島崎竜(シマザキリョウ)はニューイングランド・レボリューションへ入団。コロンバス・クルーとのクラブ間での協議で。

以前記事にも書きましたが、川崎フロンターレユース出身の島崎竜(シマザキリョウ)が、MLSにドラフト指名されました。

ドラフト指名されたコロンバス・クルーへの入団ではなく、ニューイングランド・レボリューションに入るそうです。

MLSのドラフトよくわかんないけど、そういうこともあるんですかね…。

島崎竜(シマザキ・リョウ)がMLSのドラフト3巡目でコロンバス・クルーから指名!川崎フットボールアディクト読者は知ってるはず!

島崎竜(シマザキリョウ)はニューイングランド・レボリューションへ入団

13日のMLSスーパードラフトではコロンバス・クルーから指名されていた島崎竜(シマザキリョウ)。

クラブ間での協議の結果、ニューイングランドとの契約に至りました。

そういうこともあるんですねー。

個人的には、アメフト(NFL)のニューイングランド・ペイトリオッツのホームだなーぐらいの感想です(アメリカ知らなすぎる)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽対応】ローリングス ソフティーボール ニューイングランド ペイトリオッツ 【NFL SOFTEE FOOTBALL/NAVY-GREY】 RAWLINGS NEW ENGLAND PATRIOTS [for3000 20_1RE] 価格:1980円(税込、送料別) (2020/1/17時点)

楽天で購入

 

チーム名で、ゴー☆ジャス思い出したのは俺だけじゃないはず…。

レボリューション!

2014年から2017年にかけては元日本代表MF小林大悟も所属したチームですね。

久保裕也との対決はおあずけ

アメリカのFCシンシナティがベルギーのヘントから獲得した、元日本代表FW久保裕也。

その“特別待遇“がベッカム並みだと話題になっていましたが、同地区日本人対決はおあずけ。

ニューイングランドも同じ東地区みたいですが、外国籍選手枠の関係で、まずはUSLリーグ1(アメリカ3部相当)に所属する2ndチームでプレーするそうな。

島崎竜は、

まずは目標であるプロになることができ、率直にうれしく思います

もっと上を目指す立場。まだまだこれからの方が重要ですし、1日でも早くMLSで他の日本人選手と相対する姿を見せられるように頑張ります!

と意気込みを語っているそうな。

ニューイングランドはMLSの東地区に所属。

2019年は勝ち点45で東地区7位、進出したプレーオフでは1回戦敗退しているそうです。

活躍の場をユースの選手が広げていくのはうれしい限り。

東京五輪もあきらめない、って言っていましたから活躍して森保一を振り向かせてほしいですよね。

(そのころ監督じゃないかもしれま…おっと誰か来たようだ…)

家長昭博 川崎フロンターレの Oggi Digital Photo Book(デジタルフォトブック)をamazon kindle unlimitedで!月額980円!初回30日無料!