田中碧、三笘薫、旗手怜央、高宇洋がU22日本代表トゥーロン国際メンバーへ。川崎フロンターレから世界へ。

トゥーロン国際大会メンバー

東京五輪を見据えた、U22メンバーでトゥーロン国際大会に挑みますね!

川崎フロンターレからはついに田中碧が選ばれました。

また来季加入内定選手の三笘薫、旗手怜央も選出。川崎フロンターレユース出身の高宇洋(ガンバ大阪)も選出されました!

トゥーロン国際大会メンバー

トゥーロン国際大会メンバー

田中碧は川崎フロンターレユース出身初のレギュラーに一番近い存在!三好康児の記録に肉薄!

森保ジャパンのアジア大会メンバー20名を発表!”川崎組”は、三笘薫、旗手怜央、三好康児、板倉滉!

第47回トゥーロン国際大会のメンバー選考難しかったろうなー。

毎年、世界から若いメンバーがそろうトゥーロン国際大会。

ただ、今年は、U20ワールドカップが5月23日に開催(こちらには川崎の大砲、宮代大聖が参加)され、コパ・アメリカが6月15日に開催され、Jリーグも開催されるので、メンバー選考がすごい難しいんですよねー。

選考はかなり悩んだと思いますが…素晴らしいメンバーがそろったと思います。

第47回トゥーロン国際大会2019のメンバー

GK

オビ・パウエルオビンナ(流通経済大)

波多野 豪(FC東京)

山口瑠伊(エストレマドゥーラ=スペイン)

DF

田中駿汰(大阪体育大)

椎橋慧也(仙台)

大南拓磨(磐田)

岡崎 慎(FC東京)

古賀太陽(柏)

MF

相馬勇紀(名古屋)

長沼洋一(愛媛)

神谷優太(愛媛)

三笘 薫(筑波大)

伊藤達哉(ハンブルク=ドイツ)

舩木 翔(C大阪)

高 宇洋(G大阪)

岩崎悠人(札幌)

田中 碧(川崎)

川井 歩(山口)

松岡大起(鳥栖)

FW

小川航基(磐田)

旗手怜央(順天堂大)

小松 蓮(金沢)

素晴らしいメンバーがそろいました。特に俺の大好きなオビ・パウエルオビンナ!

三笘薫という天才!トゥーロン国際はGS敗退決定も同点ゴール!川崎フロンターレ入るよね??

行徳浩二(ぎょうとくこうじ)ネパール代表監督(U21兼任)のプロフィールは?清水、岐阜、ブータン代表監督も歴任!

田中碧の代表選出は、当然でしょう。

田中碧

田中碧

J1での活躍を見ていれば、田中碧が選出されることは当然だと思います。圧倒的な守備力、弱そうに見える体なのに、当たり負けしないのも素晴らしいし、足元の技術力も高い。

彼が川崎で活躍しているのも当然と思える選手です。AFCU-16選手権以来の年代別日本代表っていうのが信じられないぐらいの活躍。

田中碧自身が望んでいた東京五輪のメンバー入りに向けたアピール機会を得ることになりました。

彼がいなかったらなかなか勝てなかった苦しいJリーグ序盤戦はもっともっときつかっただろうな…。今田中碧が躍動している姿を見て、やっぱり試合に出て結果を出すと選手として成長も早いよなと感じます。

これは三好康児もそうだし、板倉滉もそうだけど、やっぱり試合に出るって本当に大事。脇坂も試合に出ることでもっともっと強くなっていっているし…練習では身につかない、なにかがあるんだろうね。

田中碧(たなかあお)が川崎フロンターレユース出身初のレギュラーなるか?アカデミーから戦力になってほしい。

三笘薫、旗手怜央も大学でしっかりと活躍しているし、彼らの活躍を見たいですよね。そして、川崎フロンターレユース出身の高ですよ。ガンバでしっかりと活躍して、代表選出。今野の後継者とまで言われてますからねー。すごい期待。

トゥーロン国際大会スケジュール

トゥーロン国際大会(6/1~15)のスケジュールはこちら。
5月28日 国内練習
5月29日 出発
6月1日 イングランド戦
6月4日 チリ戦
6月7日 ポルトガル戦
6月11日 順位決定戦
6月12日 準決勝
6月13日 順位決定戦
6月15日 決勝/3位決定戦
6月17日 帰国予定
 
となっています。
 
確定しているのはイングランド、チリ、ポルトガル。
 
そこから勝ち進んでいけば・・・もっともっといろいろな相手と闘えます。
 
日本は2000年に初参加(その年は全日本大学選抜が参加)、2001年からはアンダー世代の日本代表が参加し、2002年には松井大輔、山瀬功治、阿部勇樹らいわゆるアテネ組の活躍で3位を獲得。
 
これはいまだに過去最高成績です。2003年以降1度もトップ3になれていません。これは悔しい。
 
2008年には本田圭佑、岡崎慎司、李忠成、森本貴幸らを擁し、グループリーグでオランダや地元フランスを破って決勝トーナメントに進出しましたが、準決勝でイタリアにPK戦の末敗れ、3位決定戦でもコートジボワールにPK戦で敗れて4位。
 
今年のメンバーは、A代表にとられたメンバーもいるけど…例年に比べてすでにクラブで活躍しているメンバーも多いのが大きいですよね。
 
田中碧をはじめとして、椎橋慧也、大南拓磨、古賀太陽、相馬勇紀、岩崎悠人、舩木翔、小川航基、高宇洋とJ1のクラブで活躍しているメンバーも多いのは大きい!
 
さらに言えば、17歳の松岡大起もおもしろいよねー。久保建英と同い年で、J1でがつがつ試合に絡んでますからねー。あっという間にA契約の基準にまで上がってますからねー。
 
海外組の山口、伊藤達哉も素晴らしいし、J2だけどテクニックすばらしい神谷もいるし…いいメンバー!
 
東京五輪に向けてサバイバルが激しくなるのは大歓迎!それを超えて、川﨑フロンターレに絡んでいる選手がどんどん出てくれたら楽しいなー。