川崎フロンターレ、平成最後の総力戦でヴィッセル神戸に勝利!馬渡和彰のFK、小林悠のリーグ初ゴール!

本当に総力戦でしたねー。ヴィッセル神戸とのアウェイゲーム。

このメンバーで勝てたことは本当に大きい。

これからのチームの流れが間違いなくプラスに働くし、これから闘っていけるはず。

川崎フロンターレが野戦病院化

けが人だらけで、初先発が予想されていた脇坂泰斗も試合前に負傷で離脱。

川崎フロンターレvsヴィッセル神戸、けが人続出のアウェイゲームで3連勝なるか?

両サイドが、長谷川竜也と斎藤学というワクワクするドリブラーコンビになるというすごい試合になりました。

メンバーは、

チョンソンリョン

馬渡和彰

舞行龍ジェームズ

谷口彰悟

登里享平

齋藤学

大島僚太

田中碧

長谷川竜也

小林悠

知念慶

の4-4-2となりました。

このメンバーで田中碧とイニエスタのマッチアップ、大島僚太とサンペールのマッチアップって最高だったなー。

サンペールvs大島僚太で圧倒的に大島僚太が勝ってたもんな…。

元バルセロナの選手を軽々といなしちゃうのヤバイ。なぜサンペールにこだわるのか?わからないけど、サンペールを出場させることでウェリントンと三田の出場機会が奪わわれるんだから、対戦相手としてはラッキーだよね。

馬渡和彰の直接FK!外からまきこむスーパーゴール!

解説が「壁2枚・・・少ない感じがしますけどね…」って言っていた通り。

神戸のDF陣が作る壁が少なくて、その外からまきこむ素晴らしいFKでした。

馬渡自身が

「完璧でした」

って開口一番話してしまうレベル。このレベルのFKは年1回見れるかどうかだもんなー。すごい選手を獲得したよ。

やっぱり川崎のSBは攻撃的なほうがいいんだよなー。漫画アオアシで守備も攻撃も両方できるSBは世界にまだいない、っていうのがあったけど、馬渡は攻撃的な右SBだよね。

相手のGKは韓国代表守護神ですからね。キム・スンギュがまったくボールに触れない、ノーチャンスでのゴールとなりました。

サンフレッチェ広島時代にFKを

「ほぼ毎日蹴っていた」「僕が試合に出たときは、キックの質のところで絶対貢献してやるという気持ちで、毎日50本くらい蹴っていました」

という馬渡が、ここにきてプレイスキッカーを務められるようになってきたのは大きいなぁ。

これでゲームの主導権を握れました。

「キム自体に狙ってくるというデータも多分なかった。蹴る前に(大島)僚太と話していた。『狙ってもいいかな?』と話して、(大島が)『いいんじゃないですか?』と。それで狙ったら入っちゃいました」

大島僚太のコメントもさすが。

小林悠がついに初ゴール!斎藤学⇒知念慶⇒小林悠!

齋藤学の素晴らしいドリブルから、ラストパスを知念慶に通すと、知念が強いシュートを放ち、こぼれ球に小林悠!小林悠がふかすことなくしっかりと決めてくれました!

ゴールはマナブが持って知念を使って、知念が枠に飛ばしてくれた。試合前からオニさんが、枠に強いボールを打てば、こぼすからと話していた。

蔚山戦もそうだったが、こぼれ球は狙っていたし、良いところにこぼれてきてくれた。

得点を取ると、ここから止まらずに行けるという手応えはあるし、今日も決められるかなという思いもあった。ここからは取っていきたいし、どれだけ取れるか楽しみ。

ただ、最後は苦しかった。でも、あの嫌な雰囲気で、アウェイで失点した後で勝ち切れた。それは今年の反省点を生かすことができたと思う。

って言っていました。最後の最後で割り切ってボールを回したりできたのはおおきいし、ここまでの勝ち点を失ってきたのをやっとクリアできたのかな?

これでリーグ戦3連勝、無敗は5試合。

勝ち点を16に伸ばし、6位に浮上したし、1位のFC東京との勝ち点差は7ですからね。

この差は射程圏内でしょう。

試合後のコメントが総力戦と自信を物語ります!

鬼さんも試合後に

ミーティングの中で、チーム一体となってやっていこうという話をした中で、ゲームもそういうゲームをしてくれましたし、新しく入った選手達、出番が無くても全員がしっかり準備をしてくれた結果だと思います。終わった後も選手達で励まし合っている姿が見えていましたので、またここからしっかりやっていきたいと思います。

ノボリ

ケガ人やアクシデントがあるなかで、自分も含めてチャンスが巡ってくる選手もいる。内容は納得していないが、勝つことが大事。

長谷川竜也

チームとしてはケガ人が多い状況だが、頭がいい選手が多いし、引けを取らない選手がたくさんいる。誰がいないからとかは理由にならないし、途中から出た選手も役割を認識していた。みんなが日頃の練習から高い意識でやっているからこそ、それがピッチに出るのかなと。メンバーがある程度変わったなかで、勝つか勝たないかで与えてくれる自信や次に向けてのモチベーションが全然違う。何よりも勝利が大事だった。次につながるゲームだったんじゃないかなと思う。

知念慶

今日はいつものうちとは違うやり方だった。疲れもあったと思うし、みんなも身体が重そうだった。結果が一番大事なので勝ったことが大きかった。自分もコンディションを戻して、次に準備したい。

とけが人が多い中で勝ち点3を得ることの大事さをみんなが共有していましたね。

勝っていきながら内容を良くしていくことが一番ですから…。メンバーが変わっていく中でも勝ち点3をゲットできたのは本当に大きい!

いい週末でした!いい平成最後のゲームでした!!