ルヴァンカップ勝ち点1ゲット!変わらずスクランブルの川崎フロンターレはヤストのゴールでセレッソ大阪とドロー発進。

スクランブル体制で、よく最後まで走ったなぁ…。今日は1-1ドローで満足!

変わらずスクランブルの川崎フロンターレは山田新が初スタメン!

やったー!山田新スタメン!ってスタメン発表に沸いたフロンターレサポーター。

シン・ヤマダは本当に駆け回りましたねー。特別指定選手の山田新でしたがいきなりスタメンで驚きましたが、サブ組にレアンドロ・ダミアンがいる状況で安心してデビュー出来ましたね。

山田新はキム・ジンヒョンに足ではじき出されたシーンと、宮城天のロングフィードをヘッドで合わせたシーンなどなど…惜しいシーンがたくさんあったし、なにより自分もスカウト陣もコーチ陣もウリだと言っているスピードを見せつけてくれた気がします。

スピードがウリで、足元の技術はまだまだって加入時のインタビューで言ってた気がするけど、本当にその通りのスピード重視の選手だったな…。ただ足元の技術って後からつけることができるけど、あそこまでのスピードは天性のものだからね。本当に大きな武器になりそう。

交代のシーンで足がつってしまって、佐々木旭の時と同じように固定されながらの交代だったけど、これからもっともっと試合に出て慣れて行ってもらいたいですね。

スクランブル体制でセレッソ大阪と1-1ドローは満足

世界陸上の織田裕二じゃないけど、戦っている選手はもちろんどんな台所事情だろうが勝利を目指して戦っているわけで、ドローっていう結果で満足しちゃだめだと思うけど、ファン・サポーターは1-1で死力を尽くして戦ったメンバーをほめたたえていいし、結果で満足してもいいと思うんですよね。

だからこの試合結果は本当に満足しています。やっぱり川崎フロンターレを好きでいてよかったとこの試合でも思わせてもらいました。

浦和レッズ戦と同じように今日のセレッソ大阪とのルヴァンカップは、普段なかなか試合に絡めていないメンバーが川崎フロンターレのために全力を出してくれているのが見えた試合でもありましたね。

脇坂泰斗のゴールを演出したり、山田新や、マルシーニョに何度も何度も素晴らしいパスを出して得点機会を作っていた宮城天も素晴らしかったし、アウトサイドを使って左右にボールを散らせるシミッチはやっぱり攻撃の起点になっていたし、慣れていないポジションでもしっかりと浦和レッズ戦のミスを修正してきた橘田や、瀬古は本当に頼りになりました…。

そのうえで、今日のMVPは(神様チョン・ソンリョンを除けば)遠野大弥だったと思います。チャナティップを押しのけて、スタメンを奪取しているのは間違いなく遠野大弥遠の実力だと思います。どんどんレベルが上がっているし、日本を代表するIH、トップ下になる日も近いと思うんだよな…。

試合後にみんな倒れ込んでいたのがそれだけこの試合にかける思いが伝わったな…。アウェイ、ヨドコウで1-1ドロー発進。アウェイゴールがあるのでこの勝ち点1はめちゃくちゃ大きい!

次回の対戦時にはメンバーある程度戻ってきているはずなので…大きな大きな勝ち点1になりました!!

つらいけど、次のマリノス戦を何とか勝ち点3取ってリーグ戦も優勝戦線に残ってくれ…。