Jリーグもプロ野球も4月後半以降に延期へ。

Jリーグと日本野球機構(NPB)は23日に第4回となる「新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施。

会議後に共同会見を行い、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の対策として、結成されている専門家チームから提言を受け、それを発表しました。

Jリーグもプロ野球も4月後半以降に延期へ。

専門家チームの3名(賀来満夫氏、三鴨廣繁氏、舘田一博氏)と、NPBの斉藤惇会長(日本プロ野球組織コミッショナー)、Jリーグの村井満チェアマンが揃って開いた会見。

専門家チームの賀来満夫氏(東北医科薬科大学)は

全国で試合があり、全国からお集まりになり、また全国に戻られることは非常にリスクが高い

現段階では早期開催は非常に難しいと申し上げました。できる限り、開催日時を遅らせていただきた

と提言しました。

 

感染症対策のリスク管理をして頂きたいというのもあわせてですが、もちろんすべての社会でゼロリスクは無い

そういったことを踏まえて今後の開催にあたって十分な注意、対応をしっかりととっていただき、ご判断いただきたいという話を申し上げました

どうやって生活していてもゼロリスクはないからなー。

どこで判断するのか、っていうところなんだろうけど…4月3日の開催は時期尚早と判断されて、再開は難しいとなるであろうというのが正直なところですね。

最終決定は3月25日か

新型コロナウイルスの影響で中断しているJリーグは、現時点では4月3日の再開を目指しています。

Jリーグの村井満チェアマンは

25日に全クラブを集めた実行委員会を予定している

今日の意見をもとに4月3日に再開できるのか、25日に意思決定したい

と再開日時について語りました。

 

4月の状況ははっきりせず、どこまで伸ばすかだよなぁ。

Jリーグ再開の見通しについて村井チェアマンも

日々刻刻と状況が変わっていて、長期としての見通しはなかなか難しい

Jリーグとしては4月の3、4、5日を次のタイミングとして捉えていた

25日の会議次第だが、仮に4月の上旬が難しければ、次は18日、その次は5月2日と2週間単位でシミュレーションしながら日程の検討を進めている

ということで、2週間ずつ、どうするか決めていくかということですね…。

 

賀来満夫

日本はどうにか抑え込んでいる状況は間違いない

しかし、海外からの帰国者が増えるなど、現段階では早期に開催するのは非常に厳しい状況にある

と語りました。

再開に向けての準備

再開に向けての準備では、来場者への検温に使用するサーモメーターなど、様々な方法で手配する予定とのことですが、全クラブに行き渡るというのは、時間を要する可能性もあるもんな…

感染防止策として密集、密閉、密接などの回避。

結局これはどこまで行っても厳しいものはあります。

 

だからこそ、この部分をしっかりと対応できれば、イベント事態は全くできないわけではないと思います。

J1については全国規模ですが、J2、J3は全国規模なのかな…っていうところもあるみたいですが。

プロ野球の開幕も4月後半か?

欧州を中心に感染者が爆発的に広がりをみせていて、日本でも帰国者からの感染が確認されています。

Jリーグの4月3日、プロ野球の4月10日の開幕は断念という形になるでしょうね。

プロ野球は12球団代表者会議を行っていますし、Jリーグは25日に会議を行って日程の再編について話し合う予定。

プロ野球の斉藤コミッショナーは

厳しい意見を賜りました

何も条件が変わらなければ、今の状況で準備ができれば4月後半かなと思っていたが、それも今からです

こうなってくると、いつからスタートできるのか?ずるずるとやらないまま伸びるのか…というところが問題になりそうですね…。