川崎フロンターレvsジュビロ磐田。新井が完封、脇坂&山村のゴールで勝利!後半は厳しい試合でした…。

脇坂泰斗

久しぶりに勝ったことは本当にうれしい限りですし、脇坂と山村のゴールも本当に良かったです!新井のクリーンシートも素晴らしい。

準備をしっかりしてきたメンバーが、レギュラー陣に変わって活躍するのは気持ちがいい瞬間ですよねー。そうやってお互いに切磋琢磨したチームが強いチームになると思います。

脇坂泰斗

脇坂泰斗

川崎フロンターレ7試合ぶりの勝利!

ここまで苦しい試合を繰り返してきた川崎フロンターレですが、前半3分の相手のシュートがポストに当たり、点が入らなかった辺りで運気が向いている感じがしましたね。

最下位にいるジュビロ磐田ですがたくさんシュートも打っていたし、ボール支配率もジュビロのほうが上でしたし…こういうチーム相手に無失点で終われたっていうのは本当に大きい気がしています。

脇坂のゴールも、山村のゴールも、グラウンダーでカミンスキーがグラウンダーのシュートを取るのが苦手という、スカウティング通りだったみたいですし…チーム力の勝利ですよね。

もちろん後半の攻められている時間帯はどうにかできたはずだし、ラッキーなところに助けられた感じもしています…。それでも勝ち点3はうれしいよね。

引分けばかりが続いていた今シーズン。しっかりと点を取られることなく、勝ち点3を取る、これが一番川崎フロンターレの勢いを増す方法だったと思います。そういう意味では今節は鬼木さんの采配がズバリ!っていうことだったと思います。

とにかく脇坂がいいですよねー。いしかわごうさんの記事の通り、周りにとってやりやすい選手だというのが大きい。

10人のフィールドプレイヤーの潤滑油たりえる選手がトップ下にいることは本当に1+1を3にも4にも10にもしてくれると思うんですよね。

個人的には司令塔というタイプでもないんですが…技術力が売りの選手なのに、フィニッシュを自分で打っていけるところが脇坂の素晴らしいところだと思っています。

いしかわごうさんも書いているけど、守田との同期コンビが同時に出ていると連携アップしている気がするんだよなー。お互いのいいところを伸ばして、悪いところをしっかりとフォローしている気がします。

新井章太がチームを活気づけました

 

これからソンリョンに戻すのか、新井でいくのか。負けるまで新井でもいいと思うんだけどな…。

鬼木監督は

「章太はルヴァン杯でしっかりとしたプレーを2試合継続してくれた。また、チームに勢いを与えてくれているので、起用を決めました」

と意図を明かしました。この意図は的中でしたね。

「相手に持たれる時間帯も多かったけど、一言声を掛けるだけでみんなの集中力は高まる。そういうところかなって、外から見てこの夏はずっと思っていたので、重要視して入りました」

「ポジショニングだったり、細かなところを伝えた。当たり前のような声だけど、それが今、このチームに足りないものかなと思って、しっかり声を出しました」

という、外からずっと見ていたからこそわかる新井のコーチングの良さがでていました。

後半14分のルキアンのシュートをしっかりと抑えたのがハイライトかな。

これからもソンリョンとライバル関係を築きつつ…守備力以上に勢いという加点を付けられる新井を先発で出し続けるっていうのはアリだと思います!

中村憲剛を最後に投入!初めて勝ち点3。

中村憲剛が小林悠と交代という豪華すぎるカードの切り方で逃げ切り達成しましたね。

ちなみに今季、リーグ戦で三度目となる交代カードでの登場の憲剛ですが…勝ち点3をゲットしたのは今回が初めて…。

確かに劣勢で投入されて、試合の流れを変える、というようなことを求められることが多かったので、リード逃げ切り時の中村憲剛はあんまりイメージにない感じですよね。

7月7日の第18節のサガン鳥栖戦も、0-0の引き分けでしたしねー。

「少し劣勢になっていたところもあり、スタジアムの雰囲気を変えられる選手であること。また、ボールをしっかり動かせて、ゲームの流れの中でしっかり前からプレッシャーをかけに行けて、相手に自由を与えないこと。それを体現できる選手だと考え起用しました」

相手が前がかりになってボールを取りに来るところをしっかりといなして、左右にボールを散らすうまさはさすがでしたね。

あとはゴールキーパーのところまでプレッシャーを掛けに行くところとか素晴らしかったなー。

その結果が5試合ぶりの無失点、7試合ぶりの勝点3。

中村憲剛も

「本当に今、ウチに必要なのは勝利のみ。どんどん一戦ずつ、やるしかないです。次の天皇杯も大事で、そのあとまたリーグ戦と続きます。ケガ人もかなりいるので、今いるメンバーでやるだけです」

首位FC東京とは勝ち点8差。まだ優勝の可能性がなくなったわけではないからね。4位浮上。まだまだいけます。

天皇杯も楽しみましょう!