Jリーグ王者は必ずホーム開幕って本当?過去の開幕戦の場所と戦績。浦和レッズは最強のチャレンジャー?

2018年の川崎フロンターレの開幕戦がそろそろ発表になります。そこでなんとなくまことしやかに噂されている、「ホーム開幕」の噂。

Jリーグ王者は興行収入が保たれるし、敬意をあらわすために必ずホーム開幕、というのがそのもっともらしい理由ですが、これってホント?だとしたら等々力開幕?って思って調べてみました!過去の王者の翌年の開幕ゲーム!

そしてついでなので、王者の開幕戦の勝敗も調べてみましたよ!

Jリーグタイトル歴代王者について調べてみました。今まで何チームが取ってるのか。

Jリーグ王者の翌年は必ずホーム開幕?

1993年王者ヴェルディ川崎から、2017年王者の川崎フロンターレまで、25回のJリーグ王者が誕生しています。

ちなみに過去王者になった経験のあるチームは、

ヴェルディ川崎

浦和レッズ

鹿島アントラーズ

柏レイソル

川崎フロンターレ

ガンバ大阪

サンフレッチェ広島

ジュビロ磐田

名古屋グランパス

横浜Fマリノス

の10チームしかありません。ここに入れたのうれしいですね。

 

川崎フロンターレ2017年4大タイトル全得点者ランキング!長谷川竜也は、小林悠、阿部浩之を超えた!?

 

さて、前年度優勝チームとその翌年の開幕戦をまとめます。

1993年…ヴェルディ川崎

1994年3月12日

ヴェルディ川崎 5-1 ベルマーレ平塚

国立競技場(ホーム)

 

王者が圧勝していますね。

1994年…ヴェルディ川崎

199年3月18日

ヴェルディ川崎 0-0(PK7-6) ベルマーレ平塚

国立競技場(ホーム)

 

2年連続同カードだったんですね。

1995年…横浜マリノス

1996年3月16日

横浜マリノス 1-2 ガンバ大阪

三ツ沢スタジアム(ホーム)

 

ホームは変わらずですが、王者敗戦していますね。

1996年…鹿島アントラーズ

1997年4月12日

鹿島アントラーズ 5-2 ヴィッセル神戸

カシマスタジアム(ホーム)

 

この年、富士通サッカー部から、川崎フロンターレが誕生。1997年4月20日に開幕したJFLに初参戦し、ジャトコと対戦して4-0で勝利しています。

1997年…ジュビロ磐田

1998年3月21日

ジュビロ磐田 2-0 京都パープルサンガ

ジュビロ磐田スタジアム(ホーム)

 

1998年は博多の森の悲劇があった年なのでまだまだフロンターレはJFL。

1998年…鹿島アントラーズ

1999年3月6日

鹿島アントラーズ 4-0 ジェフ千葉

国立競技場(ホーム)

 

国立競技場での鹿島ホームゲーム。

1999年…ジュビロ磐田

2000年3月11日

ジュビロ磐田 0-1(延長V) 柏レイソル

ジュビロ磐田スタジアム(ホーム)

 

延長Vゴールって懐かしい響き!

2000年…鹿島アントラーズ

2001年3月10日

鹿島アントラーズ 2-1 サンフレッチェ広島

国立競技場(ホーム)

 

国立競技場でなんでやるんだろうね?カシマスタジアムではやらないのかな?

2001年…鹿島アントラーズ

2002年3月2日

FC東京 2-4 鹿島アントラーズ

味の素スタジアム(アウェイ)

 

Jリーグ王者の開幕戦の中では、初のアウェイ開幕戦ですね。やっぱりアウェイ開幕もあるんだな…。

2002年…ジュビロ磐田

2003年3月21日

ジュビロ磐田 2-4 横浜Fマリノス

エコパスタジアム(ホーム)

 

エコパでの開幕だったのね。

2003年…横浜Fマリノス

2004年3月13日

横浜Fマリノス 1-1 浦和レッズ

横浜国際スタジアム(ホーム)

 

2004年は川崎フロンターレJ2優勝しましたね。

2004年…横浜Fマリノス

2005年3月5日

横浜Fマリノス 0-1 ジュビロ磐田

日産スタジアム(ホーム)

 

川崎フロンターレがJ1定着することになった2005年シーズンで、開幕戦はアウェイで柏レイソルと1-1で引分ました。

2005年…ガンバ大阪

2006年3月4日

ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ

万博記念競技場(ホーム)

 

この対戦が結局2006年1位(浦和レッズ)、2位(ガンバ大阪)でしたね。

2006年…浦和レッズ

2007年3月3日

浦和レッズ 2-1 横浜Fマリノス

埼玉スタジアム(ホーム)

 

浦和初優勝後の開幕戦で、しっかりと勝利。

2007年…鹿島アントラーズ

2008年3月8日

鹿島アントラーズ 4-0 コンサドーレ札幌

カシマスタジアム(ホーム)

 

鹿島は本当に開幕戦強い。王者って感じですね。

2008年…鹿島アントラーズ

2009年3月7日

鹿島アントラーズ 2-0 浦和レッズ

カシマスタジアム(ホーム)

 

鹿島は優勝後の開幕戦強すぎる…。

2009年…鹿島アントラーズ

2010年3月6日

鹿島アントラーズ 2-0 浦和レッズ

カシマスタジアム(ホーム)

 

2年連続同じカードで、2-0とスコアまで同じ。鹿島が強いっていうのは変わってない。

2010年…名古屋グランパス

2011年3月5日

名古屋グランパス 1-1 横浜Fマリノス

豊田スタジアム(ホーム)

