三好康児は怪我で2020年復帰に。東京五輪前だし焦るよな…。アントワープへ川崎からレンタル中。

東京五輪を前に、川崎フロンターレから武者修行をしている三好康児ですが…11月末の怪我で、直近の公式戦3試合を欠場していましたが…当初の予定より長引きそうですね…。

三好康児は11月末に足首負傷

三好康児募金活動
三好康児募金活動

アントワープに所属する三好康児は、2019年中の復帰が絶望的。

ベルギーの『Het Nieuwsblad』が報じていました。

川崎フロンターレからベルギーのアントワープにレンタル移籍中の三好康児。

デビュー戦では終了間際に決勝点を挙げるなど大きな活躍を見せており、アントワープでは、公式戦10試合で3ゴールをマーク。

デビュー戦でゴールを決めた後に、現地紙では、

「ミヨシのその技術、ビジョン、創造性によりポジティブな印象を受けた。この日本人はものすごく機敏な選手で、サッカーインテリジェンスが高いため、相手選手より早く判断を下し、アクションを取ることを可能とする」

とべた褒めされていましたが…11月末に足首を負傷してしまい…直近の公式戦3試合を欠場しています。

三好康児の試合復帰は2020年

怪我した当初は10日~14日程度の離脱と予想されていましたが、現在に至るまでチーム練習に合流はできておらず、 ラースロー・ベレニ監督 によれば離脱が長引くそうな…。

「予想していたよりもリハビリテーションに時間が掛かる。ドクターとこのことについて話したが、コウジが今年中に復帰することは現段階で難しいように見える」

現在ジュピラーリーグ4位に位置するアントワープは、年末までにオイペン、スタンダール、シント=トロイデン、アンデルレヒトとの4試合を戦った上で、3週間程度のウインターブレイクに入る予定。

怪我の復帰は来年になる予定ですので…この4試合の戦いは参加せずに、リハビリに時間をかけるんでしょうね。

11月29日の第17節メヘレン戦から試合に参加できていないから…来年のウィンターブレイク期間を考えても2か月は試合に絡めない状態になるんでしょうね。

東京五輪までに必ず帰ってくるはず!

U22代表で背番号10を背負っている三好は序列的にリードしている気もしますが…それでも怪我の具合と、復帰してからのプレーの質によっては序列は変わりそう。

東京五輪で、一番激戦区だと思われてるシャドーのポジション…

今のところの序列は、三好康児と、堂安律がリード中だと思うんですが…そこに、スペインでブレイクしはじめてる久保建英を筆頭に凄いメンバーが追いかけてきていますよね…。

伊藤達哉、安部裕葵、岩崎悠人、三笘薫、中村敬斗あたりも、このポジションで東京五輪を狙っているメンバー。

ただコンサドーレ札幌、横浜Fマリノス、アントワープそれぞれ活躍してきた三好ですから…想定よりは長い怪我っぽいですが、監督に嫌われているわけでもないですし、2020年に復帰して活躍してくれればOKですからねー。

まずは焦らずに、怪我を治してもらいましょうね。