川崎フロンターレvs明治大学、オウンゴールの1点を何とか守りきり天皇杯辛勝…。中村憲剛が帰ってきた!

斎藤学ドリブル

とにかく勝つことが大事なトーナメントですし、ターンオーバーで試合に出ていないメンバーが多く出ていたので…勝ててよかったというのが本音ですね。

明治大学は今年めちゃくちゃ強いといううわさは聞いていましたし、躍進しているのは知っていたし、この記事でも書いていましたが…本当に強いチームでしたね。

天皇杯パンフレット 川崎フロンターレは、明治大学サッカー部と天皇杯か…。Jリーガーを多数輩出する強豪・明大との対戦怖い…。

オウンゴールだけでの勝利は寂しいけど…勝つことが大事

名古屋グランパスが、鹿屋体育大学に0-3で敗戦したりと、一筋縄ではいかないのが天皇杯。

個人的には森谷賢太郎のゴラッソが嬉しいよー!ナイスミドル!!

大久保嘉人も、森谷賢太郎も出ていたけど、リーグ要員ではなくて、天皇杯なのがかなしいなぁ。

走り出せ、森谷賢太郎。ありがとう。森谷賢太郎。一番好きな選手です。

天皇杯ってやっぱり怖いですよね…。オウンゴールだけで勝つということに対して、ネガティブな意見があるけどACLがない現状で、3冠を取るためにとにかく勝ち進むことが大事。

1-0でも延長PKでもなんでもいいので、勝てばいい。勝って勝って、新国立競技場で天皇杯決勝を戦える2チームになりたいですよね、そして新国立競技場で初優勝するチームになりたい。

齋藤学のキャプテンマークに感動

斎藤学ドリブル

斎藤学ドリブル

コイントスをしていたのが学だったので、あれ?もしかしてキャプテン?って思ったけど…鬼木さんのもとでついにキャプテンを任されるほどになりましたね。

齋藤学がキャプテンマークをつけるほど信頼されているのはうれしい限り。

試合中慣れていないのか、何度もキャプテンマーク直していたのが、初々しくて良かったなー。齋藤学や、阿部浩之を先発で見たいのよ…。家長昭博も大好きなんだけど…固定しちゃうのはもったいないなーと思うんですけどね…。

次元の違うトラップを見せた中村憲剛

明治大学のDFが「トラップを含めて次元が違った」と脱帽した中村憲剛の復活。

もちろんまだまだ試合時間も少なかったし、パスやトラップのうまさはありましたが、ロングキックの精度などはまだまだでしたよね。ただ、大島僚太がいない試合で中村憲剛が出てくるとやっぱり違うなぁ。

中村憲剛が

「17年やってますけど、天皇杯の初戦は難しい。その中で勝てたことが一番」

って言っていたのは本音なんだろうなー。勝って当たり前と思われる試合は本当に勝つのが大変。1か月半離れていた試合勘っていうのがこの30分で完璧に戻ってきたわけではないでしょうからね。

次はファジアーノ岡山と!天皇杯勝って決勝にいきたいですねー。