日向武史「あひるの空」TVアニメ化決定!14年目で初!川崎フロンターレとのコラボ済みですが…せっかくだしもう一度!スタッフも豪華!

川崎市中原区を舞台にした高校バスケ部の漫画日向武史先生の「あひるの空」。2004年の連載からついに待望のテレビアニメ化!今までずっと脚本がひどいからと断ってきた日向武史先生が頷いたっていうだけで、期待値高いですね!!

あひるの空とは?

『あひるの空』(あひるのそら)は、日向武史によるバスケットボールを題材にした少年漫画。

『週刊少年マガジン』2004年第2,3合併号より連載を開始。

コミックスは48巻まで発売中。

2010年9月29日発売の「週刊少年マガジン」にて連載300回を突破。

149cmと小柄な高校生ながら、天性の才能を魅せるバスケ少年・車谷空! 入学先のクズ高で、最初はバスケをやるには困難な状況だったものの、空の熱意に影響を受けて、千秋・百春兄弟や、天才少年・トビなど続々メンバーが集まった! 順調に進みだしたクズ高バスケ部だったが、挫折や事件とあらゆることに巻き込まれていく‥‥。バスケを愛する空たちは、数々の困難にどう立ち向かうのか!?

というのが全体のあらすじ。

あひるの空の舞台は川崎市中原区

バスケットボールを題材にしたスポーツ漫画で、物語は神奈川県川崎市中原区が舞台となっています。

これは日向武史自身の住居が近所であるため「資料集めが楽」という理由からです。

舞台は架空の高校で、神奈川県立九頭龍高校(くずりゅうこうこう)。

1巻では川崎市立高校でしたが途中から神奈川県立高校になりました。まぁいろいろあったんでしょうw日向先生は「県立になった」みたいな簡易的な説明にとどめています。

通称「クズ高」。空たちが在籍している学校で、部活動は全員入部制なので、真面目な部活と不真面目な部活動があり、バスケットボール部は最初は不良のたまり場的な感じでした。

空のおかげで百春がバスケットを再びするようになって、それにつられて他の人もだんだん真面目になっていく…というような流れ。最初はたばこの処理の不始末によって部室が炎上し、部活動として認められなくなり、同好会を作って活動していたりしましたよね。

現在も連載中で、試合の進捗は結構遅い…。何か月か同じ試合しているイメージですw

アニメ化の話は2回断っているし、電子書籍化は圧力

2018年に発表されたアニメ化ですが、当然これだけ人気漫画なので何度も話はありましたが…映像化に関しては発表以前にも2度打診がありつつ、そのどちらも脚本の内容が「空がNBAの舞台へ行く」というもので、物語の意図が理解されていないとして、2度とも断っています。

作者によれば、1度目の依頼のときは「テーマと違う」と思い断ったが、2度目の依頼があったときは単行本の巻数をそこそこ重ねたときであったため「まだわかって貰えていない」というショックの方が大きかったそうです。

今回はちゃんと理解されたんでしょうねー。うれしい!楽しみ!

そして、紙のコミックス収集癖があって4千冊ぐらいマンガを所有している俺としては、日向先生が電子書籍反対派なのも好きな理由の一つ。

講談社が2015年1月5日から、刊行する全てのコミック誌の電子書籍化に乗り出し、単行本の電子書籍化にも踏み切ったものの『あひるの空』は作者の「作り手が”本”になることを想定して描いている以上、読者に届く形態はやはり”本”であってほしい」という要望から、最初は配信を行っていました。

それ以降はほぼ全ての単行本の電子書籍化を断っていたんですが、現在は作者曰く「会社の圧力」により配信が再開されているそうです。それを公言しても大丈夫なのが人気漫画家である証左ですよね。

川崎のスポーツとのコラボ

川崎フロンターレ

2013年7月6日の鹿島アントラーズ戦で開催された闘A!まんがまつりで、当時のユニフォームを着た空くんや、千秋先輩を描いてくれました。連載中で忙しい中2週間かけて作品を仕上げてくれています。

川崎ブレイブサンダース

2016年の年末の試合でアルバルク東京戦 「カワサキバスケスペシャル あひるの空×川崎ブレイブサンダース」実施をしています。

コミックス「あひるの空」46巻には、人気キャラクターの「トビ」こと夏目健二が川崎ブレイブサンダースのユニフォームを着用したシーン(コミックス描き下ろし)が収録されていたりと、コラボしいてるんですよね。

アニメの総監督は「風夏」や「艦隊これくしょん -艦これ-」などを手がける草川啓造

シリーズ構成は「BEATLESS」や「ブレンド・S」を務める雑破業

アニメーション制作はディオメディア

総監督:草川啓造 「風夏」など
監督:玉木慎吾 「アホガール」など
シリーズ構成:雑破業 「BEATLESS」など
キャラクターデザイン:本多美乃 「はんだくん」など
アニメーション制作:ディオメディア  「侵略!イカ娘」など

風夏のスタッフがいっぱいそろっていますね。

 

ぜひもう一度川崎フロンターレとコラボをしてもらいたいですね!!