川崎フロンターレ奈良竜樹のプレースタイル、性格は?保有するJリーグ記録?怪我を乗り越え日本代表へ!結婚した奥様はまさかの?

大島僚太を筆頭に…大人しいイメージの選手が多いのが今の川崎フロンターレ(プレー中はおとなしい選手少ないですけどね)。でも、その中では珍しく?闘志を前面に押し出したプレースタイルがウリの若手CBが、奈良竜樹です。
荒々しい性格なのに、普段はちょっと寡黙というギャップの塊、奈良竜樹。

そんな奈良竜樹につていまとめていきたいと思います。

奈良竜樹のプロフィールは?

奈良竜樹(ならたつき)
1993年9月19日生まれ。
北海道北見市出身。

ポジションはディフェンダーで主にセンターバックを主戦場としています。

北海道北見って言ったらハッカですね。

俺が世界一好きなハッカ飴が北見のハッカ飴。

奈良竜樹は7歳の時にサッカーを始めます。すぐに空中戦の強さを見込まれて、北見市立小泉中学校2年生時にセンターバックへ転向すると、ずっとCBみたいですね。

コンサドーレ札幌(ユースからプロ入り後)

2009年にコンサドーレ札幌U-18に入団し、2011年(高校3年生時)にはU-18プレミアリーグイーストでチームの初優勝に貢献。
2011年は併行して2種登録選手としてトップチームに帯同して、10月8日天皇杯2回戦水戸戦でトップチームでの公式戦初出場。

1学年上のDF櫛引一紀(現在名古屋グランパス)の代表招集による不在の穴を埋める形で、2011月10月26日には、J2第7節徳島ヴォルティス戦に先発出場すると、以降櫛引の復帰後もポジションを譲らずに、最終節まで全試合に先発出場して、コンサドーレ札幌のJ1昇格に貢献しました。

2種選手ながらリーグ戦7試合出場は立派ですよね。

2012年には、コンサドーレ札幌U-18同期の荒野拓馬(北海道コンサドーレ札幌)、小山内貴哉(ラインメール青森)、榊翔太(栃木SC。本田圭佑がオーナーのSVホルンに行ってたよね?)、前貴之(レノファ山口)と共にトップチームへ昇格。

たった6年だけど…荒野だけしか、コンサドーレ札幌に残らず、他の選手は移籍してるんだなー。ユース昇格で残り続けるって大変だよね。この5人はゴン中山がデジっちで披露したGON44のメンバーですw

2012年のJ1開幕戦のジュビロ磐田戦でJ1での先発初出場。
2012年4月には7月に開催されるロンドンオリンピックに臨むU-23日本代表候補合宿に飛び級で招集されました。
2012年11月にはU-19日本代表に招集されAFC U-19選手権に出場。
2012年11月17日J1第32節サガン鳥栖戦で古田寛幸の右からのコーナーキックを頭で合わせて、プロ初ゴール。

札幌としてはJ1残留ならずにJ2降格を喫したものの奈良竜樹は22試合出場1ゴールと19歳ながらチームの中心選手へと成長しました。

2013年末、2016年開催のリオデジャネイロオリンピックを目指す日本代表が組織され、奈良もメンバー入り。
2014年1月にはU-21日本代表としてAFC U-22アジアカップに出場。
2014年のリーグ戦では自己最多の39試合に出場し、主に左ストッパーに入りタックル数及びボール奪取数でチーム最多を記録しい、終盤には3バックの中央で守備の統率を担うなど、大活躍。

FC東京時代

守備の要として成長しつつも、オリンピック代表メンバーに残るための危機感を強く持った奈良竜樹はJ1でのプレーを希望し、残留要請を断り、FC東京へ移籍します。

2015年、FC東京へ期限付き移籍。激しいポジション争いを求めての移籍でしたが、森重真人や丸山祐市らから定位置を奪えずに、試合出場からは遠ざかります。
森重・丸山が日本代表招集により不在の間のカップ戦で出場しつつも同年限りで退団。

川崎フロンターレ時代

2016年1月、J1で戦う川崎フロンターレへ完全移籍。
2016年1月開催のAFC U-23選手権では手倉森誠監督や霜田正浩技術委員長にも認められる働きでオリンピック出場権獲得に貢献。
川崎のレギュラーに定着し、激しい守備でチームの原動力の一人となっていたが、2016年5月のJ1-1st第12節ヴィッセル神戸戦で左脛骨を骨折すると必死のリハビリもかなわず…オリンピック本大会には出場を断念。
苦しいシーズンとなりました。

しかし、復活をかけた翌年奈良竜樹はエドゥアルドからポジションを奪って初のJ1制覇。そのレギュラーとして大きく貢献してくれました。

奈良竜樹のプレースタイル・性格は?

