なぜフロサポが「板倉滉だけは絶対に返して」と願うのか、ベガサポに説明する。川崎フロンターレ後援会の最高傑作なんだよ…

とタイトルは書きましたが…一人でも多くのベガサポさんに、「うちの大事な板倉滉をお願いします。」といいたい。いってまわりたい。

三好康児は『川崎フロンターレユース史上最高傑作』と呼ばれているのは、他サポさんでもしていると思います。

それに対して、板倉滉は一部の川崎フロンターレサポーターから『川崎フロンターレ後援会史上最高傑作』と呼ばれています。

 

そう、板倉滉はそのプレーでも好かれていますが、板倉滉の根っこの部分はフロンターレサポーターなんですよね。板倉滉が、中村憲剛と一緒にプレーしている姿が見れて、フロンターレが優勝するっていうのは、サポーターの夢の具現化だったんです。

板倉滉は麻生で選手のサインを集めてた少年

板倉滉選手のTwitter。板倉滉がプロに昇格した2015年の開幕前につぶやきとともに上げた写真が川崎フロンターレサポーターの中でかなり話題になりました。9歳の板倉滉少年と、20代の中村憲剛。

憧れの選手と写真を撮った9年後に、同じチームで同じユニフォームを着て、一緒に闘う…そんな夢のような光景を見せてくれたのが板倉滉でした。しかもこれ2015年の開幕直前につぶやいていたんだよね。たまらない。

これに対して中村憲剛は

と答え、全フロサポの胸を打ち抜きました…。今読んでも泣きそうになる。

 

そして谷口彰悟が、9年後の二人を撮ってくれました。

さらに言えば、2007年のナビスコカップ決勝で、当時育成普及コーチだった現在の監督、鬼木達を特集した番組で、カメラを笑顔で覗き込む板倉くんが、「ふろんたーれゆうしょうするよ!」ってオニさんにじゃれついてカメラに入ってくるというのもありましたよね。

 

板倉滉が川崎フロンターレ後援会史上最高傑作といわれるゆえんは、その歴史をすべてサポーターとしてみてきた選手が、プロとしてフロンターレに入ったからなんですよね。こんな応援しがいのある選手はいません。

板倉滉は川崎フロンターレへのクラブ愛が半端ない

川崎フロンターレの番記者、フリーライターとしても有名ないしかわごうさん。というかあの人たぶん普通にフロンターレサポーターなんじゃないか…って思っていますが…そのいしかわごうさんが、ある年のシーズンDVDでインタビュー受けている板倉滉がいる、っていう話をして、あるサポーターさんが、この少年ですか?と質問して、いしかわごうさんが本人確認するという…泣ける流れ。

この少年がプロに入って、大好きな川崎フロンターレの為にサッカーをしていたわけで…

親子で等々力スタジアムへきている川崎フロンターレサポーターの中で、お子さんがサッカーしている人の大きな夢でもある「いつか川崎フロンターレで息子がプレーする」をまさに体現している存在なんです。だからこそ、今回板倉滉が、自分の成長の為にベガルタ仙台へのレンタル移籍を決めたことに対して…子供が大学進学で別の県へ単身引っ越す位の気持ちになるわけです。

スポンサーリンク

ベガルタ仙台サポさんへ、板倉滉の取扱説明書

返せ返せばっかり言っても仕方ないのでベガルタ仙台サポーターさんへ、板倉滉の取扱説明書を。

板倉滉くんは攻撃好きのDF&ボランチで、足元のボールの扱いはめちゃくちゃうまいので、ボランチとしても使用可能。その長身を生かした空中戦では無類の強さを誇ります。

さらに自身がフロンターレサポーター歴10年を超えたシルバー会員だからか、川崎フロンターレの現在のサポーターに対してとにかく優しいです。ファンサめちゃくちゃいい。好青年です。特に自分と同じようなフロンターレ子供サポーターに対してのやさしさはチーム随一。

選手としても高い技術を誇りますが、その心が素晴らしいので…大事にしてあげて下さい。

借りパクだけはやめてください…

フロンターレサポーターで、フロンターレ観戦記を載せている漫画家の小川真孝さんの漫画ツイートが全フロサポの願い…

エ、エドゥアルドはさておき…。中野嘉大については、まぁ仕方ないか…って思っているフロンターレサポーターも、板倉滉だけは…だけは…返してください…って思っている人が多いですよね。それは板倉滉は、川崎フロンターレサポーターだったから。よろしくお願いします…。

板倉滉、頑張って来いよ…。

 

【関連記事はこちら】

板倉滉にベガルタ仙台がオファー?レンタルで移籍合意?仙台はCBのレギュラーは手薄だよね…。

板倉滉が、ベガルタ仙台へ期限付き移籍。恩返し禁止付いたの初めてだよね…。

板倉滉のプレースタイルの変化。アシストできるサイドバックとしての覚醒。将来は日本代表大型ボランチへ!

板倉滉のチャント(応援歌)がOver The Future/可憐Girl’sっていうのはいいよねー。