川崎フロンターレがLINEチケットを採用?買い方多様化は大賛成!転売防止なるか?

ワルンタに叱られる

川崎フロンターレでは、2019シーズンから、チケットの購入から当日の入場までをLINE上で簡単に行える「LINEチケット」にて、チケット販売を開始するそうな!

新体制で言っていた、転売対策の一環になるかもしれませんね!

ワルンタに叱られる

ワルンタに叱られる

転売屋・ダフ屋は違法(グレーゾーン)。条例違反!チケット転売対策は、本格的に考えるべき!

川崎フロンターレがLINEチケット導入!

LINEチケットはこちら⇒LINEチケット

LINEチケットは、LINEユーザーであれば、会員登録不要で簡単に利用可能のチケット購入システム。LINEのトーク画面にチケットが届いて、店頭での引き取りは不要になります。

家族や友だちにもLINEのトーク上でチケットを渡すことができるし、コンビニ入金以外には、チケット代金以外の手数料も不要というかなり便利なシステム。

LINEチケットは100%電子チケット!

「LINEチケット」で取り扱うチケットはすべてが電子チケット。

「LINE」上からチケットの検索・購入・発券が可能となっており、当日の入場までがLINEひとつで完結!

配送料もかからないし、チケット紛失を心配もないのは大きいですよね。

ただ、スマホのバッテリーをしっかりと保っておかなきゃいけなかったりとか、画面がバキバキになってたりしたら厳しいのかもしれませんけどねー。

決済方法は、クレジットカード決済、コンビニ決済、LINE Pay決済に対応しているそうです。

公式リセール機能(二次販売)で販売可能!

さらに、大きいポイントとして、チケットを購入した後、試合やイベントへ行けなくなってしまった場合も「公式リセール機能」を活用してリセールできるそうな。

リセールの可否、リセール設定価格はクラブがチケットごとに事前に決定するそうですが、今までのように悪質な高額チケットの販売や大量購入を防止して、行けなくなってしまった購入者とクラブの両者に適切かつ安全なプラットフォームを提供していくそうです。

これは大きいんじゃないかなー!?LINEやっていない人にどうやって伝えていくか、とかいろいろ問題もあるんだろうけど、転売対策になると思います。

川崎フロンターレは転売対策に本気!

新体制でも言っていましたが、今年は公式ホームページでも記事上げているなど…川崎フロンターレは転売にかなり本気で対策する感じですね。

転売対策

転売対策

川崎フロンターレでは、昨シーズン、チケット売買サイト、インターネットオークションサイト等にて川崎フロンターレホームゲームのチケットが転売されていることをしっかりと確認しているそうで、その対策を考えているそうです。

「正規価格でのチケット購入ができない」

「営利目的での転売行為が行われている」

といった声にどうやって対策していくかの一環として、LINEチケットがあるんでしょうね。

「空席ばかりが目立つスタンドからスタートした私たちが、昨今は完売も続く満員の等々力でのホームゲームを行えるようになってまいりました。これは、フロンターレに関わるたくさんの方のご支援・ご声援のおかげであり、今後も一人でも多くの方に当日会場にてお楽しみいただくために、チケット販売・購入に関する環境改善に努めてまいります。」

という言葉を信じたいな。

川崎フロンターレのこれからの取り組み

ホームページに発表されていた取り組みをまとめて記載しておきます。

<2018年シーズンの取り組み 実績> 

・フォーラム「チケット高額転売の現状と規制法案を語る」への参加 
・音楽業界での転売対策に関する勉強会参加、情報交換 
・シーズンチケット対象「競技場リセールサービス」トライアル 
・価格変動制「ダイナミックプライシング」によるチケット販売トライアル

<2019年シーズンの取り組み 予定> 

・シーズンチケット対象「競技場リセールサービス」 
・不正転売のチェック体制強化 
・シーズンチケット電子チケット導入トライアル 
・川崎フロンターレ後援会会員組織細則の見直し 
・価格変動制「ダイナミックプライシング」によるチケット販売(ACLグループステージ)

<2020年シーズンの取り組み 予定> 

・電子チケット化本格導入

 

転売しない、っていうのも当然ですが、転売されているチケットを買わない、というのは大事ですからね。いくら行きたい試合でも、転売屋を儲けさせる目的でチケット買うのは哀しいよね…。

だからこそ、川崎フロンターレの取り組みからチケット買えるようにどんどん変わっていってほしいな。これからの川崎フロンターレに期待したいと思います!!

転売屋・ダフ屋は違法(グレーゾーン)。条例違反!チケット転売対策は、本格的に考えるべき!

メルカリ転売対策は買わない、レア感をなくす、来年は通販再開を!メルカリで売られるマッチデープログラムが切ない。

川崎フロンターレのファン感謝デー砂かぶりチケットの転売がたくさん。1席2万だってさ。