Jリーグは8/1からの50%動員を見送りへ…。上限5,000人制限を8/10まで延長決定。

等々力陸上競技場

タイミングとしてはここしかないというタイミングだろうな…。

ここ準備もいろいろ始まってしまうし、村井チェアマン英断だと思います。

感染拡大の状況が進む中で、仕方ないことでしょうね…。

Jリーグは8/1からの50%動員を見送りへ…。上限5,000人制限を8/10まで延長決定。

政府からは、大規模イベント制限の緩和方針について正式な発表がなされていません。

どれだけ感染が拡大しようと、経済を回さないといけない…という感じで、GO TOキャンペーンをはじめる(東京都民も、若者も、高齢者も対象外になるかも)ので…大規模イベント制限の緩和方針はそのままでしょうね。

 

新型コロナウイルス対策を担当する西村康稔経済再生大臣自身は、公式会見で

慎重に考えないといけない

と見直しを示唆していましたが…それでも変わらない気がしています。

 

そこで、Jリーグ側が国より先んじて動きました。というか、Jリーグのほうがいつも国より早いよな・・・。

村井チェアマンは素晴らしいリーダーだよね…。

 

Jクラブのチケット販売にも影響が出ることから

このタイミングがギリギリになる

と早期決断に至りました。

 

Jリーグでは新型コロナウイルスによる中断を経て、6月27日から無観客で再開。

政府のイベント開催方針に従い、7月10日から上限5000人の観客入場が解禁。

政府方針では当初、8月1日から入場可能人数がスタジアム収容人員の50%にまで拡大される予定でしたが、Jリーグでは政府決定を待たずに8月10日まで緩和を見送ることになりました。

 

Jリーグのガイドラインも同様に延長

Jリーグが独自に定めているガイドラインの緩和も同様に見送られており、アルコール販売、ビジター席の設置も8月10日までは自粛することになりました。

村井チェアマンは

Jリーグは8月10日まで現状の入場制限に関するガイドラインを延長することを決定した。

例えば、観客動員は5000人または収容人数の50%未満の少ない方を上限とするもの。

そのほか、ビジターに関しても、引き続き制限を行い、ビジター席を用意しないということなどです。

アルコール等の販売も自粛するという現状のものを延長します。

とコメントしております。

 

村井チェアマンは

感染状況を踏まえ、専門家の助言、クラブとの意見交換をしながら2週間のインターバルで機動的に議論していく。

と今後の見通しを明かしました。

 

8月11日以降の措置は、7月27日のNPB・Jリーグ連絡会議などで話し合うことになりました。

 

新たな制限の影響を受けるのは

J1第8~9節の18試合、第9~10節の22試合

J3第8~9節の18試合

合計58試合。

現状ではやむを得ない判断でしょうね…。次はどんな条件で人を入れることができるのか…というのを考えると結構きついものがありますが、それでもここでの判断は仕方ないかなと。

川崎フロンターレで対象となる試合は3試合

等々力陸上競技場の観客動員数のイメージはこんな感じになりそうですね…。

動員数は5千人上限の制限を8/10まで延長が決定しました。

8/1から50%動員にするのはなくなってしまいましたね…。

 

川崎フロンターレのスケジュールをまとめた記事はこちらです

川崎フロンターレ2020スケジュール確定。J1リーグ、ルヴァンカップ、天皇杯まとめます。

 

川崎フロンターレの対象となる試合は…

J1第8節(収容人数5割)

8/1(土)19:00…ガンバ大阪vs川崎フロンターレ(吹田)

 

ルヴァンカップ第2節(収容人数5割)

8/5(水)19:00…鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ(カシマ)

 

J1第9節(収容人数5割)

8/8(土)19:00…川崎フロンターレvs大分トリニータ(等々力)

 

の3試合が対象になる感じですね。

 

吹田行きたかったし、ルヴァンカップの鹿島も休みとっていくつもりだったので…ちょっと悲しいですね…。

それでもJリーグから感染を拡大させないというのが一番大事ですからね!!

村井チェアマンの決定に従います!