蔚山現代vs川崎フロンターレ試合結果。アウェイで1-2で敗戦で3連敗も…。

公式戦久しぶりの3連敗ですね。蔚山現代は強かったのもありますが、ミスからの失点がフジゼロックススーパーカップからずーーーーっと続いてるのだけは心配。

蔚山現代相手でもしっかりと守れるところは守れていたのに、守田英正と、谷口彰悟のミスが失点につながってしまったのが悲しいところですね。

マイナス中村憲剛が機能するまではまだまだ

中村憲剛がいない状況で、大久保嘉人と小林悠のフィットがまだまだだなーと感じています。

蔚山現代も強かったんですが、それでも勝てない試合じゃない…っていうのが3試合とも続いてるんですよねー。あと少しでセレッソ大阪にも、上海上港にも、蔚山現代にも勝てたはずなのに、紙一重…というには厚すぎる紙が1枚隔てている感じですよねー。

とはいえ、知念慶のゴールは素晴らしかったし、4-4-2に代えてからの攻撃の連動は面白かったですよね。敵地蔚山で、しっかりとしたサッカーができていたか?というと、厳しい部分はあって、気にあるのは攻撃と守備の距離がかなり空いてしまっているというところ。

大久保嘉人が今シーズンよく言っていますが、攻撃に自分しかいなかったっていうのが守備と攻撃の距離の開きを感じさせますよね。

ミスからの失点の減らし方がわからない

鬼木達監督もインタビューで、

「自分たちのミスからの失点なので、これは本当に直さなくちゃいけないところ。残念です。勝点1でも拾わなければならないゲームだったので」

って言っていましたね。結局はすべてミス。勝ち点1どころか勝ち点3でも拾えた試合でした。足りないところは球際の精度の部分だし、攻守においての寄せの部分だと思うんですよねー。

1失点目は無理にボールをつなごうとして相手に奪われてしまい、ミドルをきめられて、2失点目は、浮き球の処理を谷口彰悟が誤ったことで、ゴールを許しました。

フジゼロックススーパーカップから3試合とも自軍深い場所でのミスが多いですよね。どうすればいいんでしょうねー。エウシーニョと車屋紳太郎が一緒に出れていないっていうのも大きい気はしますが、誰が出ても強い状況にまだなれてはいないのかなと。

川崎フロンターレはチャレンジャー

公式戦3連敗はもう事実として仕方ないし、3戦合計で3得点6失点というのは修正すべきところでしょうね。ただ、自信を無くしては川崎フロンターレらしいサッカーにはなりません。

川崎フロンターレは去年優勝しましたが、ずっとチャレンジャー。まだ1つのタイトルを取っただけです。これからもたくさんのタイトルを積み上げて強くなるためには、常に面白いサッカーでボールを握り続けるしかないとおもいます。

これは慢心からくるミスの部分もあると思いますが、面白い攻撃を、面白い守備を、面白いサッカーをするための生みの苦しみだと思いたいですね。

結局川崎フロンターレのサッカーには自信が必要で、ミスが続いたからと言って自信をなくしては本末転倒です!しっかりと自信を持ってジュビロ磐田戦に臨んでもらいましょう。

まだ何一つ失ってないからね。あきらめるのはまだはやいよ。