川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ。マッチプレビュー。強い鹿島を倒したい。

川崎フロンターレにとって絶対に負けたくない相手、鹿島アントラーズ。

そして、今年あんまり調子の良くなかった鹿島アントラーズですが、ここに来て本当に強い鹿島アントラーズが復活していますね。

公式戦6連勝、しかも4試合連続完封中。相手にとって不足なしですね!!!

川崎フロンターレ予想フォーメーションが難しい。

前回本当に珍しい2トップで、序盤苦しみましたが、2トップがしっかりとゴールを奪い、勝利して首位に立ったことで予想スタメンは難しくなりました。

2トップを続けるのか、1トップに戻すのか…。どっちが正解なんでしょうね?鬼木達監督はまた難しい判断を迫られそうです。

守備面を考えるのであれば、1トップのほうがなれていると思いますし、鹿島アントラーズの攻撃陣は好調ですので…その点1トップにして守りも攻めもバランスよく行うほうがいいとは思っています。

ですが、前節でうまく行った2トップで行きたくなる気持ちもあるからなー。特に先発に抜擢した、登里享平と、知念慶はまた出たいだろうしね。

前節休ませたメンバーがしっかりと帰ってくているのであれば、1トップで行くべきなんだろうけど…こればっかりは鬼木達監督の手腕に期待しないといけませんね。

鬼木達監督の植え付けた守備意識

「J1屈指の守備力を誇る川崎フロンターレ」という、この言葉を照れることなく言えるようになりましたね。

鬼木達監督が素晴らしいのは守備力の強化をしっかりとしたことだと思うんだよなー。鬼さんが2連覇したら名将になりますね。

日本人監督で連覇した監督は松木安太郎、岡田武史、森保一。

松木安太郎のせいで、何とも言えない感じになりますが…岡田さんと、森保さんっていうと、ワールドカップに行った日本代表監督と、現役日本代表監督ですからねー。そこに鬼木達監督が並ぶとしたらすごいことですよね。

元々ある攻撃力に加えて、鬼木さんが徹底した守備の意識。

去年優勝で、今年1、2位のどちらかほぼほぼ確定になっているのは…鬼さんは本当にすごい監督なんじゃ…って思い始めてきちゃうよね…。

強い鹿島を倒したい!

鹿島アントラーズはかなりの過密日程っていうところが川崎フロンターレの付け入るチャンスですよね。

鹿島はリーグ戦、ACL、天皇杯と過密日程を消化していて、さらに、中3日で迎えるACL準決勝第1戦・水原三星戦があって、そのあとに川崎フロンターレ戦ですからね。

鹿島にとって両方ともカシマスタジアムでできるっていう利点はありつつも、厳しいのは間違いないですよね。

 

ただ、大岩監督がすごいのは6連勝の間に20人をピッチに立たせて、同じ11人が並んだ試合は1試合もなしっていうところだよねー。全試合先発も0人。

6試合で20人出すっていうのは、川崎フロンターレの鬼木監督にはできないことだよなぁ・・・。

 

絶対的なレギュラーがいないっていうのはそうなんだろうけど…スタメンの中心がいないのではなく、誰でも強いっていうことなんだろうなー。

誰が出ても鹿島イズムで勝てるのはすごいけど…そろそろほころびが出てくる頃じゃないかなぁ…。