Jリーグが掲げる理想のスタジアムへ。4クラブにスタジアム整備補助金交付決定!C大阪、神戸、広島、長崎。

EVER BLUEとマスコッツ

Jリーグが掲げる理想のスタジアムって知っていますか?

皆さんほとんど読んだことないと思いますが…Jリーグ規約に実は『理想のスタジアム』っていう条文があるんですよ。

そして、その理想のスタジアムに向けてスタジアム整備の補助金を交付してくれる制度があったりするんですよねー。

この度、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、サンフレッチェ広島、V・ファーレン長崎の4クラブに1,000万円ずつのこうふがけっていしました!

夕焼けの等々力陸上競技場
夕焼けの等々力陸上競技場

スタジアム整備補助金の審査結果発表!

Jリーグ理事会により、スタジアム整備補助金の交付が決定されました!

「スタジアム整備補助金制度」は、Jリーグが掲げる理想的なスタジアム整備の促進を目的として本年度より運用を開始したもので、1クラブあたり1,000万円、年間合計5,000万円を上限とし、スタジアム整備事業や整備に向けた調査事業に係る費用の一部を補助するものです。

スタジアム整備補助金 申請クラブおよび審査結果概要

今年度に申請があったのは4クラブ。

  • セレッソ大阪(スタジアム大規模改修)
  • ヴィッセル神戸(スカイボックスの増設)
  • サンフレッチェ広島(スタジアム整備実現に向けた調査研究)
  • V・ファーレン長崎(理想のスタジアム4要件の実現可能性検証)

いずれも申請額の1,000万円が交付されることが決定。

ちなみに、交付が決定したクラブは、2020年12月10日までに事業を完了し、Jリーグ宛に報告書を提出することが義務づけられています。

まぁ、ここでヴィッセル神戸はお金あるんだから、自分達でやればいいとか、そういうのを議論するのはナンセンスだと思いますし、スカイボックスが増設されることで、観客にとってプラスになるのは間違いないですからね。

良いことだと思います。

スタジアム整備補助金制度概要

【制度趣旨】

スタジアム整備事業や整備に向けた調査事業にかかる費用の一部を補助することで、Jリーグが掲げる理想のスタジアムの整備を促進する

【対象】

Jリーグ規約第30条「理想のスタジアム」に定める4要件のすべてを満たすための抜本的なスタジアム整備を行うJクラブ

【補助内容】

1クラブ当たりの上限1,000万円(対象経費<工事費・調査費>の2分の1以内)

Jリーグが掲げる理想のスタジアムってどんなもの?

味の素スタジアム
味の素スタジアム

さて、そもそもJリーグが掲げる理想のスタジアムってどんなものか知っていますか?

このブログを読んでくれている人は、理想のスタジアムについて興味ある人だと思います…。理想のスタジアムに興味があってJリーグ好きな人ならきっと面白いと思うので、一度Jリーグ規約読んでみてくださいな。

Jリーグ規約

Jリーグ規約の第30条を引用しますが…

第 30 条〔理想のスタジアム〕

(1) 公式試合で使用するスタジアムは、Jリーグスタジアム基準を充足することに加え、アクセス性に優れ、すべての観客席が屋根で覆われ、複数のビジネスラウンジやスカイボックス、大容量高速通信設備(高密度 Wi-Fi 等)を備えた、フットボールスタジアムであることが望ましい。

(2) 前項の「アクセス性に優れる」とは、次の各号のいずれかを充足していることをいう。

① ホームタウンの中心市街地より概ね 20 分以内で、スタジアムから徒歩圏内にある電車の駅、バス(臨時運行を除く)の停留所または大型駐車場のいずれかに到達可能または近い将来に到達可能となる具体的計画があること

② 交流人口の多い施設(大型商業施設等)に隣接していること

③ 前各号のほか、観客の観点からアクセス性に優れていると認められること

大前提としてJリーグスタジアム基準を充足することですが…以下の4つを備えているのが理想のスタジアムってことになるみたいです。

  1. アクセス性に優れていること
  2. すべての観客席が屋根で覆われていること
  3. 複数のビジネスラウンジやスカイボックス、大容量高速通信設備(高密度 Wi-Fi 等)を備えていること
  4. フットボールスタジアムであること

