川崎フロンターレの驚異のルーキー、守田英正が日本代表に再招集。

圧倒的なルーキーすぎて、ルーキーだってことを忘れそうになりますよね。

ベテランの感じすらしてくるスーパーな選手ですよね。前回も負傷選手の追加、という形で日本代表に招集された守田英正ですが、今回も追加招集となりました。それだけ森保一監督の中で序列高い選手なんでしょうね。

川崎フロンターレサポーターにとって守田英正というすごいルーキーを生で見れているのは、本当に幸せなことなんだよなー。

守田英正が日本代表に追加招集!

サンフレッチェ広島の青山敏弘が怪我で、代表を辞退。その追加招集される選手として、守田英正が選ばれました。

守田英正は9月以来2度目の代表選出。前回もA代表として試合に出場(コスタリカ戦)していますが、今回もしっかりと試合に絡んでもらいたいですよね。

2018年のリーグ戦には24試合に出場し、川崎のJ1連覇に貢献。森保一監督になってから攻撃力も、守備力もアップしています。その日本代表のサッカーに守田英正は間違いなくフィットする選手だと思うんだよなー。

日本代表キリンチャレンジカップの日程は?

キリンチャレンジカップの日程は、11月16日にベネズエラ戦(大分)、20日にキルギス戦(愛知)を戦います。

来年1月にアジア杯UAE大会を控えていますからね。守田英正がしっかりと活躍をして、アジア大会にも出場できるようになってもらいたいね。

ベネズエラ戦へむけた合宿を大分県内でスタートしていますが、守田英正も合流済み。

まさか11月のキリンチャレンジカップより前に、川崎フロンターレの優勝が決まっている状態だとは思っていなかったんですが…この状態で、日本代表に一人も選手を派遣できていなかった悔しかったので、追加招集とは言え、一人でも選ばれてくれてよかったなー。

というか、青山OKなら、家長昭博を日本代表に選んでほしいと思っているんだけどなー。天才の名をほしいままにしてきた家長昭博ですが、2017年の後半から2018年にかけての家長昭博は本当に圧倒的だと思うんです。なぜ呼ばれないんでしょうね?

守田英正のプレースタイルのなにがすごいのか?

俺が思う守田英正のすごさは、その素直さとポジショニングなんですよね。

 

ルーキーとは思えない落ち着き、対人の強さ。

その対人の強さをうむのはしっかりとした準備ですよね。ポジショニングセンスがすごい。運動量で魅せるボランチではないのですが、味方の選手をしっかりとフォローし、相手の攻撃の芽を摘むプレーをさせたら今日本でいちばんだと思います。

 

守田英正は以前、中村憲剛、大島僚太のプレーについて

「練習からずっと観察しています。どのタイミングで縦パスを入れるのか、どのようにパスを散らしているのか。視野もそう。敵を見る、周りを見る目が大事なので」

って語っていましたね。大いなるお手本が目の前にいるっていうのはすごいことですよね。そしてそのプレーを素直に吸収できる貪欲さ、勤勉さが守田英正のすごいところだと思います。

そして貪欲な性格は守田英正の

「ほかのプロ1年目の選手に比べると、充実したシーズンだったかもしれない。それでも、フロンターレのスタメンとしてはまだまだ」

という言葉に現れていますよね。

中村憲剛は守田英正の台頭を予想していた

中村憲剛をして、守田英正が大学時代に川崎フロンターレの練習に参加した時に、

将来的に、「これはもしかしたら(エドゥアルド)ネット(現・名古屋グランパス)からポジションを奪うかもしれないな」と思っていました。

と言わしめた天才。

元々守備があんまりうまくなかった…っていう今の守田英正からは信じられない学生時代。

そこから実直に練習を続けて大学NO.1ボランチになり、優勝チームのレギュラーだったエドゥアルド・ネットを押し出して、レギュラーに定着して連覇に貢献するという…すごすぎる結果も守田英正の素直さがあればこそ。

守備的なポジションはどこでもできるし、さらに先日家長昭博のゴールをアシストしたプレーに見られるように攻撃的なプレーもどんどんできるようになってきました。

そう考えるとマイナスなところがない選手なんですよね…。本当に末恐ろしい…。これからのびしろがあると思うと、どこまでいくのか恐ろしいですね!!

日本代表への定着できるように、期待していますよ!!