決勝で史上初の神奈川ダービーが行われることになりました!

ここに、川崎フロンターレが出れないのが悔しいですが…川崎フロンターレはリーグ戦を連覇すればいいってことで…。

神奈川ダービーで決勝戦を行うのは、25回目のJリーグカップ(ナビスコ、ルヴァン含めて)史上初!

横浜Fマリノスは2001年に1回決勝まで進んでいて、そこで優勝して以来のJリーグカップ決勝戦、湘南ベルマーレは史上初の決勝進出。

横浜Fマリノスはタイトル取っているイメージですが、湘南ベルマーレは1994年に天皇杯を制して以来の、タイトル決勝(2014、2017年のJ2優勝を除く)ですね。

神奈川ダービーでの決勝はワクワクするなー。行くつもり無かったんですが、埼玉スタジアム行こうと思っています。

ルヴァンカップ決勝史上最多出場都道府県は静岡県

現在24回行われている、ナビスコカップ、ルヴァンカップの決勝戦ですが、その最多出場都道府県は静岡県。最多優勝都道府県は、茨城県です。

静岡県は2チームですが、茨城県は1チームです。ええ、あそこ(鹿)です。

ちなみに過去に決勝に進んだ都道府県は…

静岡10回(優勝3回)
茨城9回(優勝6回)
神奈川8回(優勝3回)
大阪6回(優勝3回)
千葉5回(優勝4回)
埼玉5回(優勝2回)
東京2回(優勝2回)
広島2回(優勝なし)
大分1回(優勝1回)

の9都府県で、広島が優勝経験内のんで…優勝は8都府県となっています。

今回の神奈川ダービーの結果、優勝、準優勝が1回ずつ増えるので…神奈川県は静岡県に並び、決勝戦に出場した回数が10回、さらに、優勝回数は4回となります。

出場回数10回は最多タイで、優勝回数は史上2位タイとなります。

神奈川ってナビスコ、ルヴァンに強いんですよね…。

えぇ…チーム名に触れていないのは、史上最多(タイ)の準優勝回数のチームに触れたくないからです…。

準優勝回数4回の某神奈川県のチームが、川の先にあってね…。ちなみに4回準優勝でタイの埼玉県の赤いチームは優勝2回しているから、ちゃんとしたシルバーコレクターは、広島県の2回準優勝のチームと比べて、水色の神奈川県のチームがダントツです…。

湘南ベルマーレvs横浜Fマリノスの対戦成績

どっちのアウェイでもどっちのホームでもない埼玉スタジアムなので、過去の対戦成績で勝敗を占ってみますが…圧倒的に横浜Fマリノスが勝っているんですよね…

リーグ戦では通算9勝2分1敗。2016年の4月にようやく湘南ベルマーレは横浜Fマリノスに勝つことができました。

ルヴァン・ナビスコでは予選であたったことがありますが…横浜Fマリノスの2勝0敗。

つまり過去の対戦成績でみると、11勝2分1敗という圧倒的横浜Fマリノスのリードとなっています。

14回戦っていて完封勝ち8回と、マリノスにとってベルマーレはお得意様の一つなんですよね。

ただ、あくまで過去の対戦成績ですから。決勝で両チームがあたったことはないわけで…ここまで負け続けていたのはここで勝つためだ!的な気持ちでいるでしょうね。

走る湘南vs攻めるマリノス

この試合面白いのはスタイル対決になりそうなこと。

2018年の4月に行われたリーグ戦では4-4という殴り合いを演じたこのカード。

ルヴァンカップの決勝戦で殴り合いの再現をしてもらいたいなー。

チョウさんの走るサッカーでPK戦になったものの常にリードをし続けた湘南ベルマーレと、ポステコグルーサッカーがようやく花開いてきて、鹿島アントラーズとの殴り合いを制した横浜Fマリノス。

このルヴァンカップ決勝は他チームのサポーターから観ても面白くなりそうですよね!

湘南の初優勝をどうしても期待しちゃうけど…今のマリノスは面白いんだよなー。ワクワク!!