川崎フロンターレvs柏レイソル。小林悠のスーパーミドル&レイソルアカデミー出身のラルフの恩返しサヨナラ弾!

いやー、小林悠のミドルすごいわ…。

そして劇的なラルフのサヨナラ弾で久しぶりの勝利!!!ラルフー!!!最高だよー!!!もってる!!!!!!!フロンターレにはいって初のリーグ出場でゴールを決めるなんて!!素晴らしい!!

 

ベストメンバー5枚だとボール回し完璧

エンドチェンジしてのキックオフが不思議でしたが…やっぱり去年の優勝に貢献した攻撃のメンバー5枚を勝手にベストメンバーっていうけど…小林悠、中村憲剛、家長昭博、阿部浩之に大島僚太のベストメンバー5枚がボールを回している間はボールを取られる気がしない。

大久保嘉人も守備はするけど、阿部浩之、家長昭博の守備のほうが上ですよね。あと、エドゥアルド・ネットの欠場により、ボランチからの前へのボール運びは、ちょっとマイナスになったものの、守田英正の守備力の高さは素晴らしいですね。

守田がいることで最終ラインとの間の空白が少なくなっているので、FC東京戦のように裏を狙われてボールを追いかけて…っていうことがなくなっていました。裏を狙われていても、そのケアがしっかりとできているイメージ。

これは守田英正が入ったから、というよりは、1週間の間にチームでしっかりと修正してきたから、かもしれませんが。

攻撃ユニットを変えられる強さ。KANI(小林・阿部・中村+家長)の自由度。

先制を許して下げた相手にはミドルが効く

先制を許す→相手が下る→相手の真ん中が固くなる→横でのパス回しをするも崩れない→シュートも打てないまま終わる…みたいな試合を繰り返していた川崎フロンターレ。

先制を許したら負けるかも…っていう川崎フロンターレを応援していて久しぶりにネガティブになりそうだった気持ちを変えてくれたのはやっぱり小林悠。

頼りになる小林悠がすごいミドルを打ってくれました。そうそう、これこれ!!

川崎フロンターレ相手にゴールを決めて、守るようになった場合、パス回しを取りに来るというよりはボールをもたせることで、動かされるのはある程度仕方ない、として、真ん中を守ることに集中し始めます。

これはサンフレッチェ広島だったり、セレッソ大阪だったり、FC東京だったり…敗戦した試合はほとんどすべてこれでした。

そこで素人考えながら「いやいや、パス回してないで打っていこうよ!」っていうのは思っていたんですが…入りそうもないミドルを打っていくっていうのはもしかしたら違うのかもな…

って思いかけていたところでFC東京戦の中村憲剛の後半のミドル(惜しくも外れましたが)や、今日の小林悠のゴールなどでやっぱりミドルって効果的だよなー!って思わされましたよね。

相手が「川崎の攻撃はうまいけどこねくり回してくるから速効性がない」って思っているところをいかに裏をかいて攻撃できるか、っていうのが大事だと思っているのでガンガンミドルを打っていくスタイルは大賛成です。

ラルフ鈴木雄斗がJ1初出場!決勝ゴール!!

ほらほら!!ラルフ最高だよ!!!!!!!

ラルフ鈴木雄斗のキャラ爆発した新体制発表会!コメント全文書き起こし。恋人がいないクリスマスイブに訪れたプレゼント♪

そこにえ・・・・らるふ!!!エウシーニョをラルフに変えるという面白い選手交代でしたが最後の1人として、ラルフを投入。

中学校までレイソルアカデミーにいたラルフが初のJ1で出場したのが日立台っていうのは、なかなかドラマチック。たまたまかもしれないけど、鬼さんもにくい演出をしますね。

ラルフはもっと試合に絡んできても良いと思っている選手の一人で、ACLでもいきなり結果を出したように、低迷するチームの2018年のラッキーボーイになる可能性をはらんでいる選手だったんですが・・・まさかJ1リーグ初出場でラッキーボーイっぷりを発揮するとは!!

後半92分でのJ1初ゴールは恩返し弾でしたね!!長谷川竜也のクロスも最高でした!!ありがとう!!苦しんだからこそ、面白いサッカーで勝てたのは最高でした!!

劇的な勝利本当にありがとう!!

まずは、シンプルな攻撃を

今日の柏レイソル戦でもそうでしたが、シンプルなパスが、ワンタッチで通るとチャンスが増えます。特に車屋紳太郎とか、守田英正がチャンスメイクをしていた感じ。まだまだ連携は足りない部分があるけどね。去年を100とするなら、まだ65とか、70とかぐらい。

今日の試合は、前への推進力が明らかに上がっていました。これは大きい。この1週間でしっかりとチーム作りをしてくれている印象です。

鬼木監督の采配能力に疑問の声も上がっていましたが、チーム作りはうまいと思っているので…中断期間前最後のエスパルス戦も楽しみになってきました!今日の最後のゴールなんて、長谷川竜也と、鈴木雄斗を交代出場させた鬼木監督の采配ズバリだからね。

今年本当に駄目な時期には、支配している時間帯にゴールが奪えずに、攻撃力がなくなった…って言われたりもしましたが、今日の試合は、負けている時間帯もプレーに自信のなさがなかったのが大きいですよね。

逆転まで持ち込めたのは、自信から確信に変える効果を生むと思います。

川崎フロンターレのサッカーにはやっぱり自信を持つことが大事。自身を持ってサッカーを続ければ、絶対に結果はついてくるから。大丈夫。川崎フロンターレは強いから。

いやー、本当にラルフ大好き…。大好き…。

ラルフ鈴木雄斗のキャラ爆発した新体制発表会!コメント全文書き起こし。恋人がいないクリスマスイブに訪れたプレゼント♪