ACL2018の川崎フロンターレの対戦相手が決定。天皇杯王者は死の組?

さて、もう来年の話をしていこうかなと。

 

川崎フロンターレは王者として、

ACL2018に出場確定。

 

対戦相手の組合せが決まりました。

 

プレーオフが1月30日開幕、

本選の開幕は、2月12日となります。

 

来年のメンバーが確定していないので、

まだどうなるかわかりませんが、

「2チーム分のメンバーを集める」

っていうことでACL用のメンバーと、

リーグ用のメンバーをしっかり分けてほしいなぁ。

川崎フロンターレの2018年A契約は27名までOK。原則25人枠もACL出場チームは27人まで。

 

川崎フロンターレは王者としてACL2018へ!

 

川崎フロンターレがJリーグ王者として臨む、
来季のACLの組み合わせが決定しました!!

 

川崎フロンターレが望むのは、

フロンターレの“F”組になりました。

 

こういうネタっぽいのを集める運が本当にあるよねー。

 

F組から王者へ!って思うと、

わくわくするよねー。

 

3年F組!w

ゴールド会員センテー試験2017どこよりも早い全問題・全解答。問1~問10。

 

来年、2月12日から開幕する、
2018年ACLの1次リーグが開幕します。

ACL2018、F組の対戦相手は?

川崎フロンターレは

蔚山現代(韓国)

メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)

東地区プレーオフ3の勝者

と同じF組に。

 

東地区プレーオフ3は
上海上港(中国)
チェンライ・ユナイテッド(タイ)
バリ・ユナイテッド(インドネシア)
タンピネス・ローバーズ(シンガポール)
ということなので、上海上港ですかね。

 

結構強いチームがそろいましたね…。

王者としてACL出れるのはうれしいですねー。

 

AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ組み合わせ

そのほかの日本チームが参戦するグループリーグは…

ということで東地区のメンバーをまとめます。

グループE

①全北現代モータース(韓国)

②傑志(香港)

③東地区プレーオフ勝者4※

④東地区プレーオフ勝者2※

 

プレーオフ2が日本4代表なので、

ここに貼ってくる予定。

グループF

①川崎フロンターレ(日本)

②蔚山現代(韓国)

③メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)

④東地区プレーオフ勝者3※

 

メルボルンが恐いかもなー。

現代よりね。

 

あとは上海上港が上がってきそうだから、

韓国、中国、オーストラリアと強い3か国との対決になりそう。

グループG

①広州恒大(中国)

②第2代表(日本)

③済州ユナイテッド(韓国)

④ブリーラム・ユナイテッド(タイ)

 

広州恒大と、済州にブリーラム・ユナイテッドって、

強豪多すぎでしょ…

 

ここに天皇杯王者が入るんですよねー。

そう考えるとプレーオフからのほうがいいかもね。

 

浦和がここに入ってまた済州との因縁試合になったら、

すごかったけど、ほかの日本代表チームでも、

あそことは戦いたくないよなー。

グループH

①シドニーFC(オーストラリア)

②上海申花(中国)

③鹿島アントラーズ(日本)

④東地区プレーオフ勝者1※

 

シドニーと、強い方の上海。

これも結構厳しい。

 

プレーオフは、水原三星ブルーウィングス(韓国)、

イースタンSC(香港)、FLCタインホア(ベトナム)だそうなので、

順当にいけば、水原か、イースタンでしょうね。

東地区プレーオフ出場チーム

※1:水原三星ブルーウィングス(韓国)、イースタンSC(香港)、FLCタインホア(ベトナム)
※2:第4代表(日本)、ムアントン・ユナイテッド(タイ)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)
※3:上海上港(中国)、チェンライ・ユナイテッド(タイ)、バリ・ユナイテッド(インドネシア)、タンピネス・ローバーズ(シンガポール)
※4:天津権健(中国)、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、シャン・ユナイテッド(ミャンマー)、第1代表(フィリピン)

川崎フロンターレ、理学療法士(フィジオセラピスト(PT))招へいというすばらしいニュース。

日本第2代表と、第4代表はいつ決まる?

グループ分けが未定となっている日本の2チーム

(セレッソ大阪、第97回天皇杯優勝チームまたはJ1第4位チーム=柏レイソル)は、

天皇杯の結果(2018年1月1日決勝開催)により、

大会レギュレーションに基づいて決まります。

1、セレッソ大阪が天皇杯で優勝

この結果に伴い、セレッソ大阪が第2代表として本大会、

柏レイソルが第4代表としてプレーオフに出場

<グループE>柏レイソル(プレーオフに勝利した場合)
<グループG>セレッソ大阪

2、セレッソ大阪以外のチーム

(ヴィッセル神戸、横浜F・マリノス、柏レイソル)が天皇杯で優勝

<グループE>セレッソ大阪(プレーオフに勝利した場合)
<グループG>第97回天皇杯優勝チーム

 

となります。

川崎フロンターレの日程は大変

2月10日に富士ゼロックススーパーかプがあって、

そのままACLに流れ込む予定。

 

王者って大変(笑)

 

去年まで富士ゼロックススーパーカップに全く縁がなかったから、

来年不通に出れるが本当にうれしい。

 

リーグ王者が出れるんだよね…って再確認。

 

ACL本選の日程

<MD1>2月12日(月)~14日(水)

<MD2>2月19日(月)~21日(水)

<MD3>3月5日(月)~7日(水)

<MD4>3月12日(月)~14日(水)

<MD5>4月2日(月)~4日(水)

<MD6>4月16日(月)~18日(水)

というのがグループラウンド。

ノックアウトステージ ラウンド16

<第1戦>5月7日(月)~9日(水)

<第2戦>5月14日(月)~16日(水)

ぐらいまででいいかな。

 

ベスト8以降はまだ書かないでおきます。

 

来年は今年のJ1年間最多53試合を超えると思いますよ。

川崎フロンターレJ1昇格後、年間最多試合更新決定。最多2009年を抜きます。