西野朗監督率いるタイU23代表が史上初の決勝T進出も敗戦!”誰もが観たい”代表で52年ぶり3回目の五輪はならずも…大絶賛。

『逃した魚はでかかった』の典型例になりそうな西野朗タイ代表&五輪代表兼任監督。

森保一日本代表&五輪代表兼任監督のように、国内では叩かれまくり…っていうこともなく、タイ国内では大絶賛されていますね。

サウジアラビアにVARで敗戦したタイU23代表

AFC U-23選手権準々決勝。

西野朗監督が率いるU-23タイ代表と、グループリーグ初戦で日本を破ったU-23サウジアラビア代表が対戦しました。

サウジアラビアが多くのチャンスを作りながらも、タイのGKコラファット・ナリーチャンの好セーブなどで辛うじて耐える展開でしたが…膠着状態を動かしたのはVARでしたね。

0-0のまま迎えた78分ペナルティエリア内でサウジアラビアのFWアブドゥル・アル・ハムダンが倒されると、主審はPKの判定。

海外メディアは「物議を醸すVAR判定」とこのジャッジに疑問符をつけていましたが…VARとの交信を行い、オンリーレビューを行った結果判定は変わらず。

アル・ハムダンが自ら決めてリードを奪うと、このゴールが決勝点となって1-0でU-23サウジアラビア代表が勝利となり、東京オリンピックの出場権を得られる3位以内には入れず、52年ぶり3回目の五輪本選への出場とはなりませんでした。

ホスト国として決勝トーナメント進出は素晴らしい!

 

A代表と兼任する西野監督は、ホスト国として今大会に臨み、史上初の決勝トーナメント進出の快挙を成し遂げた功績はのこりますよね。

ホストとして緊張感もあるし、期待されているし、いろんなプレッシャーがあるなかで準備をしてきて、選手は出し切っていると思う。まだまだ足りないところもありながらも、いいチャレンジはしている

って西野監督もホスト国の難しさを経験しつつも、決して弱者としてではなく、強気なサッカーをしていることを語っていました。

 

今のタイ代表は面白いよ。

 

オーストラリア戦で1-2、サウジアラビア戦で0-1は絶対今後の自信になる!

 

そして、タイ代表はA代表もU23も攻撃力、オフェンス陣が素晴らしいので…西野監督のサッカーにフィットしやすいんだろうなー。

 

今大会のオーストラリア戦後に

90分間のフィジカル

を挙げていた西野監督。

 

試合が進んでいくと、どうしても押し込まれる時間が長くなりますが…ここからどうやってフィジカルを上げていくのかが課題になりますね。

それでもタイ国内での評価はうなぎのぼり

バーレーン戦での5-0はファンからしたら楽しいよね。

西野タイ代表がワールドカップに出てほしい!

 

ファンが観たい面白い攻撃的なサッカーはやっぱり楽しいよね。

 

第7節
2020年3月26日(木)
タイ vs インドネシア

第9節
2020年6月4日(木)
UAE vs タイ

第10節
2020年6月9日(火)
タイ vs マレーシア

第8節は試合なしで、ホームゲームのインドネシア戦で勝ち、アウェイのUAE、ホームでのマレーシア戦に2連勝できれば逆転での最終予選進出も見えそうですよね。

 

西野さんのタイ代表がワールドカップに出たら感動しちゃうなー。

森保さんの日本代表との試合をやってタイ代表が勝ったら一気に森保さん解任に機運が高まりそうだよなー。