川崎フロンターレvsFC東京マッチプレビュー。3冠のチャンスは逃せない!ルヴァンカップ準決勝は多摩川クラシコ。

ルヴァンカップウィナー!!

今年は本当にチャンスだと思うんですよね。

3冠のチャンス。

ルヴァンカップは連覇もかかっているし、その対戦相手がFC東京というのもうれしいよね。

ルヴァンカップで4度目の多摩川クラシコ

2017年のルヴァンカップでは準々決勝でホーム2-0、アウェイ5-1で勝利で突破。

決勝でセレッソ大阪に敗れて準優勝で幕を閉じた年ですが…この年のルヴァンカップ決勝で負けたことがリーグ初制覇につながったと思っています。

あの悔しさは忘れないですよね。

その時の敗戦のブログ。悔しかったよなぁ。

ルヴァンカップ決勝敗戦。何が足りないんだろ。

 

ルヴァンカップ(ナビスコカップ)でのFC東京との多摩川クラシコはもう1つ。

2009年決勝。国立競技場で行われた一戦。

米本、平山に点を決められて2-0で負けたあの試合。

 

FC東京とのルヴァンカップ、ナビスコカップは今年のベスト4での試合も含めて、全部ベスト8以上なんですよね。

両チームともそれだけリーグで上位で予選免除されているか、予選があっても強いから上がってくるってことなんだろうな…。

何にせよ、FC東京との試合は盛り上がりますからねー。

アウェイの席が売られていないけど、人数も増えた等々力陸上競技場での試合は楽しみ!!

川崎フロンターレルヴァンカップ連覇、3冠へ!

川崎フロンターレはルヴァンカップ王者ですからね。

ルヴァンカップウィナー!!

ルヴァンカップウィナー!!

去年の長い時間かかった決勝戦をもう一度やりたいか?っていうとそうではないけど(笑)

優勝は何度経験してもいいっていうのは知っているし、リーグ奪還がだんだん見えてきた今シーズンなので、複数タイトルのチャンス大きいと思うんですよね。

リーグは2位に残り試合数以上の勝ち点差があって、同勝ち点になったら抜かれようのない得失点差あって、ルヴァンカップはすでにベスト4、天皇杯はリーグ上位1、2位しか出れないということなので優勝したらベスト4から出場できる。

ここまで川崎フロンターレの3冠が近いシーズンは新型コロナ禍の異例のシーズンならでは。

ここで勝ち切りたいですよね!

鬼木監督が油断することはないですね。

前回4-0で勝ったので、慢心しているサポーターもいそうですが、鬼木達監督は気を引き締めていますね。

いや、前回の対戦はまったく関係ないと思っています。

と語る鬼木監督。

それは僕だけではなく、選手も理解していると思います。

それこそ、いい例がセレッソ戦です。

ホームの対戦のときには大量得点できましたが、この前のゲームでは拮抗した戦いでした。

FC東京戦も前回の対戦と同じことは起きないと覚悟しています。

向こうは失うものはないと思ってやってくるでしょうし、それを受けて立つのではなく上回る気持ちでやらないと、一発勝負では勝てません。

というコメントが出るのが今の川崎フロンターレの強さなんだよなー。

鬼木達監督が口癖のように言い続けるのが「1試合1試合」

一足跳びに前に進むことはできないですからね。

目の前のゲームだけに集中して勝っていく、というのが今年のフロンターレ。

とにかくマイナス面があってもそれに引っ張られないというか、自分たちは自分たちのやるべきことをやる、という気持ちです。

それがいい方向に進んでいますし、いろんな修正点はあるんですけど、ネガティブにとらえるのではなくポジティブにとらえて、強くなるためにはもっとこうできるよね、という材料にできています。

 

相手がいることなので、絶対はありませんが…この気持ちで臨む鬼木フロンターレが簡単にふわっと失点することは少なそうだなと…。

そうなってくるとカップ戦の連覇も見えてきますね!楽しみな一戦!