フジゼロックススーパーカップは川崎フロンターレ2-3セレッソ大阪で敗戦。取れるタイトルすべてのシルバーとらんでも…

2018年3月8日

KDDI総合通販サイトWowma!

セレッソ大阪の完成度すごかったなぁ。あんなのシーズン途中の仕上がってきたぐらいのレベルだよね。すごいチーム作ってるよ…。

川崎フロンターレにとってはまた埼玉スタジアムでの嫌な思い出が積み上がり、セレッソ大阪にとってはすべてのタイトルをまた埼玉スタジアムで獲得したということになりましたね…。

川崎フロンターレのスタメンは?

GK

チョン・ソンリョン



DF

田坂祐介

奈良竜樹

谷口彰悟

車屋紳太郎



MF

エドゥアルド・ネット

森谷賢太郎

中村憲剛

家長昭博

阿部浩之



FW

小林悠



サブ

新井章太

登里享平

大島僚太

長谷川竜也

守田英正

知念慶

大久保嘉人

間に合わないかと思っていた家長昭博、エドゥアルド・ネットが間に合ってたことで想像以上に完成度の高いスタメンになっていた気がします。去年でもこのスタメンで闘っててもおかしくないレベルのメンバーでしたね。

そしてサブ組には、何とか間に合った大島僚太、さらに復帰した大久保嘉人、そして嘉人以外の新加入組で1番最初にメンバー入りしたのは守田英正でした。

セレッソの完成度に苦しみましたね…

ルヴァンカップの再現にはならなくて良かったなーっていう感じですかねー。セレッソ大阪は強かった。

小林悠も言っていましたが、ピッチコンディションが川崎フロンターレのパスサッカーには厳し感じだったみたいですが…まぁ、それも言い訳になりますよね。セレッソのほうが完成度高かったし、強かった。

「まず、ボールがあまり走らなかった」

「普段だと間にスパンと入れられるんですけど、強いボール蹴ろうとすると浮いちゃったりして。縦パスがやっぱり少なかったと思いますね。ボールが走れば締められててもピタッと入れられるんですけど、そこが一番気を使うところだったなと、みんな言ってました」

そして前半はほとんど小林悠にパスが回らずに孤軍奮闘な感じでした。それは本人も

「だいぶ孤立してましたし、相手のブロックの前で回すしかなくて。前線に人数掛けられてなかったので、前半はだいぶやりづらさはありましたね」

と言っていました。

セレッソ大阪の攻撃の時間が長く続く中ついに均衡が破られます。前半26分、右サイドから上がってきて山村が中央へパス、健勇がボールを落としたところに山口蛍!で先制。本当にきれいな崩しからのゴールで、今シーズンこういうゴールが多いんだろうなーという想像ができるいいゴールでした。前半はちぐはぐな攻撃、守備が続いた感じで終了。

スポンサーリンク

後半頭から大島僚太と川崎の嘉人

後半頭から森谷賢太郎に代えて大島僚太、中村憲剛に代えて大久保嘉人がはいるという今季これからたくさん見るであろう交代でしたねー。嘉人と憲剛を同時に出すのか、別々に出すのか、それで攻撃のパターンが増えていくだろうし、このレベルの選手がベンチにいるというのが面白い。

ただ後半開始早々の3分のところで清武が、ソンリョン相手にめちゃくちゃきれいなゴールをたたき込んで2-0となったところで「あー、またここで負けるのかー」って思ってからが面白い試合だった気がします。

今日の一番の見どころは車屋紳太郎が倒されてPKをゲットした後に小林悠がボールを手放さなかったところでしたね。大久保嘉人がいようと、俺がける!っていうのが感じられて楽しかったし、大久保嘉人は大久保嘉人で1-3でのビハインドでも最後まで諦めずに走り続けて、アディショナルタイムに2016年までよく見ていた素晴らしい崩しからのゴール!これを見たかった!って感じでしたね。

PKを誰がけるのか、っていうところと、大久保嘉人の連動性はどうなのか、この2つは今シーズン気になっていた点なので、そこが解決した感じでちょっとわくわくしました。

守田英正は素晴らしかった

新人らしからぬという言葉がぴったりな落ち着き具合でしたね。田坂祐介の代わりに右サイドバックに入ると、守備では相手の攻撃の芽をしっかりと摘み、ビルドアップもうまく、パスもうまいし、シュートまで2本も打つという…新人の公式戦初試合としては100点満点に近い出来だったのではないでしょうか。

得に素晴らしいと思ったのはパスを出した後に、自分の体を置くべきところをしっかりとわかっているところですね。あれはすごい。サッカーIQの高い人ばっかりフロンターレは取るイメージでしたけど、期待以上の選手でしたね。

大学時代のサッカーも見ていて、好きな選手だったので、ホームは守田英正で行こうかなって書きましたが…ホームのユニフォームはやっぱり25守田英正で行きます。あれはすごい。

エウシーニョがいない間は守田英正が右サイドバックのレギュラーでもおかしくないと思います。

スポンサーリンク

課題がたくさん見つかったことが大きい

大久保嘉人も言っていましたが

「課題はいっぱい見つかった。でもACLもすぐに始まるし、短い期間で調整して最後によかったねと思えるようになればいい。ここで負けたからといって、落ち込む必要はない」

ということで、落ち込んでいる暇はありません。しあさってにはもうACLですからね。

小林悠と、大久保嘉人が一緒に出ていると、攻撃のパターンが増えていましたし、楽しいサッカーが見れそうだなと。

去年に比べると、守備力は厳しいところはあります。簡単な失点が多いのも大きいので、その点を修正してほしいなぁ。鬼木監督も「全員が守備に戻る意識や粘り強さが足りない」ってキャンプ中から危惧していたものが、ゼロックススーパーカップの本番で出てきてしまいましたね…

谷口彰悟が「誰がどの相手にマークに行くのかはっきりしていない」って言っていたのがちょっと心配ですが、上海上港(中国)をホームに迎えて行われるACLではその点をしっかりと修正してもらって、ちょっとしたミスを減らしていってもらいたいですね。すべての失点がちょっとしたミスからですので…。

シルバーが増え…天皇杯王者が10年ぶりのゼロックス制覇

セレッソ大阪の完成度の高さはすごいね。何度でも言うけど、まだ2月頭だよ?そのレベルじゃないよ。得失点は2-3だけどそれ以上の完成度の差を感じました。

ルヴァンカップの決勝では川崎フロンターレのほうが完成度の高いサッカーでも、セレッソのゴールをこじ開けることができずに敗戦した感じですが、今回は完敗でしたね。

Jリーグ王者が9連勝していたこのフジゼロックススーパーカップ。10年ぶりの天皇杯王者が優勝するという屈辱で取れるタイトルすべてのシルバーを獲得することになった川崎フロンターレ…あとはACLのシルバーだけが足りない…って冗談が言いたくなる試合でしたね。

ただ、この失敗はACLで晴らせるっていうのは大きいし、完成度が2月の頭に低いのは正直言って当たり前だと思うので、ここからはじめましょう。大丈夫、川崎フロンターレのサッカーは面白いよ!強いよ!ACLにつなげましょう!

 

【広告】Jリーグユニフォームは加茂で注文!

スポーツショップ加茂の公式サイトはこちら

▼▼▼▼▼▼

【サッカーショップKAMO】Jリーグ特集