鹿島アントラーズ撃破!鹿狩り大成功!家長昭博のリーグ初ゴールに感動!

なかよしとコラボして選手が壁ドンしたり、

あごクイしたり…最高の雰囲気の中で臨んだ首位鹿島アントラーズ戦。

 

川崎フロンターレに負けて、

ACLで敗戦したことで石井監督が首になり、

大岩新監督になってから連戦連勝で、

首位をひた走っている鹿島アントラーズ。

 

その鹿島アントラーズを迎えて等々力での決戦でしたね。

 

この試合の始まる前に勝ち点差7でしたから、

勝つことができれば勝ち点差は4に縮まり、

残り12試合で逆転も十分可能になりますが、

 

もしも敗戦したら、勝ち点差10に離されていまうという、

大きなターニングポイントになる試合。

 

川崎フロンターレにとって間違いなくターニングポイント。鹿島戦ですね。

 

そんな試合を振り返ります!

 

家長昭博等々力初スタメン、ハイネルサブ入り、鹿島が3バック採用

小林悠は太もも痛でスタメン落ち。

家長昭博が等々力スタジアムで初スタメンとなりました!

家長昭博が小林悠の怪我で鹿島アントラーズ戦スタメンか?

 

奈良竜樹、家長昭博の先発、ハイネルのサブ入りっていうのが、

全部川崎フロンターレのサッカーを面白くしていきましたね!

 

そしてなぜか序盤から川崎フロンターレがゲームを支配していて、

前半40分までシュートさえ打てない展開の中で、

前半終了間際からは3バックにシステムを変更っていうのが、

ゲームを変えましたね。

 

大岩監督曰く

「少し変化を加えたい。前線に人数をかけたい」

っていうことでしたが、

それが全部裏目に出ます。

前半戦から圧倒!ロスタイムにオウンゴールで先制!

先制点の大島僚太のゴールじゃないなーって思いながら見ていた、

西大伍のオウンゴールのシーン。

 

あれ、中村憲剛が右にDFを引きつけながら走り、家長昭博に

「自分の後ろのスペース使え」って指示しているんですよね。

そのシーン凄いぞくぞくするので、DAZN見直してみてください!

 

ペナルティエリア右手前から家長昭博が斜めのスルーパスをして、

阿部浩之がスルー。

ゴール前の大島僚太がシュート体勢に入ったところを、

背後から全速力で戻ってきた西大伍がスライディングタックルで、

ボールをゴールに叩き込んでくれました!

ナイスゴール!

 

あれは大きかったなぁ。

 

大島僚太いわく

「阿部ちゃんがこっちを見たので、たぶんスルーするだろうと思った」

っていうすばらしい共通認識。

 

最初大島のゴールって発表されましたが、ハーフタイム後にオウンゴールに修正。

「全然触ってないので」って苦笑いしていた大島僚太ですが、

阿部ちゃんは「僚太、喜んでおけ」って声かけたそうですw

 

さすがですw

大島僚太の怪我が川崎フロンターレの未来をつぶす。10番の圧倒的存在感。

後半開始早々、阿部浩之ゴールへの素晴らしいパス!

さらに後半開始直後に阿部浩之の9ゴール目が決まります!

これは鹿島アントラーズが後半も3バックを継続してくれたからですよねー。

 

阿部浩之のゴールは、

本当にいわゆるゴールへのパスでしたよねー。

 

後半立ち上がりの50秒。

 

エウシーニョが個人技で右サイドを突破し、

グラウンダーのクロス。

 

登里享平が右足でうまく落として、

それをワンタッチでゴール左隅に決めてくれました!

 

阿部浩之は

「ノボリから珍しくいい落としが来たので。

珍しく(利き足とは反対の)右足で柔らかいパスが来た」

ってノボリをいじりつつ、ほめていましたねw

 

これで、7月5日の浦和戦(4-1)以来、

5試合ぶり今季通算9ゴール目。

 

阿部浩之自身のシーズン最多得点記録をさらに更新!

「勝ちにつながるゴールというのが重要。いいシュートだったと思う」

って言っていましたね。

 

これで阿部浩之の不敗神話も継続!!

また負けなしですね!

阿部浩之の不敗神話!ゴールを決めたJ1の試合は依然負けなし!

 

家長昭博のロングラン&小林悠のワンツーでリーグ初ゴール!

