中村憲剛「支援にゴールはない」

震災から一年たって、川崎フロンターレは変わらずに街頭募金をしていましたね。

こういうチームが勝たないのはうそでしょ。って思って応援しています。

昨日は、約1時間で126万1794円が集まったそうです。

選手たちが自ら声をかけて、募金を呼び掛ける。

 

「支援はブームじゃない」

 

というキャッチーな言葉。それで終わりにしないのが、フロンターレのすごいところ。

ずっとこの活動を続けていってほしい。

 

一生応援していってほしい。

川崎フロンターレの支援活動は続く

あの大震災の翌週から全く変わらずに、募金活動、

支援活動を継続しているフロンターレというチームに、

頭が下がる思いで一杯です。

 

支援活動なんていうのは、ボランティアなんていうのは、

はじめるのは簡単だけど、

継続するのは本当に大変だっていうことを、

俺は知っています。

 

どんなことでも継続することが一番大変で、

はじめるのは簡単なんですよね。

 

3か月でも続けるのは大変なのに、

表立ってずっと支援を継続し続けているチームは本当にかっこいい。

 

試合の結果や、スタジアムでの勝敗だけで、

そのチームを判断してしまうのが、

プロの世界であるべき、という人たちにはわからないでしょうね。

 

川崎フロンターレというチームを応援する喜びは。

 

継続の難しさをわかってるチームだからこそ、

『支援はブームじゃない』

といえるんだろうな。

 

中村憲剛「支援にゴールはない」

そしてやっぱりチームの中心人物である、

中村憲剛が先頭に立ってくれるから一緒についていけるんだよね。

 

「毎年3月11日に思い出すのではなく、

常に震災のことを考えなければいけない。

支援にゴールはない」

といっていました。

 

支援活動だけではなく試合にも勝って、

勇気づけることができたら最高だよね。

 

3月17日の鹿島戦も勝ちましょう。

そして、24日のC大阪戦には、

陸前高田市の子供たちが等々力に来ます。

 

新潟戦はPVあったけど、

やっぱり生で勝つ姿をみてもらいたいもんね。

 

勝つ姿でパワーを持って帰ってもらって、

今後の生活の糧になってくれたら最高だよね。

 

一生フロンターレを応援したい気持ちがどんどん上がっていきます。

応援するチームを誇りに思わせてくれて、本当にありがとう。

 

4 COMMENTS

ヤス

SECRET: 0
PASS:
フロンターレはずっと支援を行ってますからね~
招待、募金等継続していってほしいです。

返信する
usshi

SECRET: 0
PASS:
セレッソ戦に みなさん 等々力に来るのですね 久しぶりの等々力のピッチで 一体感で 応援頑張りましょう

返信する
たけし

SECRET: 0
PASS:
>ヤスさん
フロンターレは素晴らしいですね。
サポとしても鼻が高いですし、
サポも方向性が見えますよね。
継続してもらいたいです。

返信する
たけし

SECRET: 0
PASS:
>usshiさん
セレッソ戦では勝ってもらいましょうね!
等々力での勝利みせたいなー。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です