Jリーグ再開日はどうなる?村井チェアマンが酒井高徳感染を受けてコメント発表。

村井満チェアマンが、神戸の酒井がJリーガーで初めて新型コロナウイルスに感染したことを受け、コメントを発表しました。

Jリーグ再開日程再考かな…

もうこればっかりは仕方ないのかな…。

村井チェアマンは酒井高徳の感染を受けて、

改めて全クラブと協働し、新型コロナウィルス感染拡大阻止に向けた対策に尽力していく

と発言。

 

4月25日のJ3から目指していた再開時期は、再考になりそうですよね。

3月9日に日本野球機構との「新型コロナウイルス対策連絡会議」で専門家からの提言を受け、全クラブと再開に向けた6項目を共有。

 〈1〉国民の健康を最優先

 〈2〉豊かなスポーツ文化の振興

 〈3〉応援スタイルの模索

 〈4〉無観客試合の想定

 〈5〉選手やスタッフに感染者が出た場合、無観客試合もできない可能性を想定した抜本的な日程の見直し

 〈6〉日本全体の非常事態宣言により、大会開催が厳しい状況

今回は〈5〉のケースに該当。

抜本的な日程の見直しも

これは、酒井高徳が悪いわけでは決してないです。

何度も言いますが、どこから感染しているのかわからない感染が増えている中で、この状況が続くのであれば試合をすることができるのか、観戦する人を減らせるのか、いろいろな対応が必要になります。

J1のサガン鳥栖のようなケースが、これからもたくさん出てくる。

J1の経営的に下のほうのチーム、J2.J3の各チームの経営破綻もありえる。

 

その中で、選手に対して給料を減らす交渉や、勝利給の配給なし等の判断もありえると思うんですよね。

 

新型コロナウィルスが収束する気配が全くなく、海外では数万人かかり志望者が相次いでいる現状で、Jリーグをやろう!ってなるかどうかは、厳しいものがありそうです。

無観客試合、国際Aマッチデーでの試合も

J1の5月9日再開も危うい、という意見が出てくるかもしれないですし、無観客試合、国際Aマッチデーへの試合組み込みなど

村井チェアマン曰く

今まで控えてきたことにも踏み込むことにもなるかもしれない

という見解を示しています。

まずは酒井選手の回復を祈っています。

そして、Jリーグを待っている身としては、クラブの破綻が起きないように、無観客であっても試合を実行していただくことも大事なのかな…と思います。

 

すごい難しい判断になりそうだよなー。

Jリーグ今シーズンできるかどうか、っていう状況なんだよな。

こうなるとは思っていなかったな…。