マギーニョvs馬渡和彰。川崎フロンターレの右サイドバック争い楽しい!脱エウシーニョが今季の注目ポイントですよね。

川崎フロンターレの脱エウシーニョ争いに進展はなかなかないですねぇ。

マギーニョと、馬渡和彰が右サイドバックを争っている状況はチームとしては面白い。

浦和レッズ戦、先発はマギーニョ?

いろんなサイトや、記事での予想、最終ライン。右サイドバックは今節もマギーニョですね。

まだまだマギーニョについては、フィットしていないとみている人も多い。TwitterのTLとか見てると、「なんでマギーニョなの?」って言っている人います。

確かに攻撃力は高いけど、守備力の部分で実力が懐疑的なサポーターも多いマギーニョですが、結果を残している選手ではあると思うので…サポーターの人たちが厳しくなってきている印象もありますが…。

エウシーニョの幻想を忘れられないサポーターも多いし、マギーニョではまだ足りない、馬渡和彰ではまだ足りない、というのはわからなくもないです。

ただ、エウシーニョと全く同じプレーをなんて、せっかく選手が変わってチームが変化していく中で、臨むのは進化がないと思うんですけどねぇ。彼らの良さをなくすのはもったいない。

最初に試合出ていたときのような、様子見みたいなプレーも減ってきているし、バランスを考えすぎてプレーが荒くなることも試合中に出なくなってきているので…これからだと思うんですよね。

彼のスピードは魅力。ゲーム終盤にカウンターくらいそうなときに戻るスピードはパーフェクト。

あとは、奈良竜樹が怪我で出れない今、ジェジエウがCBのスタメンの間に、マギーニョとのコンビネーションを鍛えておくのは大事。言葉が通じるのはやっぱりいいよね。

大島僚太ですら、エドゥアルド・ネットから守田英正に代わって言葉の壁がなくなって試合中に話すようになったんだから、マギーニョはジェジエウがいてくれるのはプラスだと思うんだよなー。

技術もあるし、フィットすれば一番いい右SBはマギーニョでしょう。

川崎フロンターレ、大分トリニータ撃破で2位浮上。マギーニョ来日初ゴールでビスマルクポーズ!

やっぱり愛すべき馬渡和彰

さて、まだ馬渡和彰のほうが上だと思っている人も多いと思うんですよね。ただ、マギーニョを使い続けるというのは、脱エウシーニョっていうところが強いんだよなー。

サンフレッチェ広島時代で試合に出てなかった時も、クロスの精度が一番高く、種類が豊富な選手だった馬渡和彰。

川崎フロンターレでもえげつない直接FK決めましたからね。あとは、川崎フロンターレでも、試合の組立への貢献度が上がれば…っていう感じですよね。

川崎フロンターレの公式のピックアッププレイヤー読んだら応援せざるを得なくなる馬渡和彰。もっともっとボールと人を動かせる選手になってほしい!

プレスキックの精度、縦への突破力、気持ちを出せるプレースタイル。

スピードではマギーニョに分があるし、想像力も負けている気がしますが…これだけキャラクターの違う二人が争えているのは面白いし、両方とも違う形で攻撃的なSBなのは川崎フロンターレらしいよね。

馬渡和彰の攻撃力は本当に高すぎて好き。あと顔がイケメン。マギーニョはどちらかといえばかわいい方。

個人の能力をいかんなく発揮することがチームの為になるタイプだと思うので…もっとエゴイスティックになってほしいなと。

川崎フロンターレ、平成最後の総力戦でヴィッセル神戸に勝利!馬渡和彰のFK、小林悠のリーグ初ゴール!

シーズン終盤を見ているはずの鬼木達監督

その時結果を残している選手を使うのが鬼木達という言葉を見たんですが…そうでもないと思うんだよな。

鬼木達監督はやっぱり策士ですからね。というか策士じゃないとJ1リーグ2連覇なんてできないわけで。

まだ6月ですからね。マギーニョにも、馬渡和彰にもどんどんチャンスを与えていってほしいですよね。右SB争いは結局当分解決しないと思うから、ここで両選手が成長していくことで、夏場のきつい時期も、秋の追い込み時期にもプラスになっていくと思います。

1つ1つの勝利、敗北に一喜一憂しないで、最後の最後で1番上にいればOKっていう状況にしていくのが鬼木達という監督のやり方だと思っているし、そういうチームになっていると思います。

右サイドバックの争いワクワクしながら浦和戦を楽しみたい!!浦和レッズには、富士ゼロックススーパーカップでは勝利を収めたものの、昨シーズン2敗していますから…いくら調子の悪い浦和レッズとは言え、ちゃんと勝ちたいですよね。

3連覇を狙えるのは川崎フロンターレだけですから、楽しく応援していきましょう!!

監督解任ブースト怖い。2019年J更迭7人目、浦和レッズが、オズワルド・オリヴェイラ監督を解任。大槻毅組長が就任。