奈良竜樹のプレースタイルを語るうえで、「対人の強さ」と、「激しい守備」はよく言われますが、それ以上にうまいなーと思っているのは実は「果敢なラインコントロール」なんですけどね。
そこらへんは谷口彰悟と一緒にプレーしている機会が多い中で、学んでいる部分だと思うし、鬼木達監督からも再三要求されているところだと思います。
さらに、監督の期待に、監督のやりたいことに応えてサッカーをすること、というのを不遇のFC東京時代に学んだと奈良竜樹はインタビューで答えていて、それが風間八宏、鬼木達のサッカーと合ったことで開花した感じもしています。

ただ、プレー中の言動で問題を起こすことも多いイメージがあって、どうしてもダーティーなイメージがあるのも事実。ファウルも多い選手の筆頭ですし、相手選手とのもめ事も多いイメージが…。相方が谷口彰悟っていうイメージよすぎる選手なのもかわいそうだけどね(笑)

足はそこまで速くないイメージですが、空中戦も強いし、イメージ以上にクレバーで頭のいい選手なので、熱くなりすぎるところと、余計なファウル、試合中にたまにあるパスミス、ポジショニングミスさえなくなれば日本代表CBになってもおかしくない選手だと思います。

順当に成長していったとするなら、海外移籍しても驚かないプレイヤーの一人です。

性格は荒々しいイメージがどうしてもありますが、試合以外に練習場等で見かけたり、インタビューで見ると、ちょっとおちゃめで1対1で話すと普通の若者って感じですよね。明るい。ファンサも丁寧な印象。

奈良竜樹の持っているJリーグ記録

コンサドーレ札幌時代にJリーグ最速記録持っているの知っています?これあんまり知られていないと思うんですが…最速出場記録持っているんですよ。
2012年3月10日のJ1第1節ジュビロ磐田戦出場は、1993年5月15日のJリーグ開幕以降に生まれた選手としては初めてのJ1出場。

つまり、Jリーグ開幕後に生まれた選手として一番早くJ1に出場した選手は奈良竜樹なんです。これJリーグが続く限り一生消えない、一生誰にも塗り替えられない記録ですからね。そう考えると素晴らしいタイミングで出場しているよね。

こちらはコンサドーレ札幌としての記録ですが、2012年春、早稲田大学人間科学部eスクール健康福祉科学科に入学しましたが、多くのJリーガーが籍を置いたものの、コンサドーレ札幌所属の選手としては初の入学となりました。

奈良竜樹と奥様との出会いは?結婚・入籍早かった

2014年11月に結婚したことが発表されています。

相手は一般女性という発表なのですが、ファイターズガールをされていた方らしいので(奥様自身が奈良竜樹と結婚したとツイッターで報告していました)、まぁ、札幌ドームの職場結婚っていう感じですね。
スポーツは違いますけど、同じ職場ですねw出会いはなんとなく想像できそう…。

奈良竜樹選手は21歳で結婚ということになり、サッカー選手ってめちゃくちゃ早く結婚するか、遅いか(しないか)がやっぱり多いよなぁ…と改めて感じます。U23代表とか見てても結構多くの選手が結婚してますもんね。

奈良竜樹は怪我を乗り越え日本代表を目指す!

センターバックとして谷口彰悟の相方をやっていて安定感を感じさせるというよりは、谷口彰悟が静なら、奈良竜樹が動みたいな感じである意味いいコンビな奈良竜樹。
オリンピックを前に奈良竜樹は怪我をしてしまって、本大会出場ならずでしたから、本当に悔しい思いをしたのを見ていますし、日本代表へ、世界へ…と羽ばたいていってほしい選手の一人ですね。
そのためにはまたエドゥアルドに奪われたCBのレギュラーを取り返さないとね!!