MADE IN WORLD×川崎フロンターレ!Tシャツ受注生産も値段がお高い…。

MADE IN WORLD(川崎フロンターレ公式サイトより)

かっこいいんだよなー。ほしいなぁー。

ただ高いなー。

 

そしてこういうのには選出される森谷賢太郎…。

森谷賢太郎サポがこういうの好きなのわかってるのね…川崎フロンターレさん…。

MADE IN WORLDとは?

MADE IN WORLDはナンバーとアルファベットをかっこよくデザインしたキャップや、Tシャツを売っているブランド。

ブランドのメインモチーフは、「ナンバー・アルファベット」。ナンバー・アルファベットのデザイン由来は、人には大事にしていたり、特別に感じているナンバーやアルファベットがあり、それらをカタチにしてあなたが愛する何かへ、想いを繋げているという意味が込められています。「人々が愛し、愛される気持ちを世界中で繋げていってもらいたい。」その想いから2016年 12月に誕生したアパレルブランドです。

去年小林悠が自身のInstagramでキャップかぶっていましたよね。

 

かぶってるキャップはこちら。

11番のやつ

<

MADE IN WORLDとのコラボは9名+12番と、Fロゴ。

川崎フロンターレの公式サイトに書いてあったとおり…

MADE IN WORLDとのコラボは、

No.1チョン ソンリョン

No.5谷口彰悟

No.8阿部浩之

No.10大島僚太

No.11小林悠

No.12

No.14中村憲剛

No.19森谷賢太郎

No.37齋藤学

No.41家長昭博

この中に…2名ほどレギュラーじゃない人がいる…

 

そして、A代表が2人選ばれてないwww

…車屋紳太郎と、守田英正は?日本代表だよ?w

 

7番とかめっちゃかっこいいいと思うのに…

車屋紳太郎サポはこういうの嫌いだっていうビッグデータがあるのかな?

川崎フロンターレがデータビークル社「Data Diver」導入。データサイエンスでPDCAサイクルを回すのね。

 

MADE IN WORLDのTシャツかっこいいよなぁ…

川崎フロンターレの告知のところの画像を切り取って貼り付けているんですが…

これめっちゃかっこいいよね。

背中のバックプリントは選手によって番号変わる感じです。

これかっこいい!!!

 

 

 

MADE IN WORLD(川崎フロンターレ公式サイトより)

MADE IN WORLD(川崎フロンターレ公式サイトより)

ただ、お値段はあんまりかわいくない…

7,020円(税込み)だそうな…。

販売は、川崎フロンターレオフィシャルWEBショップ(J.LEAGUE ONLINE STORE)のみで、受付期間は2018年9月10日(月)〜9月17日(月・祝)23:59までです。

お届けは、Tシャツが要らなくなる時期の2018年10月下旬より順次お届け予定だそうな・・・・

 

これ夏前だったら絶対買ったのになー。

うーん。かっこいいなぁ・・・。

来週まで迷います…