 

名古屋グランパス初優勝後の2011年。震災もあってサッカーがあるのがうれしい年でしたね。

2011年…柏レイソル

2012年3月11日

柏レイソル 3-3 横浜Fマリノス

日立柏サッカースタジアム(ホーム)

 

震災からちょうど1年後に開幕しましたね。

2012年…サンフレッチェ広島

2013年3月2日

サンフレッチェ広島 1-2 浦和レッズ

エディオンスタジアム(ホーム)

 

なんか浦和レッズばっかりだな。

2013年…サンフレッチェ広島

2014年3月1日

セレッソ大阪 0-1 サンフレッチェ広島

ヤンマースタジアム(アウェイ)

 

2度目のアウェイ開幕。ただ、アウェイだと王者が必ず勝っていますね。

 

2014年…ガンバ大阪

2015年3月7日

ガンバ大阪 2-2 FC東京

万博記念競技場(ホーム)

 

ガンバ大阪は2戦2引分ですね。

2015年…サンフレッチェ広島

2016年2月27日

サンフレッチェ広島 0-1 川崎フロンターレ

エディオンスタジアム(ホーム)

 

川崎フロンターレが初めて開幕戦で王者と対戦しましたが、勝利を収めています。

2016年…鹿島アントラーズ

2017年2月25日

鹿島アントラーズ 0-1 FC東京

カシマスタジアム(ホーム)

 

鹿島が初めて負けましたね。

2017年…川崎フロンターレ

さぁどうなるんでしょうか?

どうやら等々力開幕は決定っぽいけど…

対戦カードの予想もこの流れだとできそうかもね。

2018年国内サッカー日程まとめ。ロシアワールドカップもあるし、サッカーイベント今年は多いぞー!

J王者は91.6%の確率でホーム開幕

24試合中22試合がホームで行われています。アウェイで開催されたのは、2001年の王者鹿島アントラーズと、2013年の王者サンフレッチェ広島のみ。いずれも複数回王者になっているチームが日程の関係でアウェイに飛ばされている感じですね。

王者の開幕戦対戦成績

ちなみに各チームの対戦成績はというと、赤字が勝ち越しているチーム、青字が負け越しているチームで、黒字は五分五分のチームですが、勝ち越し、五分五分、負け越しが3チームずつと面白い感じで別れましたね。

ヴェルディ川崎⇒2戦2勝(ホーム2試合)

浦和レッズ⇒1戦1勝(ホーム1試合)

鹿島アントラーズ⇒8戦7勝1敗(ホーム7試合アウェイ1試合)

柏レイソル⇒1戦1分(ホーム1試合)

ガンバ大阪⇒2戦2分(ホーム2試合)

サンフレッチェ広島⇒3戦1勝2敗(ホーム2試合アウェイ1試合)

ジュビロ磐田⇒3戦1勝2敗(ホーム3試合)

名古屋グランパス⇒1戦1分(ホーム1試合)

横浜Fマリノス⇒3戦1分2敗(ホーム3試合)

トータル⇒24戦12勝5分7敗

 

やっぱり王者は強い!って感じですが、柏、ガンバ、名古屋、マリノスは王者後の開幕戦1度も勝っていないのが面白いなー。フロンターレはできれば、上位のチームに入りたいですよね。

王者は翌年ホームでの開幕戦っていう噂はほぼほぼ本当ですが、違う場合もありえます。ですが、違う2回はいずれも過去に優勝経験している場合なので、川崎フロンターレがいきなりアウェイ開幕っていうことはないのかなと。ですので、2018年の開幕戦は、等々力スタジアムで行われる確率99%ってところでしょうか。

ちなみに、J1、J2、J3各クラブのホーム節開幕カード(開催日、スタジアムのみ)は18年1月12日17時(予定)に発表されますから楽しみにしていてください。

川崎フロンターレ優勝記念雑誌発売日まとめ。Amazonリンクも付けますので予約もできますよ♪

浦和レッズは王者と対戦させられる?

王者と開幕戦で対戦しているランキングをまとめると…

 

1位…浦和レッズ5試合(1勝2分2敗)

2位…横浜Fマリノス4試合(1勝2分1敗)

3位…FC東京3試合(1勝1分1敗)

4位…ベルマーレ平塚2試合(2敗)

5位…各1試合ずつ

ジュビロ磐田・ガンバ大阪・川崎フロンターレ・柏レイソル1勝

コンサドーレ札幌・サンフレッチェ広島・ヴィッセル神戸・ジェフ千葉・セレッソ大阪・京都パープルサンガ1敗

となっています。浦和レッズが王者と対戦することが多いですね。

 

そう考えると…2018年川崎フロンターレのホーム開幕戦はまさかの…

 

vs浦和レッズ(等々力スタジアム)

 

になるのかもしれませんね!

 

川崎フロンターレ、浦和レッズに泥臭い勝利!逆転Vへ望みつなぎましたね。

 

さてこれは読者様には全く関係ないんですが…今日ずっとサイトいじりしていて、一時このサイトが読めなくなっていたりしました。

ついにHTTPから、HTTPSに変更したんですが、グーグルさんが推奨しているので、変えとこう…と思ってやったんですが、いろいろ間違ったり試行錯誤しながらやっていたので、サイトが見えない瞬間があったり、今までTwitterでつぶやいたものが見れなかったりします…。

まぁ、もう1回やっとけば今度からは問題なさそうなんでね。時間かかりましたがクリアできたっぽいので、これからまたこのブログをよろしくお願いします。

凄い疲れた…。