 

後半19分にハイネル、同27分に小林悠を投入するタイミングで、

選手が倒されてるのに気づいた大島僚太がボールを外に出したのに、

そこで鹿島がボールを返さないっていう外道なサッカーをして、

そのボールを簡単に奪われる「悪は必ず滅びる」を地で行ってくれる鹿島さんのボールを奪って、

家長が一気に走っていきましたね!!!

 

小林とワンツーの形で右サイドを駆け上がって、

ドリブルで中に切れ込んで左足を一閃!!

 

ついについに家長の初ゴールが生まれました!!!

 

ピッチ上でもベンチ前でもチームメイトにもみくちゃにされている姿をみて、

あー、やっぱり愛されている選手なんだなぁってうれしくなりました!!

「いいボールが来たので、シュートで終わろうと思って、シュートを打った。たまたま入った」

と家長昭博は言いましたが、今日のMOMは家長ですよ。

 

ボールロストも少ないし、パスもシュートもクロスもフィジカルもドリブルも、

サッカー選手に必要なもの全部持ってる感じでした。

 

今日の試合は天才の片りんを見せてくれたなー。

 

「等々力で先発は初めて。それぐらい試合に出ていないということ。

長い時間、自分を使ってほしいと思っているし、

そういうモヤモヤしたものを出したかった」

っていう家長昭博でしたが本当に決めてくれましたね!!!

 

試合を決定づけるいいゴールでした!!

 

阿部浩之も、

「アキくんがノッてくれば、もっともっと怖いチームになる」

「今日ぐらい気持ちよく、好きにプレーさせれば、ポテンシャルはやばい。

僕らを生かしてもらいながら、僕らも生かしてあげられれば、一人でちぎってくれる」

と大絶賛していました!!

 

家長がチームにフィットしてくれば、

夏の厳しい連戦を乗り越える素晴らしい戦力なりますね。

Jリーグ、監督交代で優勝したら19年ぶり?鹿島アントラーズ大岩監督が偉業に挑む。

 

試合は、最後の最後1点を奪われたものの、

3-1で勝利。

 

日本を代表するGKの一人だと思っている曽ヶ端準に

「フォーメーションどうこうよりも川崎のほうが厳しく、激しく、全体的に上回っていた」

って言ってもらったのは自信になりますよね。

 

暴力サッカーの鹿島アントラーズが恐い、嫌い

 

金崎夢生が奈良ちゃんを後ろから蹴り飛ばしたり(イエローでないのおかしい)、

ボールみてない選手が空中戦でノボリをふっとばしたり、

球際強く、相手を削るサッカーは許せないし、

それに加えて選手が倒れてるのにサッカーを続けるのは本当に嫌い。

 

そして大島僚太が出したボールを返すことなく、

攻撃を続けようとしたのむかつく。

 

…それでもそのボールを簡単に奪われて、

家長昭博のカウンターで、

80メートル独走からの小林悠とのワンツーゴールを生みましたからね。

 

その点では、悪者は倒されるべきなんだ、

っていうしっかりとした子どもたちへ教育になりましたね。

 

ああいうサッカーしちゃだめだよね。

勝てばいい鹿島アントラーズは強いけど、

それでも好きになれないのはこういうところがあるからだよね。

 

サポーターもなんか暴れてたらしいし、

Twitterで女の子なぐった鹿島サポのおじさんがいたって話もあるし、

本当にただの暴力しかしない人は家でDAZN観戦だけにしてほしい。

一生スタジアムに来ないでほしいよ。人に暴力振るうひとは。

金崎夢生は鹿島アントラーズ残留。ヴィッセル神戸に断り。

 

鹿島アントラーズ戦まとめ

 

圧倒的なサッカーで圧勝できて、

順位は4位のままですが、1位鹿島に勝ち点差4になったのは大きい。

 

しかし、今年のフロンターレは連勝出来ないというのが続いているので…

強豪チームを撃破した後の次の試合が大事。

 

次の試合が下位チームだと取りこぼしてきた歴史が長いので、

コンサドーレ札幌戦はかなりの肝になりますよ!

 

でも奈良竜樹と、家長昭博がしっかりとフィットしてくれば、

このサッカーを継続できると思うので、

フロンターレは強くいられるし、優勝もあり得るかなと。

 

勝っていきましょうね!!

 

川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ戦マッチプレビュー!大岩鹿島が強すぎて怖すぎる。