塚川孝輝がFC東京へ完全移籍…。個人的には後半戦のキーマンになると思ってた…。PSG戦でいなかったもんな…。

うわぁ…マジですか…。塚川孝輝…。便利使いされていたからな…。

鬼木達監督がファーストチョイスには選ばなくても、セカンドチョイス、サードチョイスとして選ばれていた選手だから、いなくなるのは痛い…とチームのことを考えると思ってしまうけど、本人のこれからのサッカー選手人生を考えると、強い決意での移籍だと川崎フロンターレの公式Twitterが言っています…。

どのチームに行っても応援します。

塚川孝輝がFC東京へ完全移籍…。

PSG戦、フィールドプレーヤーでエントリーされていない田邉秀斗と塚川考輝が気になっていましたが…その二人移籍になってしまいましたね…。

田邉の移籍については別ブログ書いたのでこちらをどうぞ…。

川崎フロンターレ田邉秀斗がジェフ千葉に育成型期限付き移籍。育成型期限付き移籍とレンタルの違いは?

川崎フロンターレを通して

このたびFC東京に完全移籍することになりました。このクラブで過ごした一年半はかけがえのないもので、僕の人生を変えてくれました。たくさんの経験と学びをもらいました。このタイミングでクラブを離れる決断をしたことを申し訳なく思います。この決断は僕にとってとても大きな決断でした。自分勝手な決断ですが、この決断を後悔しないように頑張ります。最高の仲間と出会えて、たくさんの経験をでき、この川崎フロンターレの一員として戦わせていただいたことを感謝しています。本当にありがとうございました

FC東京を通して

このたび、川崎フロンターレから完全移籍で加入することになりました塚川孝輝です。
今、僕が持っているすべてをFC東京のために出し切り、戦うために来ました。結果にこだわり常に上をめざして頑張ります。よろしくお願いします。

とコメントしています。

川崎フロンターレより、FC東京でのほうがチャンスはありそうなんだよな…

本当にいい選手だと思っていたので、悔しい。後半戦はもっともっと活躍する姿を見たかった…。それでも塚川本人が試合にもっともっと絡みたいと思って出ていくのであれば、FC東京が欲しいと思って声をかけてくれたのであれば…本人のやりたい気持ちが一番大事。

FC東京なら即戦力で即スタメンもあり得るかもしれません。システムも川崎と同じ4-3-3で、アンカーが手薄なので、今までやってこなかったサイドバックをやらされるなんてこともなさそう。

もちろん塚川本人の未来を考えるとボランチ、アンカーからIH、SBまで対応できるというの武器なんだろうけど、本人がやりたいところとは違ったのかもしれないしね…。塚川はサイズもあるから、スタメンで出れなくてもベンチにいるだけで本当にチームにプラスになる存在だったし、鬼木さんもサブ組の中では間違いなく信頼して試合に出していた印象だったので、本当にありがとうございました、しかない。

不慣れなポジションでの試合もある中、そこに対して、真摯に戦ってくれたのを見てきたので、塚川の今後に期待しているし、鈴木雄斗みたいにJ1に帰ってきて大活躍して川崎フロンターレのフロント陣を見返してくれたら嬉しい。

…川崎フロンターレ戦以外での活躍を期待しています!