2019年あけましておめでとうございます。川崎フロンターレが4冠を取る年に。

明けましておめでとうございます。今年も一年間よろしくお願いいたします。

今年は川崎フロンターレがかなり本気にACLを取りに来ていますよね。

新外国人選手として、ブラジル人3選手を獲得(レアンドロ・ダミアン、ジェジエウ、マギーニョ)を取り、山村和也、馬渡和彰を取りました。

これですべてではないかもしれませんが、それぞれ足りないポジションを補強した感じで素晴らしい補強です。

川崎フロンターレがすべてのタイトルを制覇する日

去年は、リーグ戦を制覇した後とはいえ、そこまで大きな補強をしなかった印象で、庄子さんが「得点力アップを」と言っても、いやいやそれはさすがに無理じゃないの?って思っていました。正直なところ。

でも、川崎フロンターレに足りないのは『高さ』と中村憲剛がこのインタビューの動画で言っていましたが…

その補強ともなるレアンドロ・ダミアンをとり、本気度合いを示し、山村和也、馬渡和彰とレベルの高い選手を獲得し、齋藤学はフィットするだろうし、なんか今年の川崎フロンターレは強そうなんですよね。

いや、去年が強くなかったわけではないんですが…去年の夏以降の完璧なフィットしたチームで、エウシーニョがいない状況っていうのはありつつ、それ以外の選手でレギュラー陣で大きなマイナスがいないわけで…そう考えると、そこに馬渡なのか、マギーニョなのかわかりませんが新加入選手が加わることでそこまでのマイナスはなさそう。

で考えると、今年はめちゃくちゃ強そうなんですよねー。

川崎フロンターレの試合をたくさん見ることが出来る幸せ

今年もACL、リーグ戦、天皇杯、ルヴァンカップ、そして、フジゼロックススーパーカップと川崎フロンターレは強いからこそいろいろな大会に出場することが決まっています。

これって、当たり前のことではないんですよね。去年他チームのサポーターと話していて、ルヴァンの予選は日程的に厳しいんだよ…って言われたときに、ACLの予選が厳しいなぁっていうことは良く思うんですが、ルヴァンの予選リーグってそこまで記憶にないなぁ…と雑賀君したんですよね。

川崎フロンターレっていつも上位になってくれるので、ほとんどルヴァンカップの予選に参加したことないな…って嫌味なことを思ったわけですが、それだけいつもリーグ戦でしっかりと勝利をしてくれているからこそ、たくさんの大会に出れるんですよね。

昨日今日、行われた箱根駅伝でも東洋大学が11年連続3位以内と言っていましたが…それって本当にすごいこと。川崎フロンターレもかなり強い順位でいてくれるから、いろんな景色が見れています。常にタイトルを争える強いチームでい続けてくれれば、サポーターとしてうれしい限り。

まぁ、弱くなっても応援はするんですけどね。

読者の皆様、今年もよろしくお願いします

去年は、こんな個人のブログをたくさんの方が読んでくれているんだな…と実感できた1年でした。今年もできる限りブログを更新していきますが、好きな時や、気になる記事の時に、読んでいただければ幸いです。

今年もたぶん変わらずに、川崎フロンターレについてのブログ、Jリーグについてのブログを書いていきますので、川崎フロンターレのサポーターの方だけではなく、いろいろな方に読んでいただければ幸いです。

今年は交流とかできたらいいなー。とは思いつつ、等々力で見ている席がS指定だからなかなか一緒に見ましょうとか、試合前に会いましょうとかも難しいんですが…。

いろいろな記事をたくさん書いていけたらいいなぁ。川崎フロンターレのサポーターでいてよかったという思いが報われた、ここ2年でしたが勝っても負けてもそれは結果でしかないのでそれ以外のすべてのところでサッカー観戦というすばらしい趣味が本当に楽しい!ということが伝わるブログになるようにしていきたいというのが今年(だけではないですが)の目標です!

今年もよろしくお願いいたします!!