が望ましいとされています。

上記のアクセス性に優れているというのは

  1.  ホームタウンの中心市街地の公共交通機関(大型駐車場)から徒歩20 分以内に到達可能(その計画あり)
  2. 大型商業施設等に隣接
  3. 観客の観点からアクセス性に優れていると認められる

らしいですよ。

等々力って徒歩の距離感だけで、アクセス悪いと思っていたけど、こう見ていくと、等々力陸上競技場って歩いて20分程度で、大型商業施設も駅にあるから、アクセス性いいスタジアムなんですね。

アクセス性に優れていて、すべての観客席が屋根で覆われている、ラウンジ・Wi-Fi、フットボールスタジアムというのがJリーグの理想です。

等々力陸上競技場はJリーグの理想のスタジアムにはほど遠い

ヤマハスタジアム
ヤマハスタジアム

川崎フロンターレのホームスタジアム、等々力陸上競技場について、座席数が足りないなーっていう話をしていますが、J1の基準からするとクリアできているんですよね。

入場可能数でいうと15,000人以上入場可能で、いす席が10,000席以上あればJ1の基準はクリアなんですよね。

なので、川崎フロンターレのシーズンチケットが当たりにくいとかはさておき、J1のクラブとしては等々力陸上競技場は27,000人以上のキャパを持っているのでスタジアムとしての要件はクリアしています。

シーチケ、新スタジアムネタについてはこちらのブログ記事も読んでいただけると嬉しいです。

川崎フロンターレ、2020年のシーズンチケットも更新。4年目のメインS。自由席や、SGは今年も落選祭りか…。

川崎フロンターレシーチケ抽選で新スタジアムについて構想してみる…。候補地は麻生区はるひ野?

しかし、理想のスタジアムという観点からいうと…なかなか厳しいものがありそうですよね。

アクセス性に優れていること

こちらはクリアしています。

ホームタウンの武蔵小杉駅からおおむね徒歩20分程度でスタジアムにつけますし、大型商業施設もあるので、アクセス性は優れているといえそうです。

すべての観客席が屋根で覆われていること

こちらはクリアできていないかなと。バックスタンドの自由席エリアはどうしても屋根では覆われていない部分も多いんですよね。

まぁ、メインスタンドも前の方は実は雨に濡れますけどね…。あと、陸上のコースのあたりに企画シート作って販売しているイメージですが、あそこも屋根がないっていうことになるので…理想のスタジアムにはなりえないのかもしれません。

複数のビジネスラウンジやスカイボックス、大容量高速通信設備(高密度 Wi-Fi 等)を備えていること

こちらは、メインスタンドにはビジネスラウンジも、スカイボックスもあります。

さらにフロンターレWi-Fiが備わっていますからねー。

まぁ、つながりにくいWi-Fiですけど…一応条件クリアといっても過言ではないかなと。

フットボールスタジアムであること

等々力陸上競技場は、その名の通りそもそも陸上競技場でして、フットボールスタジアムではないんですよねー。

EVER BLUEとマスコッツ
EVER BLUEとマスコッツ

等々力陸上競技場の理想のスタジアム度50%

このように、4つのうち、2つをクリアしているスタジアムですので、理想には程遠いのかなと。

そして、等々力陸上競技場を使用し続ける限りは、フットボールスタジアムであること、というのはクリアできませんからね。

まぁ、とはいえこういう補助金制度を利用しない手はないと思うので…数年後のバックスタンドの改修の時には、補助金申請をして、1,000万円をJリーグからもらうんだろうなー。

それぞれのスタジアムが少しでも理想のスタジアムに近づくように、こういう補助金制度があるのは素晴らしいことですよね!

利用できるチームはどんどん利用していって、観客の満足度を上げていってもらいたいですね!!