ルートートのトートバックがゴミ箱に?新作ルーガービッジが、川崎フロンターレのクリーンサポーターズとコラボ。

これは面白いニュースだったのでブログ書いておきます。

ルートートって知っていますか?トートバッグ専門ブランドなんですが、そのルートートが、等々力陸上競技場の清掃活動を展開する「川崎フロンターレ クリーンサポーターズ」とのコラボレーションを開始したそうです。

ルートートはいろんな会社とのコラボでトートバック出しているんですよねー。

面白いなー。

ルートートって?トートバッグ専門ブランド!

ROOTOTEの由来はカンガルーの“ルー”。

カンガルーのおなかの袋からヒントを得た“ルーポケット”が必ず付いています。

トートバッグを通じて、時間も場所も、作り手も使い手も関係なく、この世界のあらゆるボーダーを越える楽しさや感動を届けていきたいというルートート。

そんなルートートと、川崎フロンターレのサポーター有志による団体、クリーンサポーターズがコラボしています!!

ルー・ガービッジとは?

ベースは、ごみ箱にもなるトートバッグ「ルー・ガービッジ」。

ルートートを手掛けるスーパープランニング社(静岡県)が、

「ごみは思い出と共に持ち帰ろう」

というキャッチコピーを添えて世に送り出した商品で、2016年にはソーシャルプロダクツ賞(ソ-シャルプロダクツ普及推進協会)を受賞したもの。

目的地ではごみ袋をセットしてゴミ箱として使ったり、帰りはゴミ袋を取り出して他の荷物をいれて、持ち帰ることもできたり…一人二役のトートバッグです。

単純にゴミ箱として…というよりは、プールに行くときは水着を入れたり、スノーボードのウェアを入れたり、他の荷物と一緒にしたら汚れてしまったりする商品を運ぶのに重宝しますよ。

コンサドーレ札幌戦からオリジナルトートが登場!

ルーガービッジと川崎フロンターレのコラボのきっかけは、ロシアワールドカップでのサポーターのゴミ拾いだそうな。

報道でゴミ拾いが称賛されたことを受けて、

「この素晴らしい日本のスポーツ観戦文化を継承したい」

と思いを新たにしたスーパープランニング社。

 

そして、スーパープランニング社と川崎フロンターレのクリーンサポーターズの間を取り持ったのはエニシーク社(東京都渋谷区)。

素敵な関係性ですよね。

 

容量の自由度がないなどの問題点はありつつ、どんどん改善されていくんだろうなぁ。

毎試合クリーンサポーターズの活動には頭が下がります。

なかなか参加できませんが、こういう活動を続けていくことで、来たときより美しいスタジアムを保つことができればいいですよね。

…まぁ、本当に最高なのは、クリーンサポーターズの存在意義がなくなることですけどね。

誰もゴミを落とさないし、出したゴミはすべて持ち帰るか、ゴミ箱に捨てて、落ちてるゴミをクリーンサポーターズとは関係なく見つけた人が拾ってゴミ箱へ…というような流れが自主的に出てくればクリーンサポーターズが必要なくなる。

そんな理想的(まさに理想論ですが)な関係が、サポーターとクラブの間に出てくれば一番だよなぁ…。

とは思いつつ、クリーンサポーターズさんには感謝でいっぱいです。いつもありがとうございます。そして、今回のバッグを提供してくれたルートートさんと、エニシークさんにも感謝!

こういう素敵なコラボがどんどん続けばいいなぁ。

ルートートは武蔵小杉のららテラスの中にあります!

ROOTOTE GALLERY 
ららテラス 武蔵小杉店

〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1302 ららテラス武蔵小杉 1F

TEL:044-820-6553

営業時間:10:00~21:00
定休日:なし(ららテラス 武蔵小杉に準ずる)

川崎フロンターレサポーターの方、ぜひ行ってみてくださいね!!

屋内外で使えるゴミ箱にもなるトートバッグ「ルー・ガービッジ」をぜひ!

秋のキャンプとかでも使えると思いますよ!!

ぜひ!!