川崎フロンターレvsセレッソ大阪。鹿島への挑戦権は譲らない!5-1で圧勝!出発進行!

 

大島僚太がいない

阿部浩之もいない

森本貴幸もいない

 

 

なのに強い!!!!

 

圧勝でしたね。

 

アウェイで0-2で敗戦したセレッソ大阪相手に、

ホームで5-1で勝利。

 

しかもサッカー的に何もやらせない感じでしたね。

フロンターレもミスが多かったのに、

相手の攻撃もちぐはぐだったし、

相手のDF陣はぼろぼろだったので、

攻めやすかったですねー。

 

川崎フロンターレvsセレッソ大阪。マッチプレビュー。鹿島アントラーズを追いかけるには負けらない。

 

試合を振り返りたいと思います。

川崎フロンターレのスタメン

川崎フロンターレは、

スタメンを怪我で離脱した大島僚太のところに森谷賢太郎、

阿部浩之のところに長谷川竜也を入れて、

サブでは森本貴幸のところにハイネルを入れてきましたね。

あとは長谷川竜也がスタメンになったので、

そのところに三好康児が入ってきましたね。

 

おかえり三好!川崎直行!(今日の選手紹介は最高だったw)

 

GK

チョン・ソンリョン

 

DF

奈良竜樹

谷口彰悟

エウシーニョ

車屋紳太郎

 

MF

エドゥアルド・ネット

森谷賢太郎

中村憲剛

家長昭博

長谷川竜也

 

FW

小林悠

 

というメンバーでした。

車屋紳太郎が日本代表のレギュラー争いを激化させる!川崎フロンターレの不動の左サイドバック。初の代表入り!

 

守備力は低下、攻撃力は爆増

大島僚太がいない状況で、

守備力が下がるなーっていうのは、

本当に当たっていました。

 

DF陣でのパス回しが本当にフロンターレの攻撃のスタート地点なので、

前からがつがつ来られるチームにはリズムがつかめなくなって負けることが多いんですが、

セレッソ大阪はフォアチェックにこないので楽でしたよね…

 

あれで杉本健勇が前からがつがつ来るタイプだった恐かったんですけどねー。

 

森谷賢太郎は守備ではかなりミスが多かった印象ですが、

そのミスを相手がうまく突くことができなかったって感じですね。

 

ですが、その分森谷賢太郎が、

ボランチにいることの攻撃力のアップはすごかったですね。

 

森谷賢太郎はサイドパスのスピードも速いし、

縦にボールを出すタイミングもいいから、

攻撃参加凄い多かった印象です。

 

ボールの持ち運び方は、多少変わっていましたが、

それでも鬼木監督が作り上げた、

チーム全体のイメージは共有できていましたね。

大島僚太の怪我確定。左ハムストリングス肉離れで全治2か月。ヴィッセル神戸戦で負傷。

 

谷口彰悟、エウシーニョ×2、森谷賢太郎…後ろのメンバーで4ゴール

いかに攻撃参加をどこでもできているかっていう証明ですが、

まずCKから谷口彰悟が先制点を挙げると、

前半終了直前にネットからのクロスを小林悠が足を出して決めると、

後半7分には相手のクリアボールをエウシーニョが低い弾道のミドルで逆サイドに突きさして、

後半13分には森谷賢太郎の世界レベルの無回転ミドルシュートで4-0。

 

柿谷に点を取られて悪い雰囲気流れましたが、

最後の最後は悠が粘って憲剛が出したボールを一人で上がったエウシーニョが、

キーパーが全く触れないループシュートをサイドからゴール。

 

5-1で完璧な勝利。

 

後半のゴールはすべてゴラッソでしたね。

それぞれ単独でもベストゴールになるレベルでしたが、

森谷賢太郎のゴールはJリーグの年間ベストゴールって言われてもおかしくないやつでしたね。

やべっちFCのサブいぼに選ばれてもおかしくないゴール!

あんたが大賞納得!!

 

DFであるエウソンが2ゴール、谷口が先制点、ボランチの森谷がスーパーミドル…

本当にどこからでも点が取れるチームですよね。

 

長谷川竜也が足痛そうにしていたのが恐いけど、

交代で田坂が入ってしっかりと、

絞めてくれたし、

 

ネットに代えて、板倉にしたことで、

板倉滉と森谷賢太郎のボランチも試せたし、

ついに三好康児も帰ってきたし…

 

4月とチーム状況が全然違いますね。

強いチームになりました!

川崎フロンターレ最新フォーメーションを考える。大島僚太、ノボリがいないのはもう仕方ない。

 

大島僚太がいないリーグ戦、今シーズン初勝利

これが一番大きいんですが、サッカーってなぜか、

過去の結果や、ジンクスみたいなものが後までついてくるんですよね。

 

前田遼一のデスゴールみたいなもので、

〇〇がいないと勝ったことない。

〇〇がそろうと負けない。

みたいなものがおきやすいんですよね。

 

大島僚太がいないと勝てない、

っていう状況が続くのだけが恐かったんですが…

そのジンクスもなくなりました。

 

そして、守備力低下してるとはいえ、

奈良竜樹、谷口彰悟、エウシーニョ、車屋紳太郎の守備力は十分高いですね。

 

そして、エドゥアルド・ネットと家長昭博の守備力の高さよ…

 

全く倒れない二人がすごかったです。

 

フロンターレはだれが出ても強い!!!

車屋紳太郎は、谷口彰悟の公式ストーカー(笑)先を越したのは結婚と、お子さんのみ?

 

西村雄一主審の判断基準はフラフラしないのだけはいい

最後の家長へのファウルは絶対PKですが、

この日の試合は西村雄一さんは、

ファウルを全くとらなかったですね。

 

だからこそ、

ここまでスピーディな試合展開になったんだとおもいます。

 

ホームにもアウェイにも有利な判断っていうのはしないんですよね。

そこがほかの日本のダメダメ主審たちとは違う気がして、

俺は嫌いではないんですけどね…

 

だって、結構荒い試合展開だったのに、

今日両チームイエローカードゼロでしょ?

 

もちろん選手の体のことを考えたら、

笛吹きまくってカード出しまくったりしたほうがいいんじゃないか?

っていう声もあるとは思いますし、

西村主審のこと嫌いだ、っていうひとも多いんでしょうが…

俺個人的にはほかのひとよりはかなりましだと思っています。

 

退場者間違える、家本政明なんかより全然まし。

比べるのもかわいそうなレベル。

車屋紳太郎が日本代表のレギュラー争いを激化させる!川崎フロンターレの不動の左サイドバック。初の代表入り!

 

鹿島アントラーズへの挑戦権は川崎フロンターレがもらいました!

鹿島アントラーズがサガン鳥栖に0-1で敗戦。

柏レイソルがヴァンフォーレ甲府に0-1で敗戦。

 

その情報が試合前に入っていた状況で、

この完全勝利は本当にうれしい。

 

優勝争いしている3チームの中で、

川崎フロンターレだけが勝利することができ、

川崎フロンターレから、鹿島アントラーズまで、

勝ち点差5になりました。

 

残り6試合。

 

10月に優勝争いできていれば、

タイトルを取れる。

 

そう言っていた鬼木監督の言ったとおりになりましたね。

間違いなく今年のチームならタイトル取れる。

 

良いチームになりました。

 

誰が出ても強いっていうのは、

見ていて本当に気持ちがいいですよね!!

 

さぁ、鹿の背中見えてくるよ!!

 

サガン鳥栖、福田晃斗が鹿島アントラーズ値千金の決勝点!!鹿島が負けたー!