川崎フロンターレvs浦和レッズマッチプレビュー。リーグ浦和戦では相性のいい埼玉スタジアム!

さぁ、浦和レッズ戦ですねー。相手はサンフレッチェ広島を4-1で下しているチーム。これは怖い試合になりそうです。

しかも元鹿島アントラーズのファブリシオがうまくハマり始めている浦和レッズと、3位につけている川崎フロンターレ。間違いなく面白いゲームになりそうです!!

どういう試合になるんでしょうね?

ルヴァンカップ2018組み合わせ確定。川崎フロンターレは鹿島アントラーズと!

川崎フロンターレvs浦和レッズ、埼玉スタジアムでの対戦成績

2010年以降の埼玉スタジアムでの試合結果を並べると…

2010/04/18 J1 第7節  ● 0 – 3 

2011/07/13 J1 第4節  ● 0 – 2

2012/03/31 J1 第4節  △ 1 – 1

2013/10/12 ナビ杯 準決勝(2) ● 0 – 1

2013/11/23 J1 第32節 ○ 3 – 1 

2014/04/19 J1 第8節 ● 0 – 1 

2015/11/07 J1 2-第16節 △ 1 – 1

2016/08/20 J1 2-第9節 ○ 2 – 1

2017/09/13 ACL 準々決勝(2) ● 1 – 4

2017/11/29 J1 第33節 ○ 1 – 0 

10試合で、3勝2分5敗という苦しい成績ですが、リーグ戦だけで言えば2014年以降負けていません。

リーグ戦以外も合わせると、アウェイで6勝3分9敗ですが、リーグ戦だけなら6勝3分4敗とトータルでさいたまスタジアムには強いんですよね。

リーグはアウェイだからといって敗戦している印象もそんなにないし、浦和レッズの連勝記録を止めたこともありましたよね。

SHISHAMO等々力開催一時決定も、物販開始前の11時に台風12号での中止。悲しい。

川崎フロンターレ2009以来の5連勝を目指します!

川崎フロンターレは、17試合終了時点で3位。勝点33(10勝3分4敗)となっています。

25得点13失点と、リーグ戦では去年と同じぐらい調子のいいイメージなんですよね。

さらに、週末の湘南ベルマーレ戦が台風12号の影響で中止になったことが、コンディションではかなりプラスに働く気がします。フランスvsクロアチアの決勝戦でもそうですが、試合が少なかったっていうのはやっぱり有利に働きますよね。

7月に強い小林悠が体調を崩していたんですが、完全復活っていう報道がありますね。これは大きい!さらに、阿部浩之が負傷で欠場して、長谷川竜也が先発する可能性が高そうですね。

さらに現在J1では4連勝中。引き分けはさんでの連勝はありますが、5連勝となると2009年以来となります。これは狙いたい!勝てば2位に浮上できるチャンスもありそうです。

第12節ではホームで0-2で敗れた相手にリベンジしたいところですね。

槙野智章の口撃をマイクでとっていてもらいたいな

小林悠が、槙野智章の話をしていましたが、試合中に

「今の、ファウルじゃなくなかった?」

とかよく話しかけられるらしい(笑)

小林悠は

「うまくシカトしながら(笑い)。彼の雰囲気に持っていかれないようにしないと」

って言っていました。プロ野球で言う野村克也みたいなことするなぁ。

こういう選手は憎めないからすごい好きです。日本代表でも槙野智章のムードメーカーっぷりがよく報道されていますが、こういう話は面白いよねぇ。槙野智章のいるチームは何時も楽しそうな雰囲気になってるイメージ。

攻撃参加もうまいし、守備の選手としては日本代表に選ばれる選手の一人だと思うし、他チームのサポーターからはなぜか嫌われやすいけど、いい選手だと思うよ、ほんと。

ファブリシオにも天皇杯決勝のリベンジしたい!

サンフレッチェ広島相手に4-1で勝利した浦和レッズですからかなり怖いですよね。

そして、サンフレッチェ広島戦で、新加入のファブリシオが初ゴールを決めています。しかも2-0で川崎フロンターレに勝った印象も残っているだろうから、かなり怖い相手なのは間違いないです。

天皇杯決勝で鹿島アントラーズに敗戦した川崎フロンターレの息の根を止めたのが延長のファブリシオのゴールでした。そのゴールがポルトガルに移籍する前のラストゴールでしたよね。

あの吹田での最後のゴールは本当に悔しいものでしたよね。そのファブリシオにリベンジするチャンスが訪れました!勝ちましょう!

さらにセットプレーは今の浦和にとって非常に大きな武器ですからね。そこでファブリシオは怖いですよね…。あの天皇杯の決勝でもCKのクリアがもっとしっかりとされてれば、ファブリシオのゴールはなかったかもしれませんしね。

ファブリシオは中島翔哉がブレークした前所属ポルティモネンセでは2017ー18シーズンに15得点を決め、ポルトガルリーグの得点ランク4位でしたからね…。

この選手をどうやって止めるか、っていうのは大きなポイントになりそうです。

J1での優勝を目指すためには、ここで負けるわけには行きません!しっかりと勝利したいですね。

J1リーグ2018前半戦を終えて川崎フロンターレは3位。想像以上に面白いJ1。