川崎フロンターレはホーム開幕戦6年連続引分…。1-1のスコアはトップ3ほぼ確定!?

川崎フロンターレってホーム開幕戦は、6年間勝っていないって知っていました?勝ちが見れないからへこんでいる人もいると思いますが…過去のデータから見ると1-1のスコアは吉兆ですね。

川崎フロンターレはホーム開幕戦6年連続引分…。

2012年のアルビレックス新潟との開幕ゲームでは、1-0で勝利。それ以来6年連続開幕戦引き分けで終っています。

2013年は大分トリニータと1-1。

2014年はヴィッセル神戸と2-2。

2015年はヴィッセル神戸と2-2。

2016年の湘南ベルマーレ戦は覚えている人も多そうだけど4-4でドロー。

2017年のサガン鳥栖との試合は1-1。

そして、2018年湘南ベルマーレ戦は1-1。

 

6年連続ホーム開幕戦ドローで終りました。

スコアレスドローはなく、この6年で11点取って11点取られているというなかなか面白い結果に終わっています。この結果が「フロンターレはスロースターター」というひとが多いゆえんだといえます。

川崎フロンターレvs湘南ベルマーレ。クラブ史上最多無敗記録更新へ!J1で無得点ゲームが1度もないカード!殴り合いには付き合わない?

1-1のスコアはトップ3ほぼ確定!?

開幕6試合連続ドローだっていうのは知っている人も多いと思いますが…1-1での引き分けで終った年のリーグ戦順位がかなりいいっていうことは知らない人も多いのでは?

川崎フロンターレがJ1で3位以上だった年は6回あり、ホーム開幕戦が1-1で終わった年はすべて3位以上の4回(1位1回、2位2回、3位1回)となっています!つまり1-1で終った2018年はデータ上は3位以上確定といえます。

 

2005年以降のJ1でのホーム開幕戦の成績を並べてみると…

2005年…浦和レッズ3-3⇒最終順位8位

2006年…アルビレックス新潟6-0⇒最終順位2位

2007年…鹿島アントラーズ1-0⇒最終順位5位

2008年…東京ヴェルディ1-1⇒最終順位2位

2009年…柏レイソル1-1⇒最終順位2位

2010年…アルビレックス新潟2-1⇒最終順位5位

2011年…モンテディオ山形2-0⇒最終順位11位

2012年…アルビレックス新潟1-0⇒最終順位8位

2013年…大分トリニータ1-1⇒最終順位3位

2014年…ヴィッセル神戸2-2⇒最終順位6位

2015年…ヴィッセル神戸2-2⇒最終順位6位

2016年…湘南ベルマーレ4-4⇒最終順位3位

2017年…サガン鳥栖1-1⇒最終順位1位

2018年…湘南ベルマーレ1-1⇒?位

これはとても縁起のいいスコアですよね。2018年もトップ3確定!?

川崎フロンターレ、クラブ連続無敗記録更新!湘南ベルマーレとはJ1全試合点の取り合い記録更新。