小林悠が眼窩底骨折か…。セレッソ大阪戦は悠様なし?ホームC大阪戦は今季唯一先制から逆転負け。

連覇に向けて、川崎フロンターレにとってはおおきな痛手ですね…。

小林悠の代わりはなかなかいませんからね…。知念慶で1試合丸々で勝ちたいですし、なかなか勝率が悪い知念慶のゴールの試合で、優勝決まれば最高だよなー。

小林悠は柏レイソル戦で顔面負傷。

右ひじが完全に顔にあたってましたからね…。柏レイソル戦で負傷退場。

左の眼窩底を骨折ですが、手術にならないといいんですが…今週中に再検査して、どうなるか決めるそうです。

小林悠なしで、セレッソ戦は戦うことになるのか、それとも、フェイスガードをして闘うのか…わかりませんが、川崎フロンターレには知念慶や、赤﨑秀平もいますから。

もちろん日本代表レベルの小林悠の代わりはなかなかいませんが、それでも川崎フロンターレのサッカーはだれがフィニッシャーになっても大丈夫なサッカーですからねー。

大島僚太が跳び込んでゴール決めたあのシーンのように、最後のフィニッシャーのところに誰をもっていってもOKというのが川崎らしさだと思います。

7得点決めたコンサドーレとの試合も、5得点決めたヴィッセルとの試合も、3得点を決めた柏レイソルとの試合もゴールを決めたのは全部違う選手ですからねー。

その事実がいまのサッカーを象徴している気がします。

川崎フロンターレ3-0で柏レイソルに勝利!磐田が広島に逆転勝利で、長居で優勝か?

中山雄太選手は謝罪に来てくれていたそうです。

柏レイソルの中山雄太選手はしっかりと試合後に謝りに来てくれていたそうです。

小林悠選手のブログにも

「試合後に病院に直行したので会えなかったのですが柏レイソルの中山選手が謝りに来てくれたとの報告がありました。

同じアスリートとして故意にやったことじゃないので、また来年も彼とのマッチアップを僕は楽しみにしています」

 

あれだけ痛がっていたので、早く審判が止めるべきだとは思いましたが、中山選手も当然狙ってやったわけではないと思うので…ちゃんと謝ってくれたのはうれしいです。

小林悠がもしも出場が難しい状況であっても、セレッソ大阪戦で代わりに出た選手がしっかりと活躍して優勝を決めてもらいたいですね。

セレッソ大阪にとにかく勝ちたいね!連覇しよう!

今シーズン、逆転負けしたのは1試合のみ。それがホームセレッソ大阪戦です。

今シーズンのリーグ戦では、現在6敗。

そのうち、得点して負けた試合は1試合です。

今シーズン負けた試合をブログ記事とともに振り返ると…

 

2018/03/31 J1 第5節 H ● 0 – 1 サンフレッチェ広島

東城穣誤審主審(PR)の年収は3千万?疑惑判定で川崎フロンターレが連続無敗記録ストップ。サンフレッチェ広島で同点ゴールを取り消される。

2018/05/02 J1 第12節 H ● 0 – 2 浦和レッズ

【動画あり】川崎フロンターレvs浦和レッズ0-2敗戦で4位転落。奈良竜樹が飯倉っぽく攻めるGKデビュー。オリヴェイラに初勝利をプレゼント…

2018/04/11 J1 第7節 H ● 1 – 2 セレッソ大阪

川崎フロンターレvsセレッソ大阪。マッチレビュー。堅い守備をサイドで崩せず…。まるでルヴァン決勝のリプレイ。

2018/05/05 J1 第13節 H ● 0 – 2 FC東京

多摩川クラシコ力負け。2試合連続スコアレス完封負け。リーグ連敗は2年半ぶり、ホーム2試合連続無得点は6年ぶり。

2018/08/01 J1 第19節 A ● 0 – 2 浦和レッズ

浦和レッズに2戦2敗。同一チームに2連敗は3年ぶり?今日の悠様は打っても打っても枠にいかない。

2018/09/01 J1 第25節 A ● 0 – 2 ガンバ大阪

川崎フロンターレvsガンバ大阪0-2。代表招集→怪我、下位取りこぼし、セットプレー失点。3つのマイナスお家芸で完敗。

ホームで4敗、アウェイで2敗。今年はホームで結構負けてるなぁ…。

そして、浦和レッズにはダブルを食らっているし、これから闘う相手のセレッソ大阪も、FC東京も負けている相手ですからねー。

特にセレッソ大阪には、現在公式戦3連敗中ですからね…。尹晶煥監督が率いるセレッソ大阪との試合は、ラストですからねー。そう考えると、勝って終わりたいですよね。

リベンジマッチです!!2連覇する王者として苦手意識のあるチームを作ってはいけないと思うので…しっかりと、セレッソ大阪と、FC東京に勝ちたいですね。もちろん最後のジュビロ磐田にも!!