川崎フロンターレのバンディエラ、中村憲剛が今シーズン限りでの引退を発表。

昨日の試合で40歳のバースデーゴールを決めて…その次の日に引退発表をする…

それが中村憲剛の美学であるなら、支持します。

中村憲剛を応援できた川崎フロンターレのサポーターは幸せですよね

あんなにパスの精度が高い人はいないし、出てくるだけで試合を左右してくれるんじゃないか?って思わせてくれる選手は中村憲剛以外はいないと思います。

いるだけで存在感が違う選手。

中村憲剛

中村憲剛

中村憲剛の決断を支持するとは言っても…中村憲剛がスーツ姿で現れた会見スタート時から、嫌な予感がして…引退しますといった瞬間から、1時間近く泣き続けましたけどね…。

中村憲剛がいなかったら…中村憲剛があの時移籍していたら…川崎フロンターレがかなえられなかった夢はたくさんあった。

 

中村憲剛のプレーを見続けることができたのは本当にラッキーだったし、中村憲剛が川崎フロンターレに居続けてくれたのには本当に感謝しかないです。

中村憲剛こそ、神様でした

中村憲剛

中村憲剛

等々力には神様がいる、と中村憲剛は言っていましたが…俺にとっては中村憲剛が神様でした。

中村憲剛の試合開始前の努力が、中村憲剛のプレーの質を上げて、その1つ1つが奇跡のようにみえる素晴らしいプレーを生み出していたんだと思います。

中村憲剛が等々力には神様がいる、といっていましたが…その神様が起こしたかのような奇跡のプレーは、中村憲剛がそれまでずっと努力をし続けていたからこそ生まれたものですからね。

その奇跡の瞬間を一緒に体験することができた川崎フロンターレのサポーターは本当に幸せだったと思います。

来年、中村憲剛がいないシーズンを初めて経験するのか。

中村憲剛

中村憲剛

俺が川崎フロンターレの試合を始めてみた2005年終盤。そこからすでに試合に出ていました。

サポーター(後援会員)になった2006年。我那覇と一緒に日本代表のユニを着ている姿が誇りでした。

初のナビスコ決勝も、初のワールドカップに自分のチームの選手が出ているのも、何度も逃したリーグ優勝も、すべて中村憲剛が見せてくれた景色でした。

悔しい思いもたくさんしたけど、一緒に喜べた数多くの思い出があることが本当にうれしい。

川崎フロンターレを応援している間はもしかしたらかなうことがないんじゃないか?って思っていたリーグ優勝だって、カップ戦の優勝だって、そこに背番号14の姿がありました。

 

中村憲剛選手、本当にお疲れさまでした。

応援させてくれてありがとうございました。これから残り2か月。

まずはしっかりと1つ1つの試合を勝ち、一緒にリーグ優勝しましょう。

リーグ優勝すれば天皇杯の出場権を手に入れることができます。

天皇杯決勝まで行って、2021年まで中村憲剛をプレーさせたいですね。

 

これから、中村憲剛がどんな道に進むとしても応援しています。

中村憲剛という素晴らしい選手がいた幸せ、生でプレーを見ることができた幸せをかみしめて川崎フロンターレのサポーターを続けていきます。

いまのタイミングだとありがとう以外の言葉は思い浮かばないんですが…2か月経ち、すべての試合が終わった時に改めてお疲れさまでした、と書きたいと思います。

 

下手したら2017年の優勝の時より泣いたかもな…。