小林悠、ACL日本人最多タイ記録へ。

アジア・チャンピオンズリーグの、

準々決勝第2戦が明日開催されますね。

埼玉スタジアムで、浦和レッズと対戦しますが、

そこで小林悠がゴールをきめたら、

日本人の連続ゴール数最多タイ記録!

 

川崎フロンターレの初のベスト4進出を決める

日本人タイ記録を期待しています!!!

中村憲剛の背番号14は、川崎フロンターレ史上初の永久欠番を希望します。

 

ACLでは3戦連続ゴール中

小林悠は、現在ACL3試合連続ゴール中で、

浦和レッズのセカンドレグで、

4戦連発を達成すれば、

日本人では2013年の柏FW工藤壮人(現広島)と並ぶ最多記録となります。

 

アウェイの埼玉スタジアムでゴールきめて、

タイ記録作りましょう!

 

リーグ戦でも13ゴールだし、

本当に小林悠は、エースになりましたよね。

 

去年まで大久保嘉人がいて、

ダブルエースみたいな状況だったけど、

それでも2016年は大久保嘉人と並んで、

リーグ戦日本人最多ゴールですからね。

 

小林悠が活躍すれば、

浦和レッズに負けることはないでしょうね。

 

1点でも取れば、

間違いなく浦和レッズは焦るだろうし、

焦ればスキができるし、

攻撃も荒くなるだろうから…。

 

小林悠のエースとしてのゴールに期待しています!!

小林悠、阿部浩之、中村憲剛「KAN」弾で公式戦20試合不敗!ACL浦和レッズ戦もゴールで先勝だ!全試合振り返り!

 

川崎フロンターレは公式戦5試合連続負けなし

日本チーム同士の対決は、実は6年ぶり。

川崎フロンターレも、浦和レッズも1度ずつACLで日本勢と対決したことありますが、

両チームとも敗戦していますので、

川崎フロンターレが勝てば日本勢を初めて下すことになります。

 

6年ぶりの日本勢対決となった、

等々力でのファーストレグでは、攻撃面でも守備面でも圧倒。

 

1点取られたのはもったいなかったけど、

3-1で勝利でしたね。

 

ただ、前半しか終わっていない状況っていうのは変わりないですし、

浦和レッズはこういうのをはね返してきたチーム。

 

だからこそ、ここで勝てれば大きい。

 

初タイトルっていうのが近づく一戦だと思います。

今年はここで負けてはいけない、という試合で、

ほとんど負けていなくて、

川崎フロンターレの勝負強さが増していると思っています。

 

ヴァンフォーレ甲府戦みたいに、

追い込まれた状態でも追いつける精神力があって、

ルヴァンカップのセカンドレグのように、

慢心してもおかしくない状況で、

気持ちを引き締めて臨むことができています。

 

「フロンターレ、今年強いよね」

ってほかのチームのサポーターに言われていますが、

タイトル取れるまでは慢心してはいけませんよね。

 

クラブ初の4強入りを決めましょう!!

 

川崎フロンターレvs浦和レッズ。まだ前半終っただけだよ!盛り上げられるのは浦和レッズしかいない??