湘南造園チーム48ダービーの川崎vs湘南は豪雨のスコアレスドロー。芝素晴らしかった!ついに勝ち点3差!

この試合で負けなかったのはホントにおおきい気がするんですよ。

引き分けたことで、下を向いている暇はないし、少しずつ勝ち点差を縮めてきた結果が、同じ試合数、勝ち点3差。どうせ、勝ち点4差あったんだから勝ったところでこの試合で抜くことはできなかったので…負けなかったことを喜びましょう!!

そして、湘南造園さんは素晴らしいですね。芝完璧でした。ありがとう。

秋元陽太がMOM!小林悠のPK失敗、知念慶の1対1の決定機失敗

秋元陽太がとにかくマンオブザマッチの活躍でしたね。小林悠のPK失敗と、知念慶の1対1を止めたのは素晴らしかったな。

大雨であれだけのクオリティ出されたらね…。冷静な対応は素晴らしかったです。

秋元陽太いわく知念慶との1対1は、

「守り方がしっかりとできていた。悠から知念にパスを出させて、そこで勝負しようと頭の中で思っていた。グラウンド状況が悪かったので、シュートを強く蹴れないことは分かっていた。なので、先に動かないほうがいいなと考えていたんです」

と、イメージ通りのプレーだったと語っていました。

さらにPKセーブについては、

「小学校から何度も戦っている相手。悠は町田JFCでプレーしていて、僕はそこまで強いチームではないけど」

「最後まで動かなければ真ん中に蹴ると思っていたし、先に動いたら取れなかったと思う。データもありましたし、映像も見ていた」

と、両方とも本当にしっかりと考えた結果のセーブだったんですよね・・・。秋元の洞察力に完敗です。FC東京時代より、輝いていますね…。

最後の最後まで湘南ゴールをこじ開けることができなかったのはくやしいですが、わるいゲームだったとは思っていないし…去年同じように豪雨の中で、ジュビロ磐田にボロボロにやられたこともおぼえているので…負けなかったことを喜びましょう!!

川崎フロンターレvsジュビロ磐田戦。2-5敗戦。同スコアの去年の柏レイソル戦も村上伸次主審ゲームでした。

ついに首位の広島と“1ゲーム差”の勝ち点3差!

いやー、これはおおきいよ。ここまで来たよ。

追われる方がぜったいにきついから!去年の鹿島アントラーズみたいに最後の最後で川崎フロンターレに追いつかれ、抜かれる…みたいなこともあるわけで。

そして、得失点差で川崎フロンターレがサンフレッチェ広島を上回ったのも大きい!!これで勝ち点が並んだら優勝できる!!!

去年の最期の優勝シーンが頭にあるから、1つうまくいかないことがあっても諦めない姿勢でサッカーを続けていけているのはおおきいと思います。

鬼木達監督も、

「1つ前に進んだとポジティブに考えています。この勝ち点1をどう持っていくのかは今後の自分たち次第」

って言っていましたね。

 

その通り!1つ進んだ!まだ7試合もある中で、勝ち点3差はおおきいよ。

広島カープが3連覇して、サッカーでまで広島が優勝させるわけにいかないですからね!!

優勝は譲らないで行きたいですよね!!

川崎vs神戸イベントはDJ KOOのハロウィンパーティー!カワハロとのコラボも!

湘南造園素晴らしい!チーム48ダービー!

川崎フロンターレの麻生もやってくれている湘南造園さん。

湘南造園チーム48ダービーが復活!鬼木達監督が名指しで感謝した芝管理のスペシャリスト。

2017年は川崎フロンターレがJ1で優勝、湘南ベルマーレがJ2で優勝した湘南造園さん管理案件。

中村憲剛は、良好なピッチコンディションを保ったグラウンドキーパーに賛辞を送っていましたよね。

「まずこのピッチ、素晴らしい仕事だと思う」

試合が行われたShonan BMWスタジアム平塚のピッチに言及していましたよね。

「こういう雨だとピッチも田んぼみたいになって、サッカーにならないケースがほとんどだけど、全然サッカーができた。本当に感謝しかない」

湘南造園さんは、BMWスタジアムと、麻生グラウンドの管理をしてくれています。

本当に素晴らしい芝の管理でした。豪雨の中でこのサッカーができたのは、本当に湘南造園さんのおかげです。

素晴らしいですね。