サガン鳥栖ユニフォーム2020は、とりあえず佐賀新聞が胸スポンサー。竹下製菓が鎖骨に!

途中でユニフォーム変わるのかなー。

サガン鳥栖のユニフォーム問題はブログにも書きましたが…佐賀新聞が当面お金を入れてくれるみたいですね。

サガン鳥栖2020ユニフォームからDHC撤退?胸スポンサーが決まらない?ユニフォーム未発表…。財政面で気になりすぎる…。

サガン鳥栖やっとユニフォーム発表!

J1サガン鳥栖を運営するサガン・ドリームスがようやく新ユニホームを発表しましたね!

メインの胸スポンサーだったDHCが1月31日期限の契約を延長せずに撤退。

当面、佐賀新聞社が胸スポンサーに入ります。

佐賀新聞が助けてくれた形ですね…。お金は結構安く入っているのかな…。

ちなみに、佐賀新聞は従来の袖スポンサーも継続。

 

佐賀新聞が、胸にも、袖にも入っている状況になってるんですね。

このままいくと、お金足りなくなりそうだよなー。

これもあったから、クエンカ放出だったのかな…。

 

DHCって12年も胸スポンサーだったのか…。サガン鳥栖といえばDHCだったから、これは悲しいよね。

鎖骨部分には竹下製菓!ブラックモンブラン!

竹下製菓って聞いて、どこ?って思った人…九州といえばブラックモンブランだよ!

っていうか、佐賀のアイスだったのね…。福岡のイメージだった。

これはブラックモンブランは佐賀県のものだ!っていう全国区への大きなアピールになりますね!

 

 

おいしいですよねー!大好き!

竹下製菓(佐賀県小城市、竹下真由社長)が新たにユニホームの鎖骨部分に協賛決定。

サガン鳥栖のユニフォームには鎖骨部分にスポンサーが付くのは初めてです。

サガン鳥栖サポーターの質の高さ

俺の友達にもTLにも結構サガン鳥栖サポーターいるんですが…ほとんどの人がDHCへの恨みはほとんどなく、ありがごとうございましたと告げていますね。

今までの感謝と、もしもまた機会があれば、応援よろしくお願いしますということをつぶやいている人がほとんど。

こういうところがサガン鳥栖のサポーターのすばらしさだよなと。

 

悪しきように言おうと思えばいくらでもいえるけど、今までの感謝が先に立つし、初めてJ1に上がった時にも胸にあったDHCのマークを誇りに思っている人も多いはず。

ここからまた新しいチームになっていくとは思うけど、過去も大事だというのがわかっている人が多い気がする。Jリーグってこういうのも含めて歴史を刻んでいくんだよな。

サガン鳥栖は地元関係の企業を中心に支援を求めていき、引き続き大口スポンサー獲得に向け、営業活動を強化していくそうな。

っていうことは、佐賀新聞はやっぱりつなぎかな。そりゃ胸ユニフォーム&袖が同じユニフォームなんてね…。

って、フロンターレのユニフォームはほとんど富士通グループだけどね…w

とにかく、ユニフォーム間に合ってよかった!ルヴァンカップに向けてサポーターの気持ち高まりますよね。