鎖骨スポンサーOKに?Jリーグのユニフォームが変わる!

Jリーグが発表したんですが、

2018年シーズンとなる来季から各クラブのユニホームに

“鎖骨スポンサー”をつけることを許可する方針を固めました。

 

2017年の春から実行委員会を通じて議論が行われていたんですが、

関係者によれば、大筋でまとまったらしいです。

 

これはいいことですねー。

 

鎖骨スポンサーのメリットとデメリットをまとめます。

 

川崎フロンターレのお得意様と、苦手な相手。過去の全対戦成績から振り返ります。

 

メリットはスポンサー収入の増加!

早ければ11月にも発表されるらしいですが、

契約料は各クラブの設定により異なるらしいです。

 

前面に名前を載せることができるので、

位置づけとしては「胸スポンサー」の次なんでしょうね。

 

そうすると、最も契約金額の高い胸スポンサーの次ぐらいの値段設定をできるから、

広告収入としては大幅増収が期待できますね。

 

以前から、J1だけでなくJ2やJ3のクラブからも要望が上がっていて、

広告収入がそこまで多くないチームにとっては間違いなくプラスに働きますよね。

 

新井章太は移籍すれば年俸UP、正GKだろうに…川崎を愛してる選手ですよね!

 

鎖骨スポンサーの広告の大きさは?

 

鎖骨スポンサーに入れられる大きさは

縦5センチ横10センチ程度の長方形になりそうで、

胸スポンサーよりは全然小さいんですが、

 

プレー中はもとより、

基本的に雑誌や新聞に載るのは、

前身ごろですし、

選手名観には必ずその鎖骨スポンサーの名前が載ることになります。

 

これは大きさ以上の効果がありそうですよね。

 

有力クラブの場合では、

胸スポンサーが年間で約3億円であれば、

2番目に高いとされる背中部分と同等以上の

約1億5000万~2億円の広告料になる見込みで、

左右両側にちがうスポンサー企業からの広告を受け付けることができれば、

 

胸スポンサーと同規模の契約金額がゲットできますね。

川崎フロンターレのカブレラ。サッカーチームのマスコットがなぜカブなのか。

 

海外サッカーではすでに導入済み

海外サッカーでは、すでに鎖骨スポンサー導入されています。

 

本田圭佑のパチューカが所属するメキシコリーグや、

フランスのリーグアンでは鎖骨部分のスポンサーがOKになっていますし、

 

ロシアやブラジルでは一般的に使われています。

 

日本でもフットサルのFリーグでは導入済みです。

 

過去には、Jリーグで16年シーズンから

ユニホームの背面の下にある裾に広告をつけることを許可しているから、

チームとしても大きな混乱はない感じですね。

安間貴義(あんまたかよし)監督のコメントは迷言の宝庫?FC東京の暫定監督!

 

デメリットは胸スポンサーの広告効果減少?

 

胸スポンサー企業がやっぱりメインスポンサーなので、

その広告効果が少なくなる可能性はありますよね。

 

鎖骨に目が行くというか。

 

だから、鎖骨スポンサーの使用を控えるチームもある程度の数はありそうですよね。

 

まぁ、メインスポンサーと話し合って、

付けるチームと、つけないチームが出てくるのは、

台所事情で決定するんでしょうね。

Jリーグ来季からビデオ判定試験導入へ!本格導入は集中方式か、分散方式か。 

 

デメリットはちょっとダサくなる?

さらには、胸スポンサー以外に違う名前で、

鎖骨スポンサーがのっかることになるので、

ちょっとユニフォームがごちゃごちゃする可能性があります。

 

そうなると、かっこいいユニフォームが、

一転してダサくなる可能性もあるので、

そこらへんはバランスよく合わせてほしいですね。

 

川崎フロンターレはスポンサーが多いほうの企業ですが、

資金力が潤沢なわけではないので、

たぶん入れるんだろうなー。

 

来年は星が入ってるユニフォームになる予定ですので、

その流れからすれば、星が入ったうえにスポンサーが入ってくるっていう、

がちゃがちゃしたユニフォームになるのかなー。

 

そこはなんとかバランスを取ってほしいですね。

 

ただ、収入が増えるのは間違いなく良いことだ!!

DAZNで複数試合同時視聴!Jリーグゾーンが改善!昇格降格一気に見れる!