横浜Fマリノスの不敗を止めましょう。

リーグ戦で見ると、横浜Fマリノスって、

5/14のヴァンフォーレ甲府戦以降リーグ戦14戦無敗(10勝4分)

という状況なんですよね…。

 

その間には、川崎フロンターレに日産で2-0で勝利したものもふくまれていますね 。

 

そして、この14戦無敗で2位まで上がってきている横浜Fマリノスと、

3位の川崎フロンターレの対戦はサポーターじゃなくても面白い展開になりそうですよねー。

 

過去の対戦成績を振り返りながら、

この試合の予想をすると…

 

覚醒したゴールハンター、阿部浩之。タイトルの獲り方を知る男。

 

川崎フロンターレと横浜Fマリノスの過去の対戦成績

 

過去の対戦成績を振り返ってみると…

18勝6分16敗(リーグ戦でいうと11勝4分12敗)。

ホームの対戦成績は10勝3分5敗(リーグでは7勝2分4敗)。

 

ただ、すこしだけ分がいいぐらいの対戦成績ですが、

ここ5年は、2勝1分2敗と本当に五分ですね。

 

対戦成績は五分でも簡単に勝てないのが横浜Fマリノス…。

 

その証拠に、去年は3-2で勝ちましたが、

狩野健太が古巣相手に前半14分のゴールで先制、

三好康児が後半84分のゴールで突き放したものの…

ロスタイムに2点連続で取られて、

あっという間に追いつかれましたよね…。

 

最後の最後ロスタイム+10分の小林悠のゴールがなければ、

勝ち点2つ落とす結果になるところでしたよね…。

 

韓国は?オーストラリアは?アジア最終予選各グループリーグを突破するのは?残り2.5枠の争い。

 

横浜Fマリノスは5試合連続無失点

マリノスの守備力の高さは、相変わらずすごいですよね…。

バランスを崩さないし、4バックでも3バックでも5バックでも、

チーム状況に応じて守備のユニットを変えられるし、

堅守=マリノスっていうイメージ通り。

 

いかにバランスを崩さず、リスクを回避できるか。

っていうのが一貫して行われています。

24試合で17失点と圧倒的ですよね。

 

なんといってもボンバーと飯倉がすごい。

一番嫌いなGK(ジュニーニョに飛び膝蹴りしたのは一生忘れない)飯倉ですが、

守備力の高さは本当に素晴らしいの一言。

 

さすが堅守の横浜Fマリノスの正GKだよなぁ・・・って思っています。

ルヴァンカップベスト4のカードは、川崎フロンターレvsベガルタ仙台、ガンバ大阪vsセレッソ大阪。

 

横浜Fマリノスに付け込むポイントは攻撃力のなさ

合計31ゴールきめているものの、

恐いのはウーゴ・ヴィエイラと、天野ぐらいですからね。

 

あとは両サイドから攻めあがるスピードは速いものの、

ボールを回すのは旨くないので、攻撃のユニットが活躍する可能性は低いのかなと。

 

守備に回る時間が長いため、

マリノスの攻撃陣のチャンスの数自体は少ないです。

 

だから、先制点を奪うことが大事ですよね。

それさえとってしまえば、その後フロンターレの守備陣がマリノスから点を取られる可能性は低いです。

 

ここで、マリノスをつぶせれば、

フロンターレは優勝戦線に躍り出ることができると思います。

 

守備力で闘う横浜Fマリノスと、

攻撃的なユニットが躍動する、

川崎フロンターレ。

この試合は最強の矛盾対決になりそうですよね。

板倉滉がジャンプ漫画家デビュー?サッカーと両立?

 

ルヴァンカップで試したフォーメーションはマリノスに通用するのか?

ルヴァンカップで試した3-6-1から、守備の時には5-4-1になるフォーメーションは、

サイド攻撃を得意とする横浜Fマリノスにとってはかなり有効だと思います。

 

サイドに誰を置くかによって変わりますが、

このフォーメーションなら、サイドから上がってくる選手をケア出来ますよね。

そして、攻めあがると気にも、

パスのターゲットがめちゃくちゃ増えるんですよねー。

 

ヴァンフォーレ甲府はずっとサイドに選手が張り付くフォーメーションでしたが、

そうではなく、フロンターレのサイド攻撃は真ん中でのパスワーク+サイドのクロスがすべて使えるという、

攻撃面でも守備面でもかなり素晴らしいフォーメーション。

 

どういうメンバーで闘ってくれるのかわかりませんが、

おもしろい試合になるんじゃないかなーと。

 

ベストメンバーでこの試合に勝利できれば、

鹿島アントラーズを追いかけられる!

そのためにはこの試合は確実にとらなければいけない試合。

 

頑張ってもらいましょう!

川崎フロンターレ、ルヴァンカップ3年ぶりベスト4。阿部浩之のプロ初ハットトリック。FC東京に5-1圧勝!