SHISHAMO新曲『水色の日々』の歌詞は?川崎フロンターレの色を感じさせますよね…。

SHISHAMOの新曲『水色の日々』が3月21日にリリースされました。

2018年第一弾シングル『水色の日々』は、カルピスウォーターのCMソングとして起用されています。

カルピスウォーターのCM書き下ろしっていうことで、さわやかな曲になりましたね。

SHISHAMOの新曲『水色の日々』は念願のカルピスウォーターの曲

SHISHAMOの新曲『水色の日々』公式youtube

カルピスウォーターCM公式youtube

「大・卒業」編 30秒 永野芽郁

カルピスウォーターCMメイキング

CMももう何回かみていますし、メイキング観るだけでそわそわする感じの曲ですよねぇ。

SHISHAMO新曲『水色の日々』の歌詞はまんま卒業ソングだ…

レミオロメンの『3月9日』が卒業ソング1位になったりしていますが、あれはもともと友達の結婚式のために作った曲でしたよね。
それに引き換え、このSHISHAMO新曲『水色の日々』の歌詞はどストレートな卒業ソング。

特に女子高生同士の友情を描いている歌詞になっています。

歌詞はAメロから、

「変な顔して写った写真も
授業中にこっそり交換したメモ書きも
いつか大人になった時に懐かしく思うのかな」

ですからね…。これは卒業する女子高生ドンピシャでしょ。で、宮崎朝子がうまいのは、歌詞に普遍性を持たせるところですよね。

今年卒業した2018年の女子高生も、1990年代の女子高生も、2000年代の女子高生も、2010年代の女子高生も【変な顔して写った写真】は持っているだろうし、【こっそり交換したメモ書き】を持っていると思うんですよね。

そう考えると、これを聞いた人たちは「あ、ここにいるのは私だ。」って思って聞けるようになるはず。それを曲のスタートであるAメロにもってくるところがさすが、宮崎朝子。
この歌詞を読みながら自分の学生時代を振り返れば、今の女子高生も、過去女子高生だった人も、ドンピシャで過去に戻れる、そんな普遍性を歌詞に載せられるのは強い。共感ほど、響くものはないはずなので…。
SHISHAMOが若者に人気があるはずだよなーと改めて感じます。

サビでは

「お願い時間よ止まって
私まだ大人になるのが怖いから
この水色の日々が色褪せるのが怖いの」

と言いつつ、それが叶わないと知っているから、

「だからいつでも思い出せるように焼き付けたいの
今日だけは泣いたって良いでしょう?」

とサビを終わらせています。

「時間が止まってほしい、大人になりたくない、色褪せたくない」と願いつつ、それが叶わないと知っているから、「焼き付けたい、今日は泣かせて」と曲を締めるわけです。

この無理な願いって、どうしても言ってしまうよなぁ…。時間が止まればいいのにって思えるだけの素晴らしい『水色の日々』を過ごせた人たちは幸せですよね。

『水色の日々』は川崎フロンターレのことだと思ってしまうフロサポ

『明日も』もそうでしたが、『水色の日々』もやっぱりフロンターレカラーの水色を感じちゃいますよね。

歌詞的には完全に卒業ソングで、2番とかは怖かった先生の話とか、クラスメイトとか書いてあるので、全然フロンターレソングではありません(笑)
でもフロンターレらしさを探してしまったのは俺だけではないと思いますw

収録曲は全曲タイアップ付き

SHISHAMO、2018年の第一弾作品にして、デビュー以来の念願が叶ったニューシングル「水色の日々」。
より自由に、より音楽的に、その可能性を花開かせた珠玉の3曲。

紅白歌合戦初出場を経ての2018年第一弾は、「カルピスウォーターのCMソングを担当したい」というデビュー前から抱き続けてきた願いが叶った、2018年「カルピスウォーター」大・卒業編 CMソング『水色の日々』、 「ダイナミックJTB」CMソング『ドキドキ』、「三井住友 Apple Pay」CMソング『ロマンチックに恋して』と、 収録曲3曲すべてがCMソングに抜擢されたトリプル・タイアップ・シングルとなっています。

『水色の日々』【収録曲】
1. 水色の日々(2018年「カルピスウォーター」大・卒業編 CMソング)
2. ドキドキ(ダイナミックJTB CMソング)
3. ロマンチックに恋して(三井住友カード Apple Pay CMソング)

ジャケットのイラストは今回も宮崎朝子(G, Vo)が担当しています。すごい可愛い。

CMに出演しちている永野芽郁さんはいつでもかわいい…。

『帝一の國』でのエンディングのダンスは大好きすぎて、俺のPCに保存してあります…。

これね↓

『恋する』が『カルピス』だったころからの夢がついにかなったこのシングル。

絶対買いましょうね。