2017年J1リーグアウェイ成績のみ順位表!アウェイで強いチームがやっぱり上位…。

コンサドーレ札幌の記事でも書いてますが、

アウェイで勝てるかどうかって、

結構大きなポイントなんですよね。

 

コンサドーレ札幌はホームで強かったから、

残留できそうですが、

他のアウェイに苦しんだチームは軒並み崩れている印象です。

2017アウェイランキング

左側の順位がアウェイゲームでのランキング、

カッコ内の順位が総合でのランキング。

 

1位:鹿島アントラーズ(1位)

16戦12勝1分3敗31得点19失点
勝点:37

ホームでもアウェイでも両方強い。

2位:柏レイソル(4位)

16戦9勝4分3敗24得点15失点
勝点:31

意外にも日立台で最強なわけではなかったんですね。

3位:川崎フロンターレ(2位)

16戦8勝5分3敗26得点15失点
勝点:29

フロンターレは、ホームでもアウェイでも強い。

っていうかそうじゃなかったからあの順位には行けないよね。

順当ですね。

4位:ジュビロ磐田(6位)

15戦7勝5分3敗23得点10失点
勝点:26

ホームよりアウェイの方が得意なんですね。

5位:ヴィッセル神戸(8位)

16戦8勝2分6敗20得点21失点
勝点:26

ヴィッセルも同じくアウェイの方が得意。

6位:ガンバ大阪(10位)

15戦7勝4分4敗26得点23失点
勝点:25

吹田本当に苦手なんだな…

7位:浦和レッズ(7位)

17戦7勝2分8敗25得点25失点
勝点:23

どっちも同じぐらい。

8位:横浜F・マリノス(5位)

15戦7勝1分7敗16得点17失点
勝点:22

ここぐらいからホームの方が強くなるね。

9位:セレッソ大阪(3位)

15戦6勝3分6敗24得点24失点
勝点:21

圧倒的にホーム強い!ホーム強い!

ルヴァンの決勝もホーム相当だったもんな…

(関係ないorz)

10位:清水エスパルス(14位)

16戦4勝8分4敗17得点17失点
勝点:20

アウェイの方が強いんだね。

11位:ベガルタ仙台(12位)

16戦5勝4分7敗20得点27失点
勝点:19

同じぐらいの中位感。

12位:FC東京(11位)

15戦5勝3分7敗17得点21失点
勝点:18

同じぐらいの中位感。

13位:サンフレッチェ広島(16位)

15戦4勝3分8敗17得点23失点
勝点:15

圧倒的にホームに弱いから、

スタジアム作ろう!w

14位:サガン鳥栖(9位)

16戦2勝7分7敗14得点23失点
勝点:13

圧倒的にホーム強いね。でも中位感。

15位:アルビレックス新潟(18位)

16戦2勝6分8敗14得点27失点
勝点:12

今年はアウェイの方が強いんだよね。

あの川崎フロンターレにとって鬼門のホームで負けてる。

16位:ヴァンフォーレ甲府(15位)

15戦2勝4分9敗8得点22失点
勝点:10

どっちもどっち。

17位:大宮アルディージャ(17位)

15戦2勝3分10敗14得点30失点
勝点:9

どっちも弱いのね・・・

18位:北海道コンサドーレ札幌(13位)

15戦1勝3分11敗12得点29失点
勝点:6

FC東京相手に1勝したのは最近。

その試合生で見ていました…。

FC東京側で。

 

※試合数が15試合と16試合に分かれているので公平性はないです。

 

内弁慶セレッソ大阪が印象的

ここが一番目立ちますが、

3位セレッソ大阪は、

今季のアウェイでの成績は

15戦6勝3分6敗とほぼイーブンで、

アウェイであげた勝ち点21は、全18チームの中で9位。

 

ホームに強い印象ですが、

数字にも出ていますよね。

 

コンサドーレ札幌は、

ホームでは16戦8勝4分4敗で、

その成績は6位タイになるんですよね。

 

アウェイに弱いのは、

移動距離…ってコンサドーレだけなら言えるんですが、

セレッソはわからないですねぇ。

ちなみに、鹿島はぶっちぎり

ホームもアウェイも両方とも強いチームがやっぱり上位になりますが、

総合で首位を走る鹿島アントラーズのホームは、

16戦11勝0分5敗と3位タイ。

アウェイであげた勝点37はぶっちぎり。

 

2位の柏レイソルに勝ち点6差。

敵地での勝負強いっていうのは、

上位に来るのに大事だよねぇ。

 

というまとめでした。