川崎フロンターレvsヴィセル神戸。ノエスタのハイブリッド芝を制して、今季初の3連勝へ!チーム得点1位の神戸は三田啓貴に気をつけたい。

川崎フロンターレvsヴィセル神戸は、川崎チーム得点15得点(3位)、ヴィッセル神戸はチーム得点16得点(FC東京と同点1位)と、得点力のあるチーム同士の対決になりますよね。

好調同士のチーム対決になりそうですから、わくわくしますよねー。中村憲剛休ませて、大久保嘉人が先発で、エドゥアルド・ネットの代わりに、守田英正&大島僚太っていうボランチがみれそうなのもワクワクしますね。

川崎フロンターレvsサガン鳥栖。【動画】苦悩の前半、歓喜の後半。阿部浩之ついに覚醒!

スタメンに小林悠&大島僚太が復帰?大久保嘉人先発?

鹿島アントラーズ戦から、サガン鳥栖戦までは中3日あり、その後のヴィッセル神戸戦までは中2日ということでメンバーを代えてくるだろうなーって思っています。

GK

チョン・ソンリョン

DF

エウシーニョ

奈良竜樹

谷口彰悟

車屋紳太郎

MF

大島僚太

守田英正

家長昭博

大久保嘉人

阿部浩之

FW

小林悠

 

サブ

新井章太

エドゥアルド

武岡優斗

森谷賢太郎

中村憲剛

長谷川竜也

知念慶

 

ここに森谷賢太郎も、齋藤学もいるんだよなー。控えメンバーが豪華すぎて、ベンチ入りするのも大変になっているすごいチーム…。中村憲剛は休むかなーって感じです。

エドゥアルド・ネットの怪我の状況はわかりませんが、ここで無理させる必要もないと思いますので、守田英正を先発で出して、控えに森谷賢太郎を置くことでネットの攻守での貢献をカバーできると思います。

ノエスタは、荒れたピッチからハイブリッド芝へ

川崎フロンターレにとってノエスタは、鬼門になりかけているので…ここで勝っておきたいですよね。

ノエビアスタジアム神戸はホムスタ(ホームズ)って呼ばれていた時代から含めると、2勝4分5敗(リーグでは2勝3分5敗)。もう一つのホームスタジアム神戸総合運動公園ユニバー記念競技場ではすべての公式戦で買っているんですけどね(4戦全勝)。

ノエスタでは2015年から3戦未勝利。ちなみに3年で1点も取れていません。

川崎フロンターレvsヴィッセル神戸。ノエスタの芝を言い訳にはしたくないけれど…。3年で1点も取れないとか…

ただ今季からハイブリッド芝が採用されたっていうのが川崎フロンターレのポゼッションを高めるサッカーをしていく中で有利に働く気がしますが…ヴィッセル神戸もポゼッションを高めるサッカーなんですよねー。

荒れた芝がなくなってきて、ピッチ状態が良くなってきた結果、もともとの実力が高かったヴィッセル神戸のメンバーが躍動し始めた気がするので、その点では芝が良くなったことは、川崎フロンターレにとってだけではなく、ヴィッセル神戸にとってもプラスに働いているんでしょうねー。

去年の大島僚太の怪我を思い出すと、芝直ったのは嬉しいなぁ…。

J1、J2順位予想と、第10節終了時点での差を見てみる。

ヴィッセルの起点は、三田啓貴!仙台から来てよかったね。

鹿島アントラーズにドローで終わった前節ですが、ポドルスキばっかり注目されていた昨季とは違って、三田啓貴がいまいますからね。J1リーグ第10節のアウェイ鹿島アントラーズ戦では、三田啓貴は先制点を決めています。

三田はベガルタ仙台から今シーズンから加入。FC東京に戻るっていう話もあったんですが、ヴィッセル神戸を選びましたね。

「神戸の関係者から絶対に後悔させないと言われて…」

って言われたとのことで…第10節までの結果を見るとその言葉も嘘ではなかったんだろうなー。Jリーグでもトップクラスのボランチの1人だと思っています。

神戸では最初はチーム事情から、右サイドハーフで起用されましたが、第3節の古巣ベガルタ仙台戦でボランチで先発。古巣相手に気合が入りすぎて空回りしていましたよね。

だんだん良くなってきたのは…ベガルタ仙台戦のあとぐらいからですかね。良くなってきたというか、本来の三田に戻ってきた感じです。三田は仙台の頃からそうですが…一つ一つのプレーに無駄がないし、精度が高いし、視野が広いんですよね。

サッカーIQも含めて、すべての能力が高い選手だと思っています。ポドルスキ以上に警戒すべきは三田でしょ。あと大槻も怖い。組長じゃない方の大槻w

ハードワークと、球際の強さで3連勝へ

川崎フロンターレは鹿島アントラーズ戦、サガン鳥栖戦と点数も複数取れるようになり、2連勝しています。

その要因は、間違いなく、昨年優勝のポイントになったハードワークと球際の強さですよね。そこが復活してきたからこそ、強さを魅せれるようになってきた感じです。まだまだ攻撃力は去年に比べると怖さが少ない気がしますが…結果が出てくることで強くなってくるっていうのはあると思います。

勝つことで自信が生まれて、自信が生まれば勝てるようになる…その繰り返しだと思うんですよね。フィニッシュに誰がいてもOK、どこからでも点が取れる、そんなチームであれば相手のマークも緩むと思うので得点機は増えると思います。

川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ試合結果!憲剛&嘉人12度目のアベック弾で不敗神話継続!小宮山引退セレモニー!

小林悠の2戦連発、大久保嘉人の爆発を期待!

そろそろ得点王争いにはいってきて欲しいなー。小林悠と、大久保嘉人。二人が先発して、天を取りまくるチームにそろそろなってきてほしい。

大島僚太と、小林悠が復活したし、先発メンバーが豪華になるのは間違いないかなと。大島僚太という起点ができて、チームの攻撃力は活性化すると思います。

川崎フロンターレでは9人が得点を挙げていて、ヴィッセル神戸は11人が得点を決めているという状況なので、攻撃力ほこ×ほこ対決になりそう。

J1得点王ランキングトップ10に川崎フロンターレの選手がいない。得点者がバラバラな証拠ですね。

鬼木達監督

「みんなが点を取れるのは止めどころがなくなる。それプラス取るべき選手がもっともっと取れる状態を作るのが大事」

って言っていましたね。

そろそろ大久保嘉人や、小林悠が量産モードになってきてくれないかなー。小林悠、大久保嘉人が複数得点して、後半の途中から出てくるであろう知念慶が点をとってくれたら、どんどんチーム内の競争が激化すると思うので…攻撃力の爆発を望みます。

あの変なゴールパフォーマンスだけはやめてほしいけどw

川崎フロンターレvsサガン鳥栖。【動画】苦悩の前半、歓喜の後半。阿部浩之ついに覚醒!