李京泰(イ・キョンテ)がKリーグ3部(セミプロ)の金海市庁FCへ完全移籍。ファジアーノ岡山から川崎フロンターレにレンタル加入中。

ファジアーノ岡山

李京泰(イ・キョンテ)がKリーグ3部、金海市庁FCへ完全移籍決定。

来年川崎フロンターレに加入が決まっている、早坂のことを考えると抜けるのは決まっていたみたいだし、兵役あるから韓国に行く…という話もあったから、Kリーグ3部の金海市庁FCへ完全移籍が決まりましたね。

李京泰(イ・キョンテ)がKリーグ3部、金海市庁FCへ完全移籍。

ファジアーノ岡山から川崎フロンターレにレンタルで加入してた韓国人GK李京泰(イ・キョンテ)がKリーグ3部の金海市庁FCへと完全移籍で加わることを発表されました。

元韓国A代表のチョン・ソンリョンと一緒にプレーできたことは大きいでしょうねー!

川崎フロンターレを通して、

https://www.frontale.co.jp/info/2021/1225_2.html皆さんこんにちは!

リーグ優勝おめでとうございます!

僕は来年から韓国でプレーする事になりました。

フロンターレでプレーできた時間は本当に僕にとって良い経験になりました!

コロナで会う事は少なかったけど本当にありがとうございました!

2021シーズンお疲れ様でした。また会いましょう。

https://www.frontale.co.jp/info/2021/1225_2.html

ファジアーノ岡山を通して、

こんにちは!

僕は来年、韓国でプレーすることになりました。いつも温かい応援をしてくれて、ありがとうございました。色々な選手、色々な方々と出会って1人の選手、1人の人間として成長することができました。

最後に、直接挨拶できずにすみません。

まだまだ足りなかった僕に、プロ選手としての機会をくれたファジアーノ岡山というクラブに感謝しています。

本当にありがとうございました!2021年お疲れさまでした!

https://www.fagiano-okayama.com/news/p1473057172.html

とコメント。

頑張ってもらいたいなー!

日本でプロを始めたイ・キョンテにとって初めての韓国でのプロ生活

イ・キョンテは、韓国の朝鮮理工大学から2015年にファジアーノ岡山へ入団。

加入から1年半の間、セカンドチームであるファジアーノ岡山ネクストでプレー、2017年にはFC琉球への期限付き移籍を経験。リーグ戦の出場ははなかったものの、天皇杯に出場。

レンタルバックした後、ファジアーノ岡山では公式戦での出番はなく、2020シーズン途中に川崎フロンターレへと期限付き移籍。

2021年もレンタル期間延長で1年2カ月にわたって在籍したが、出場機会はありませんでした。

藤嶋栄介が退団(モンテディオ山形に移籍)したときにGKが足りなくなったときに来てくれたイ・キョンテ。

その後レンタル延長して、菊池新吉コーチ、チョン・ソンリョンのもとでプレーできたのは本人にとって大きくプラスだったと思います。

川崎フロンターレから菊池新吉コーチがサンフレッチェ広島へ“移籍”。さぁ、次の川崎フロンターレのコーチはだれ?

金海市庁FCでプレーするのか、兵役に入るのか?

イ・キョンテは兵役で抜ける…みたいな話がありましたけど、金海市庁FC加入ってことは韓国でプレーするのかな?

金海市庁FCは金海市に本拠を置く韓国のサッカークラブ。

金海市庁はこちら。グーグルマップでみてもよくわからないけどねw

ちなみにK3リーグは、大韓民国のセミプロサッカーリーグで、韓国サッカーのリーグ構成では3部に相当。

プロサッカーリーグのKリーグ(Kリーグ1とKリーグ2)は韓国プロサッカー連盟によって運営が行われるものの、K3リーグとK4リーグは大韓サッカー協会によって運営されています。

K3は2020年に始まった新しいリーグで、それまでのNリーグとK3リーグアドバンスが廃止されて、3部相当のセミプロリーグとなる新K3リーグが生まれたんですよね。K3リーグベーシックがK4リーグと置き換えられました。

つまりイ・キョンテが所属するK3はプロではなく、K2リーグとの間で昇格・降格は行われません。

ただ、2020年のK3リーグの初年度王者はイ・キョンテが入る金海市庁FCでしたし、セミプロの中の強豪ではあるんですよねー。JFLでいうHondaみたいな感じかな?

K3でプレーをするにしろ、兵役に入るにしろ、イ・キョンテのこれからの人生が素晴らしいものであることを願っています!いつか等々力で対戦出来たら嬉しいなぁ。