登里享平…全治5週間の離脱。ただこれはチャンス!

川崎フロンターレから、正式なリリースありましたねー。

登里享平のケガの状態は、
腹直筋の肉離れで、全治は5週間程度。

痛すぎる。

中村憲剛に交代するジョーカーとして、
今シーズンのノボリは素晴らしい仕事を繰り返していました。

川崎フロンターレvsヴァンフォーレ甲府マッチプレビュー。ワイン飲んで、お風呂に入ろう。

登里享平は今年怪我から復帰したばっかりなのにね…。

またかー、また怪我かー。

「2次キャンプの練習試合にも、

その後、非公開だった浦和レッズ戦にも怪我で出場できなかったのに、

こうして試合に使ってもらっているので、信頼は感じています。

だからこそ、さらにコンディションを取り戻して、

積極的に自分の良さを出していきたい」

ってホーム開幕戦のあとでノボリ言っていたのになー。

くやしいよなぁ。

 

2015年のキャンプ中に左膝半月板を負傷。

手術をしたものの2015年シーズンはほぼアウトでした。

2016年は第1ステージ途中に復帰、

チームの勝利に何回も貢献してくれけど、

再び左膝を痛め、再手術。

 

そして、2017年は復活したのに、

また春のキャンプで怪我、

そして開幕に間に合って復活したのに、

8月まで頑張ってまた怪我…。

 

ノボリはもう26歳。プロ9年目。

くやしいよねぇ。

日程きついなぁ…。中2日、中3日…

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メールアドレス” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”ウェブサイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]

ノボリは、鬼木サッカーのキモ。

鬼木サッカーの完成形がどんな形なのかまだわからないけど、

それでも90分間で闘う中で、

登里は絶対に必要な選手ですよね。

 

登里がいるからこそ、中村憲剛が60分ぐらい完璧に闘ってもらえばOKで、

あとはノボリに後退して、逃げ切れる、

ノボリが走り回って、相手の守備陣への脅威でありつづける、

っていうチャレンジができるんだよなぁ。

絞めのノボリ!ってなっていたもんね。

守備だけのスーパーサブではなく、
攻撃面も完璧にクリアしているスーパーサブは、
登里享平以外成り立たない、そんな素晴らしい選手。

ポテンシャルでいうと、

川崎の中でもトップクラスの選手だと思っています。

 

だって、もともとFWで入ってきたんだよ?

その選手がサイドバック、サイドハーフとして大活躍するとか、

すばらしいでしょ…。

 

1年間丸々戦えてないのが…っていうけど、

それは本人が一番悔しいはず…。

はやく治して帰ってきてくださいね。

とはいえ、全治までの期間は5週間でよかった。

 

小林悠と同じように、何度も何度も怪我してきて、

それでも戦ってきたのが登里享平ですからね。

 

待っていますよ。

 

10月も全部勝ち残っていれば

週2試合くらいのペースで試合があるので、

そこでノボリが完全復帰して、

チームの勝利に貢献してもらえばOK。

 

登里享平のカバーは全員で!

 

9月はたしかにメンバー厳しくなると思うけど、

攻撃面のケアなら、森谷賢太郎、長谷川竜也がいるし、ハイネルもいる。

 

守備面で中村憲剛に変えて、というなら、

田坂や、板倉でもいいし、家長を1つ下げて守備を頑張ってもらってもいいかなーと。

 

そこで下がった家長の代わりに、大塚をあげて走ってもらってもいいしね。

 

こう見ていくと、フロンターレってホントにタレントそろってる。

特にMFより前は素晴らしい才能がそろってる!

 

先発と控えメンバーの差がどんどん縮まっているのが今の鬼木フロンターレ。

 

サブ組は、このノボリの離脱をチャンスと捉えて、ガンガンいってほしい!

狩野君とかこのままでいいはずないからね。

 

もっともっとできる選手だと思っている。

明日の甲府戦がまた楽しみになりました!!

登里享平、万能のスーパーサブ。絞めのノボリが2017のタイトルに欠かせない。ACL浦和レッズ戦での負傷交代が悔やまれる…。